zuknow learn together

新しい教材を作成

キャリアコンサルタント:学科対策

カード 107枚 作成者: Kennosuke.O (作成日: 2016/03/28)

  • 1905年にボストンの恵まれない若者たちに職業選択や就職のアドバイスを与える活動を開始した人物は?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    1905年にボストンの恵まれない若者たちに職業選択や就職のアドバイスを与える活動を開始した人物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パーソンズ

    解説

    個人は他人と異なる能力を持っており、これに基づいて最も相応しい職業を選択すべき!と提唱

  • 2

    “職業指導”から“キャリアカウンセリング”への移行のきっかけとなったニューヨークに開設された職業斡旋局(Adjustment Service:1933年)が開始したことは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①成人向けサービス ②クライエントに対する総合的な取り組み(医学、心理、教育、雇用、等)

    解説

  • 3

    米国で1958年に制定された法律で、カウンセラーという職業の需要がかつてないほど高まったきっかけとなったものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国防教育法(NDEA:National Defense Education Act)

    解説

    NDEA目標:高校生300人対して1人のカウンセラーを配置

  • 4

    おいてきぼりの学生たちにもカウンセリングを実施するために、1973年に米国で制定された法律は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 職業教育法(VEA:Vocational Education Act)

    解説

  • 5

    1993年にクリントン政権下で制定された労働力投資法(Workforce Investment)により、職歴情報や求人情報収集に活用できるインターネットサイトを何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワンストップセンター

    解説

  • 6

    キャリアカウンセリングが必要となった背景にある外部環境は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①少子高齢化 ②経済のグローバル化・ボーダレス化 ③社会や技術の変化の加速化・高度化

    解説

  • 7

    「個人が輝ける社会」を実現していくために掲げられた中間目標3つは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①就業率の引き上げ ②仕事と生活の両立 ③自らがキャリアを形成できる社会

    解説

  • 8

    「キャリア」とは何か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境との相互作用によって、生涯を通じて個人が構築し、“個人により意味付け”されたもの

    解説

  • 9

    「キャリアカウンセリング」とは何か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 発達的視点に立って、“成長と適応”という個人の積極的側面に強調点を置き、環境の中で効果的かつ自律的に機能できるように支援すること

    解説

    (=自己概念の開発を通して、個人のキャリア形成を図ること)

  • 10

    “守秘義務の限界”とは何か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自殺念慮を持つ可能性が高い場合は、警告義務が守秘義務を上回る可能性がある。インテイク面談時に、例外的に守秘義務より警告義務が優先される場合があることを伝える必要がある。

    解説

  • 11

    「経験代謝」の4Stepは何か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①自己と経験の未分化 ②経験の再現 ③意味の出現 ④意味の実現(=行動)

    解説

  • 12

    本人が気付いていない自己概念を成長させる上でのポイントを何というか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己概念の影

    解説

  • 13

    局所論(=深層心理学)では、人間の心はどのような3層から成り立っていると定義しているか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・意識 ・前意識 ・無意識

    解説

    ・意識:直接的に心の現象として経験していること ・前意識:普段は意識していないが、思い出そうとすれば思い出せること ・無意識:本人には自覚されていない心的過程のこと

  • 14

    心理-性発達理論ではどのようなステップで発達すると考えられているか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乳児期:口唇期→ 幼児期前期:肛門期→ 幼児期後期:男根期→ 児童期:潜在期→ 思春期:性器期

    解説

    男根期=エディプス期

  • 15

    局所論モデルに次ぐ、もう一つの心のモデルは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 構造論

    解説

  • 16

    構造論では、心をどのようなものからなると定義しているか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①エス ②自我 ③超自我

    解説

    ①エス:衝動的なエネルギーのるつぼ ②自我:エスの一部分が外界からの刺激に対処するために変化 ③超自我:社会規範を教えられ、「良心」として取り入れられる

  • 17

    エス・自我・超自我・外界の4者の力関係が、パーソナリティーや個々の行動を決定付けるとする理論は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 力動論

