zuknow learn together

新しい教材を作成

基本情報技術者試験 コンピュータシステム

カード 133枚 作成者: 100 (作成日: 2016/03/26)

  • インデックスレジスタ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    インデックスレジスタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 命令のアドレス部の値に加えられる値を格納する

    解説

  • 2

    ベースアドレスレジスタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラムの先頭のアドレスを記憶するために使われるレジスタ

    解説

  • 3

    フラグレジスタ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正か負か0かといった情報や桁あふれがあるかどうかといった情報を記憶して遠山の際に利用するレジスタ

    解説

  • 4

    アドレス指定方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データのアドレスを指定する方法

    解説

  • 5

    直接アドレス指定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 命令のアドレス部に処理対象のデータがそのまま入っている方式

    解説

  • 6

    パイプライン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の命令を1つずつずらしながら同時に処理できるようにして処理速度を向上させる方式

    解説

  • 7

    スーパスカラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のパイプラインを並行して用いて同時に複数の命令を実行する方式

    解説

  • 8

    スーパパイプライン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パイプラインのプロセスをさらに細分化することで高速化を実現する方式

    解説

  • 9

    VLIW

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同時に実行可能な複数の動作をまとめて1つの命令とし複数の機能ユニットを同時に制御することによって高速化を図る方式

    解説

  • 10

    MIPS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロセッサが1秒間に実行できる命令数を表す単位

    解説

  • 11

    CPI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1つの命令を実行するのに必要なクロック数

    解説

  • 12

    マルチプロセッサシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1つの処理を複数のプロセッサで分担し全体の処理時間を短縮することで性能の向上を図る並立方式のシステム

    解説

  • 13

    デュアルプロセッサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同性能の二個のプロセッサを搭載したシステム

    解説

  • 14

    密接合マルチプロセッサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の並列に接続されたプロセッサが主記憶装置とOSを共有するシステムで1つのOSによって全てのプロセッサが制御できるためプロセッサ間のデータのやり取りが容易に行える

    解説

  • 15

    疎結合マルチプロセッサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 各プロセッサごとに主記憶装置を接続するシステム

    解説

  • 16

    CISC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1つの回路で複数の複雑な処理を高速に実行できるように設計されている

    解説

  • 17

    RISC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 命令セットを単純化し1つの命令に要する時間をほぼ等しくして処理速度を向上させている

    解説

  • 18

    アレイプロセッサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パイプライン処理の考え方を用いてマルチプロセッサを活用する大規模な数式処理専用のコンピュータ

    解説

  • 19

    SIMD

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1つの命令で複数のデータを複数のプロセッサが同期を取りながら並列的に処理する方式 画像処理など複数のデータに同じ演算を行う処理に適する

    解説

  • 20

    MIMD

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のプロセッサが複数の命令で複数のデータを同時に処理する方式

    解説

  • 21

    DRAM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一定時間経過するとデータが失われる 一定時間に再読み込みを行う

    解説

  • 22

    SRAM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電源を切らない限りデータが失われない レジスタやキャッシュメモリ フリップフロップ回路で構成され再読み込みの必要なし

    解説

  • 23

    マスクROM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 書き換え不可

    解説

  • 24

    PROM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一回だけ電気的に書き込み可能

    解説

  • 25

    EPROM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紫外線で一括除去 電気的に何度も書き込み可能

    解説

  • 26

    EEPROM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電気的に一括除去 何度も書き込み可能

    解説

  • 27

    外乱

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 制御を乱す外的要因

    解説

  • 28

    シリアルインターフェイス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • すべてのデータを1ビット単位で1列に並べてシリアル転送を行う 伝送速度は遅いが長距離の伝送に向く

    解説

  • 29

    パラレルインターフェイス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 8ビットあるいは16ビットでまとまっているデータを8本あるいは16本の並列の伝送路を使ってパラレル転送をする

    解説

  • 30

    bps

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1秒間に転送できるデータ量

    解説

  • 31

    デバイスドライバ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デバイスを動作させるためのソフトウェア

    解説

  • 32

    プラグアンドプレイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 周辺機器を自動的に検出して適切な設定を行う機能

    解説

  • 33

    DMA方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CPUを経由せずに主記憶装置と各周辺機器の間でデータ転送を行う方式

    解説

  • 34

    チャネル方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入出力機能を制御する機能をもつチャネル装置を設置しCPUはそのチャネル装置にチャネルプログラムを渡して入出力制御を任せCPUから切り離す方法

    解説

  • 35

    集中処理システム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1つのホストコンピュータがすべての処理を行うシステム

    解説

  • 36

    分散処理システム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数のコンピュータをネットワークで接続し処理を分担することによって全体として高性能のコンピュータシステムを構築するシステム