    解説

    力動論=構造論+“外界”

  • 18

    アンナ・フロイトが列挙・整理した心の内外からの危険に対して防御するメカニズム11種は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①抑圧 ②反動形成 ③分離 ④否認 ⑤投影 ⑥退行 ⑦同一化 ⑧合理化 ⑨補償 ⑩置き換え ⑪昇華

    解説

  • 19

    「受け入れがたい考えや感情や記憶を意識の外に追いやる」という防御機制を何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抑圧

    解説

  • 20

    「自分ではなく、他の人が持っているようにみなす」という防御機制を何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 投影

    解説

  • 21

    「劣等感に対して、別の得意な性質によってバランスを取る」という防御機制を何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 補償

    解説

  • 22

    「受け入れがたい考えや感情を見ないようにし、正反対の態度や行動を取る」という防御機制を何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反動形成

    解説

  • 23

    「衝動を満たすことが許されない時に、社会的・文化的に価値ある行動へ置き換える」という防御機制を何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 昇華

    解説

  • 24

    防御機制の考え方は適応・不適応の観点から論じるため、別名何と呼ばれている?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 適応論

    解説

  • 25

    セラピーを通して、クライエントが他の誰かに抱いてきた感情をセラピストに向け変えることを何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 転移

    解説

    「転移」をよく分析すれば、クライエントが何を反復し続けているか、何にとらわれ続けているかが分かる。

  • 26

    ロジャーズの理論は何と呼ばれている?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自己成長論

    解説

  • 27

    カウンセリングの最も主要かつ代表的な3つのアプローチは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①過去から解放されるアプローチ ②練習するアプローチ ③気づきと学びのアプローチ

    解説

    ①過去から解放されるアプローチ=精神力動論的立場 ②練習するアプローチ=認知行動論的立場 ③気づきと学びのアプローチ=自己成長論的立場

  • 28

    ロジャーズの理論の中心である「中核条件論」のポイントは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 受容、共感、一致

    解説

  • 29

    論理療法(Rational Emotive Behavior Therapy)を提唱した学者は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルバート・エリス

    解説

    アメリカの臨床心理学者

  • 30

    「論理療法」とはどのようなものか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ABCで問題の成り立ちを表し、DEでそれを打ち破る方法を説明

    解説

    Activating event or experience(出来事や経験) Belief(信念) Consequence(その結果) Discriminant and dispute(徹底的に反論し粉砕する) Effect(効果)

  • 31

    「非論理的な信念」とはどのような種類があるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ねばならぬ信念 ②悲観的信念 ③非難・自己卑下信念 ④欲求不満低耐性信念

    解説

    欲求不満低耐性信念:嫌な上司と口をきくのが耐えられない、等

  • 32

    「非論理的な信念」への介入方法にはどのようなものがあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①論理的自己宣言法 ②損得勘定法 ③言葉遣い修正法

    解説

    論理的自己宣言法:若年者等向け。新しい信念を自分で繰り返し言い聞かせる。

  • 33

    「認知療法(Cognitive Therapy)」を提唱した学者は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アーロン・ベック

    解説

    精神科医としてうつ病の研究を行う中で理論を構築

  • 34

    認知療法が論理療法と異なる点は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エリスのABCモデル(論理療法)と同様の考え方だが、認知療法では、不快な感情が生じた直前の思考(Belief;自動思考)に焦点を当てる。

    解説

  • 35

    抑うつ状態や不安状態では、“自動思考が非論理的で不合理なものになること”を認知療法では何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 認知の歪み

    解説

  • 36

    代表的な「認知の歪み」にはどのようなものがあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①選択的抽出 ②恣意的推論 ③過度の一般化 ④拡大解釈や過少評価 ⑤自己関連づけ ⑥分極化思考

    解説

    ①:一部分だけ抜き出し、全体の重要性を見失う ②:証拠がなかったり正反対の証拠があるのに悲観的結論 ④:一部分をすべての事柄にあてはめる ⑤:わずかな情報を自分に関連づけて考える ⑥:両極端な考え

  • 37

    神経症や不適応行動を不適切な学習の結果とみなし、学習理論やその手続きを用いて、不適切な行動の軽減・除去と適切な行動の再学習を行う心理療法を何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行動療法

    解説

  • 38

    1920年代のワトソンらの学習理論に基づくセラピーをベースに行動療法を理論化した人物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スキナー

    解説

  • 39

    学習理論のベースにある2つの考え方は何?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①レスポンデント条件付け(=古典的条件付け) ②オペラント条件付け(=道具的条件付け)

    解説

  • 40

    「レスポンデント条件付け」とはどのようなものか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無条件刺激(肉片)と中性刺激(ベル)が対になって何度も体験されると、中性刺激だけで無条件反応(よだれ)が起こる。

    解説

    Ref.パブロフの犬、梅干し

  • 41

    「オペラント条件付け」とはどのようなものか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生体の自発的な行動に対して一定の結果が伴うことによって、その行動が定着したり消失したりするという現象

    解説

    Ref.スキナーが行ったネズミの実験 ・快を与え行動量を増加→正の強化 ・不快を取り除き行動量を増加→負の強化 ・不快を与え行動量を抑制→罰

  • 42

    レスポンデント条件付けの代表的な活用方法は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①系統的脱感作法 ②曝露法

    解説

    ①系統的脱感作法:ウォルピが考案。不安階層表を作成しすべての場面で不安や恐怖がなくなるまでセラピーを実施 ②:不安・恐怖が起きない体験をして不安を減少

  • 43

    オペラント条件付けの代表的な活用方法は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①トークン・エコノミー法 ②除外学習法

    解説

    ①トークン・エコノミー法:快となるものを与える ②除外学習法:快となるものを与えない

  • 44

    特性因子理論に関する理論家は誰か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ゴールトン ②ビネー

    解説

    ①ゴールトン:ダーウィンの従弟。イギリス出身 ②ビネー:フランス出身

  • 45

    「特性因子理論」とはどのような理論か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人々の持つ特性を正確に測定することで、その人らしさ(一貫性)と他人との違い(多様性)についての情報を得ることができ、また、意思決定をサポートできる。

    解説

  • 46

    “Big Five”と呼ばれる5つの特性によって性格を理解する5因子モデルの5つの軸は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①外向性 ②愛着性 ③統制性 ④情動性 ⑤遊戯性

    解説

  • 47

    “知能の発達”について発生論と構造論の視点から論じたスイスの心理学者は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピアジェ

    解説

  • 48

    知能の発達にはどのような順序性が見られるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主体は新たに出会った外界に対して第1に「同化」を試み、それがうまくいかない状況が生じると「調節」を行うという順序性が見られる。

    解説

    均衡:自己と外界が適応的に構成された状態 同化:外界を自分自身の行動シェマ(概念)の中に取り入れること 調節:自分自身の行動シェマを外界に応じて変化させること

  • 49

    知能はどのような発達過程を経るか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感覚運動期→前操作期→具体的操作期→形式的操作期

    解説

    感覚運動期:0~2歳。対象の永続性 前操作期:2~7歳。模倣やごっこ遊び 具体的操作期:7~12歳。数や量の保存概念 形式的操作期:12歳~。論理的思考

  • 50

    生涯発達の視点に立つ発達理論を大きく2つに大別するとどのような理論があるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①階層的発達理論 ②順序的発達理論

    解説

    ①階層的発達理論(ピアジェ、コールバーグ) ②順序的発達理論(エリクソン、レビンソン)

  • 51

    順序的発達理論家のエリクソンが提唱した自我の発達図式を何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 漸成的発達図式

    解説

    エリクソンは、アイデンティティの概念を提唱したことで有名。

  • 52

    「加齢に伴う発達順序は暦年齢と一致」、「中年の危機」を実証的に明らかにした人物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レビンソン

    解説

    レビンソン=成人発達理論

  • 53

    レビンソンが提唱した成人発達理論では、人間の発達段階をどのように分類しているか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①前成人期:0~22歳 ②成人前期:17~45歳 ③成人中期:40~65歳 ④成人後期:60~85歳

    解説

  • 54

    クライエント個人にとっての存在の意味を問う「実存療法」の特徴は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①固有性の重視 ②意味の探求 ③選択する自由と責任

    解説

    ①固有性の重視:個人を固有の歴史をもったかけがえのない存在 ②意味の探求:悩みや症状や問題行動=自分らしい生き方を求めて苦悩 ③選択する自由と責任:能動的に選択を行い、その結果について個人的責任をとる

  • 55

    クライエントの人生の意味生成のプロセスに共同参加する「社会構成主義」におけるクライエントへのアプローチ方法は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①内なる他者への視野 ②自己表出の重要性 ③自己内省

    解説

    ①内なる他者への視野:他者を認識することで、自身の言動を自分自身と切り離して評価できる。 ②自己表出の重要性:自身が何を感じ、何を思い、何を信じているのかを他者に伝え、それが理解されることで自己を認識できる。 ③自己内省:異なる考えを受け入れ、様々な声で話すことができる。

  • 56

    アイビイが提唱した「マイクロ技法の階層表」の“かかわり行動”にはどのようなものがあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①視線 ②身体言語(ボディランゲージ) ③声の調子 ④言語的追跡

    解説

  • 57

    アイビイが提唱した「マイクロ技法の階層表」の“基本的かかわり技法”にはどのようなものがあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①クライエント観察技法 ②質問 ③はげまし ④いいかえ ⑤要約 ⑥感情の反映 ⑦意味の反映

    解説

    ①クライエント観察技法:クライエントの非言語および言語によるコミュニケーションを観察する。

  • 58

    スーパーは“キャリア”をどのような基準で整理したか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①長さ(ライフステージ) ②幅(ライフロール)

    解説

  • 59

    スーパーは“ライフステージ”をどのように分類したか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第1期:成長期(0-15歳) 第2期:探索期(16-25歳) 第3期:確立期(26-45歳) 第4期:維持期(46-65歳) 第5期:解放期(66歳~)

    解説

    成長期:身体的成長、自己概念の形成 探索期:様々な仕事や必要要件を知る、仕事に就く 確立期:特定の職業分野に根を下ろす 維持期:職業的地位の維持と新スキルの習得 解放期:余暇や家族、新しいライフスタイル

  • 60

    スーパーが提唱した“ライフ・キャリア・レインボー”ではどのような役割が定義されているか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①息子・娘 ②学生 ③職業人 ④余暇を楽しむ人 ⑤市民 ⑥ホームメーカー

    解説

    ・職業人:有給 ・市民:無給

  • 61

    スーパーが提唱した“キャリア決定のアーチ”で伝えたかったことは何か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャリアとは内的な個人特性と外的な社会特性に支えられている。

    解説

  • 62

    人の行動はパーソナリティーと環境との相互作用により決定されるとした「職業選択理論」を提唱した人物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョン・L・ホランド

    解説

  • 63

    ホランドが人の基本的な性格を6つのタイプに分類した「ホランド・タイプ」の観点は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現実的(R) 研究的(I ) 芸術的(A) 社会的(S) 企業的(E) 慣習的(C)

    解説

    Realistic Investigative Artistic Social Enterprising Conventional

  • 64

    ホランド・タイプを活用して、人を3つの性格タイプで表したものを何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スリー・レター・コード

    解説

  • 65

    六角形上で隣り合っている性格タイプはよく似ており、これらを『A』といい、最も高いホランド・タイプと最も低いホランド・タイプの差を、『B』という。なお、分化していないものを『C』という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • A:一貫性 B:分化 C:未分化

    解説

  • 66

    プレディガーがホランド・タイプの研究から導き出した4つのワーク・タスクとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①データ ②アイディア ③ひと ④もの

    解説

    データ⇔アイディア ひと⇔もの

  • 67

    ACT社がホランド・タイプを活用して、職業を体系付けるために作成したものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワールド・オブ・ワークマップ

    解説

    23のジョブファミリーを、4つワーク・タスク、6つのキャリアクラスターの組合わせの上に配置したもの

  • 68

    プレディガーは、ワーク・タスクが似ている職業を23種類に分類したが、このグループを何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョブ・ファミリー

    解説

  • 69

    クルンボルツが提唱したキャリア・ディベロップメントに影響を与える4つのものとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①先天的な資質 ②環境条件や出来事 ③学習経験 ④課題へのアプローチ

    解説

    ①と②は変更不可能

  • 70

    クルンボルツは「学習経験」をどのように分類したか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①道具的学習経験 ②連合的学習経験

    解説

    ①道具的学習経験:自身の過去の成功/失敗体験からの学習経験 ②連合的学習経験:他者(TV、本、映画含む)の成功/失敗体験からの学習経験

  • 71

    クルンボルツが“意思決定モデル”で定義した意思決定のプロセスは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Step1.問題の明確化 Step2.行動計画の立案 Step3.価値観の明確化 Step4.選択肢の抽出 Step5.起こりうる結果の予測 Step6.選択肢の絞り込み Step7.行動開始

    解説

    Step4では能力・興味・価値観をベースに選択肢を抽出する。

  • 72

    偶然の出来事を“Planned Happenstance”に変えるために必要なスキルは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①好奇心(Curiosity) ②持続性(Persistence) ③楽観性(Optimism) ④柔軟性(Flexibility) ⑤冒険心(Risk-taking)

    解説

  • 73

    シュロスバーグは“転機”をどのように定義したか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある出来事が起こり(イベント)、または、予期したことが起こらず(ノンイベント)、その結果として生活/人生が変化すること

    解説

  • 74

    シュロスバーグは、“転機”にはどのような種類があると定義したか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①役割の変化 ②人間関係の変化 ③日常生活の変化 ④自己概念の変化

    解説

  • 75

    “転機”を評価する4つの視点とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①深刻さ ②タイミング ③コントロール可否 ④影響の持続性

    解説

  • 76

    シュロスバーグは転機の乗り切り方をどのように定義したか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Step1.4リソース(4S)を点検する Step2.変化を受け止める

    解説

    ①状況(Situation) ②自己(Self) ③支援(Supports) ④戦略(Strategies)

  • 77

    スーパーのLife Career Rainbowの考え方を基に、キャリアを4つの“L”で定義した人物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サニー・ハンセン

    解説

    学習〔Learning〕 余暇〔Leisure〕 労働〔Labor〕 愛(家庭・子育て)〔Love〕

  • 78

    ハンセンが統合的な人生設計における重要な課題として挙げたものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①グローバルな視点から仕事を探す ②人生を“有意義な全体”として織り上げる ③家族と仕事を結びつける ④多様性と包括性を重んじる ⑤仕事を通じて内面的な意義や人生の目的を探る ⑥個人の転機と組織の変革に対処する

    解説

    統合的人生設計=Integrative Life Planning

  • 79

    バンデューラが提唱した“個人的要因”と“環境的要因”、“行動”が互いに影響を及ぼし合うという考え方を何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三者相互作用

    解説

  • 80

    三者相互作用の考え方をベースに、人の認知がどのように意思決定やキャリア発達に影響を及ぼすかについて体系化した理論は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会認知的キャリア理論(SCCT:Social Cognitive Career Theory)

    解説

  • 81

    SCCTを確立したのは誰か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レント、ブラウン、ハケット

    解説

    〔覚え方〕茶色いハケを貸して!

  • 82

    SCCTの理論の重要な概念で、個人が望ましいキャリアを選択するための要となるものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①自己効力感 ②結果期待 ③個人的目標

    解説

  • 83

    「自己効力感」の形成や変容に影響を及ぼす要素にはどのようなものがあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①個人的達成 ②代理学習 ③社会的説得 ④情緒的覚醒

    解説

    ①個人的達成:自ら成し遂げた経験 ②代理学習:自分自身が実際に行動しなくても、他者の経験を観察・見聞きすることで習得 ③社会的説得:周囲の人からの励ましやサポート ④情緒的覚醒:生理的な反応

  • 84

    「結果期待」の種類にはどのようなものがあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①物理的な成果 ②自己評価的成果 ③社会的成果

    解説

    ①物理的な成果:報酬や賞などの物理的成果 ②自己評価的成果:自己の内的基準を達成したことへの満足感 ③社会的成果:褒められる、地位が高まるなどの周囲からの評価

  • 85

    構成主義(ナラティブアプローチ)という新しい視点をキャリア理論に取り入れ、「人は職業行動と職業経験に意味を付与することにより、自らのキャリアを構成する」と説いた人物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マーク・L・サビカス

    解説

    米国キャリア心理学界で、最も著名な学者の一人

  • 86

    「ナラティブCareer Counseling」は「伝統的なCareer Counseling」とどのように異なるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「ナラティブ」⇔「伝統的」 主観的⇔客観的 人生に着目⇔仕事に着目 創造重視⇔診断重視 筋書作成がGoal⇔適合がGoal

    解説

  • 87

    キャリア構築理論に基づくカウンセリングはどのように行うか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①小さなストーリー(マイクロナラティブ)を通してキャリアを構成する ②小さなストーリーを大きなストーリー(マクロナラティブ)へと脱構築または再構築する ③ストーリーの中に次のエピソードを構築する (=共構築)

    解説

  • 88

    キャリア開発の視点の本質は、時の経過に伴う“個人と組織の相互作用”に焦点があることと説いた人物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エドガー・H・シャイン

    解説

    金井壽宏氏(神戸大MBA教授)の師匠

  • 89

    シャインは「組織の3次元モデル(=キャリア・コーン)」において、組織内でのキャリアはどのような要素により形成されると定義したか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①職能 ②階層 ③中心性〔≒専門性の深さ〕

    解説

    3つの要素が掛け合わされて形成されていくことが多い。

  • 90

    組織との間に心理的契約*を成就した個人は、経験の蓄積を通じて、次第に職業上の自己イメージを確立していくが、この自己イメージを何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャリア・アンカー

    解説

    8種類

  • 91

    「キャリア・アンカー」にはどのような種類があるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①専門・職能的コンピタンス ②全般管理コンピタンス ③自律・独立 ④保障・安定 ⑤起業家的創造性 ⑥奉仕・社会貢献 ⑦純粋な挑戦 ⑧生活様式

    解説

    〔覚え方〕戦前、自分はホウキを持て奉仕する純粋な生活を送っていた。

  • 92

    キャリア・アンカーと一対であり、Open System Planningと呼ばれる手法を応用し、6ステップで個人の職務と役割を分析・Planningするツールを何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャリア・サバイバル

    解説

    ①現在の職務と役割を棚卸 ②環境変化を識別 ③環境変化が利害関係者の期待に与える影響を評価 ④職務と役割に対する影響を確認 ⑤職務要件を見直し ⑥Planning Exerciseの輪を拡張

  • 93

    “プロティアン・キャリア”を提唱した人物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダグラス・T・ホール

    解説

  • 94

    「プロティアン・キャリア」と「伝統的なキャリア」にはどのような違いがあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 95

    ホールは個人の心理的成功のために必要な“メタ・コンピテンシー”を何と説いたか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①アイデンティティ ②アダプタビリティ

    解説

    アイデンティティ:自身の興味・価値観・能力などに対する自己理解の程度 アダプタビリティ:適応コンピテンス*×適応モチベーション *適応コンピタンス:反応学習、アイデンティティの探索、統合力

  • 96

    プロティアン・キャリアにおいて、アイデンティティは高いが、アダプタビリティが低い状態を何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パラリシス(停滞)

    解説

  • 97

    経験豊かな人が、未熟な人のキャリア形成に関して、一定期間継続的に行う支援を何という?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メンタリング

    解説

    経験豊かな人:メンター 未熟な人:プロテジェまたはメンティー ※メンタリング論は、ボストン大学MBAの『クラム教授』が代表的な研究者で、ホールとの共同研究も多数

  • 98

    メンタリング機能にはどのようなものがあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①キャリア的機能 ②心理・社会的機能

    解説

    キャリア的機能:スポンサーシップ、推薦と可視性、コーチング、保護、Challenging assignments 心理・社会的機能:役割モデル(≒プロテジェの模範)、受容と確認、カウンセリング、友好

  • 99

    フォーマルアセスメントのメリット・デメリットは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メリット:標準化された尺度、定量的な評価可能、誰でも測定可能 デメリット:高コスト

    解説

  • 100

    ホランドが開発したアセスメントツールは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • VPI職業興味検査

    解説

    160の具体的な職業を提示して、それぞれに対する興味・関心の有無を回答することで、6つの職業興味領域に対する興味・関心の強さを測定するとともに、個人の心理的傾向を5領域について把握する。

  • 101

    ギンズバーグは10年以上かかる職業選択のプロセスをどのように定義したか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①空想的選択の時期 ②試行的選択の時期 ③現実的選択の時期

    解説

    ①空想的選択の時期:11歳未満 ②試行的選択の時期:11~17歳ごろ ③現実的選択の時期:18~22・23歳

  • 102

    2004年、文科省によって提示された「職業観・勤労観を育む学習プログラムの枠組み」の中で、開発目標となった能力の4領域とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①人間関係形成能力 ②情報活用能力 ③将来設計能力 ④意思決定能力

    解説

  • 103

    2008年の学習指導要領の改訂による児童生徒の発達段階ごとの目標は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小学校:進路を意識した教育 中学校:勤労観や職業観のより良い育成 高校:自己理解の深長と進路選択

    解説

  • 104

    厚労省が管轄している「新・ジョブカード」の作成目的は何か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①生涯を通じたキャリア・プランニング ②職業能力証明

    解説

    様式が1~3まであり、1がキャリアプラン用、2・3がキャリアレビュー用(職務経歴書、職業能力証明〔取得資格、学習歴、等〕)

  • 105

    グループ・カウンセリングのメリットは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①自己理解を多面的に深掘り可能 ②自身のコミュニケーション上の癖やパターンの把握・改善に役立つ ③1人の支援者が一度に複数人に対処可能 ④参加者同士の相互支援

    解説

  • 106

    グループ・カウンセリングの限界は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①参加者1人ひとりのペースに合わせることが困難 ②話す機会が保証されないため、何も得られない/マイナスの影響を受ける可能性あり ③支援者にグループのプロセス理解に関するスキルが必要 ④参加者の日程調整や場所確保が困難

    解説

  • 107

    グループはどのように発達していくか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Step1.形成期 Step2.混乱期 Step3.模範形成期 Step4.展開期

    解説

    Step1.形成期:目的、参加者、ルールの確認 Step2.混乱期:参加者間の対立・反発 Step3.模範形成期:互いの特異性の受容、協調 Step4.展開期:信頼関係形成

56989

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