    解説

  • 37

    バックログ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開発は必要だが未着手のままのシステム案件のこと

    解説

  • 38

    バッチ処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 処理するべきデータをすべて集めてからまとめて処理を行う方法

    解説

  • 39

    センタバッチ処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実際にコンピュータのあるところで操作を行う

    解説

  • 40

    リモートバッチ処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オンラインでコンピュータを操作して行う

    解説

  • 41

    リアルタイム処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データが入力されるたびに処理する方式

    解説

  • 42

    オンライントランザクション処理システム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取引にypって生じたデータをオンラインでリアルタイムに処理するシステム

    解説

  • 43

    ハードリアルタイムシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 要求が発生した時に決められた時間内に処理を行う

    解説

  • 44

    ソフトリアルタイム制御システム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 処理が時間内に終了しなくてもダメージとならない

    解説

  • 45

    ストアドプロシージャ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クライアントが頻繁に用いる命令群をサーバに置いておくというもの

    解説

  • 46

    シンクライアント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハードディスクを内蔵しないなど最低限の機能しか持たない端末

    解説

  • 47

    シンプレックスシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 処理系統を1系列しかもたないためシステムであるためその処理系統が故障すると全システムが停止する コストがかからない

    解説

  • 48

    フォールトトレラントシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二重化することによってシステムが部分的に故障してもシステム全体としては必要な機能を維持できる

    解説

  • 49

    処理系統の各装置を二重化し完全な並列処理を行うシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディアルシステム

    解説

  • 50

    一定時間ごとに互いの処理結果を照合して処理を進めること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロスチェック

    解説

  • 51

    CPUや主記憶装置に予備系統を設けて信頼性を向上するシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デュプレックスシステム

    解説

  • 52

    主系統が正常に作動している間も電源を投入して待機している従系統

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホットスタンバイ方式

    解説

  • 53

    普段は電源切っておき障害が生じた場合のみ電源を投入する従系統

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コールドスタンバイ方式

    解説

  • 54

    パフォーマンスや障害に対する信頼性を向上させることを目的としネットワーク上の複数のコンピュータを連携させて全体を1つの高性能のコンピュータであるかのように機能させる構成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クラスタシステム

    解説

  • 55

    複数のハードディスクを並列に並べて全体を1つの記憶装置として制御する仕組み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RAID

    解説

  • 56

    1つのデータをビット単位に細分化し複数のハードディスクに書き込む方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ストライピング

    解説

  • 57

    二台のハードディスクに同じデータを書き込む

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミラーリング

    解説

  • 58

    バッチ処理システムの処理時間の指標でシステムにジョブを投入してからその結果の出力が終わるまでの時間内

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ターンアラウンドタイム

    解説

  • 59

    オンライントランザクション処理システムの処理時間の指標で取引を入力し終わってから結果が出力されるまでの時間

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レスポンスタイム

    解説

  • 60

    スループット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムが単位時間に処理できる仕事量

    解説

  • 61

    FLOPS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロセッサが浮動小数点の演算を1秒間に何回できるかを表す単位

    解説

  • 62

    ボトルネック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムの性能向上を妨げる要因

    解説

  • 63

    プリンタへの出力を一時的に磁気ディスク装置へ保存すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スプーリング

    解説

  • 64

    ベンチマーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実際に使用するプログラムを実行しその稼働率などを計測してシステムの処理効率を測定する方法

    解説

  • 65

    TPC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コストの尺度

    解説

  • 66

    SPEC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CPUの処理性能の指標

    解説

  • 67

    各プログラムの実行状態や資源の利用状況を測定しシステムの構成や応答性能を改善するためのデータを得ること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モニタリング

    解説

  • 68

    RASIS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュータシステムの信頼性を測る指標

    解説

  • 69

    MTBF

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ある装置が1つの故障を起こしてから次の故障を起こすまでの時間 大きいほど信頼性が高い

    解説

  • 70

    MTTR

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 故障を修理するのに要する時間 これが小さいシステムは保守性が高い

    解説

  • 71

    無停止システム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶対に停止しない信頼性が求められるシステム

    解説

  • 72

    バスタブ曲線

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュータシステムの故障率の時間経過による変化のパターングラフ化したもの

    解説

  • 73

    企画及び開発にかかる費用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イニシャルコスト

    解説

  • 74

    システム運用や機器利用によって発生していく費用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ランニングコスト

    解説

  • 75

    システム総コスト システム導入時に発生する費用と導入後に発生する運用管理費の総額

    補足(例文と訳など)

    答え

    • TCO

    解説

  • 76

    コンピュータのハードウェアを制御するソフトウェア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムソフトウェア

    解説

  • 77

    ワープロソフトや表計算ソフトなどのように業務や仕事の種類に応じて開発されるソフトウェア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アプリケーションソフトウェア

    解説

  • 78

    主にコンピュータの機能や操作といった利用環境を向上させるためのソフト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サービスプログラム

    解説

  • 79

    基本ソフトウェアアプリケーションソフトウェアの中間に位置し基本的な処理機能を提供するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ミドルウェア

    解説

  • 80

    人間がコンピュータシステムに依頼する仕事の単位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョブ

    解説

  • 81

    ジョブの実行を監視し統御すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョブ管理

    解説

  • 82

    コンピュータにとっての1つ1つの処理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョブステップ

    解説

  • 83

    1つのジョブを処理するために行われるジョブステップの流れ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジョブスケジューリング

    解説

  • 84

    プロセッサの負担を軽くするために出力データを一時的に補助記憶装置に出力しておく機能

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スプール

    解説

  • 85

    磁気ディスクなどに一時的に時間のかかる入出力処理などの出力結果のデータを書き込んで少しずつ処理するためのファイル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スプールファイル

    解説

  • 86

    コンピュータが処理する仕事の単位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タスク

    解説

  • 87

    現在実行中のプログラムを一時中断させ先に緊急性の高いプログラムを実行させること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 割り込み

    解説

  • 88

    実行中のプログラムのエラーによってタスクの実行自体が不可能になって起こる割り込み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラム割り込み

    解説

  • 89

    スーパバイザコール割り込み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プログラムの性質上別のタスクを実行しなければ現在実行中のタスクが処理できない場合に起こる

    解説

  • 90

    ファイルの中からデータを取り出す順番を指示する方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アクセスメソッド

    解説

  • 91

    主記憶装置の記憶領域をいくつかの区間に分けその区間ごとにプログラムを割り当てる方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 区間方式

    解説

  • 92

    プログラムを再配置してまとまった空き容量を作り出し主記憶の利用効率を高めること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンパクション

    解説

  • 93

    一時的に退避させたプログラムを再び読み込んで元の状態に戻すこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スワッピング

    解説

  • 94

    割り当てられた区間よりも大きなプログラムを実行するのに利用 プログラムをあらかじめセグメントと呼ばれる単位に分割する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーバレイ

    解説

  • 95

    主記憶装置の容量を意識せずに利用できる仕組み

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仮想記憶

    解説

  • 96

    ページングの際に主記憶と仮想記憶間のページ転送量が多くなりプロセッサの利用効率が低下すること

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スラッシング

    解説

  • 97

    スラッシングを抑えページングを有効に行う方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ページリプレース麺メント

    解説

  • 98

    階層構造の最上位層

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルートディレクトリ

    解説

  • 99

    目的のファイルのある場所までの経路

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パス

    解説

  • 100

    ルートディレクトリを基点としてパスを示す方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶対パス

    解説

  • 101

    ユーザが現在参照中や使用中のディレクトリを基点としてパスを示す方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相対パス

    解説

  • 102

    ファイルの属性を示すもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 拡張子

    解説

  • 103

    任意の文字や文字列を表す記号

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワイルドカード

    解説

  • 104

    デバッグを対話形式で実行する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デバッガ

    解説

  • 105

    ダンプ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモリやレジスタの内容を出力する

    解説

  • 106

    命令の実行順序を出力する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トレーサ

    解説

  • 107

    テストデータなどを作成する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テストジェネレータ

    解説

  • 108

    検査用コードでプログラムエラーをチェックする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アサーションチェッカ

    解説

  • 109

    デバッグ時にデータ構造の内容を確認する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インスペクタ

    解説

  • 110

    コンピュータ支援ソフトウェア工学に基づきソフトウェア開発や保守を自動化する開発支援ツール 要求定義や設計情報などを図で表現しリポジトリというデータベースで情報を一元管理して作業の効率化を図る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CASEツール

    解説

  • 111

    CASEツールを用いてシステムを開発する際にDFDなどの上流工程の設計情報やライブラリ管理 ソースプログラム テストデータといった下流工程の情報などを一元的に管理蓄積するデータベース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リポジトリ

    解説

  • 112

    要求定義→外部設計→内部設計までの工程を支援するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 上流CASEツール

    解説

  • 113

    プログラム設計→プログラミング→テストまでの工程を支援するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 下流CASEツール

    解説

  • 114

    保守CASEツール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保守や運営の管理の支援をするもの

    解説

  • 115

    プロジェクト管理やドキュメント管理などシステム開発工程全体の管理作業を支援するもの

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共通CASEツール

    解説

  • 116

    すべての機能を統合しシステム開発をまとめて支援する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 統合CASEツール

    解説

  • 117

    エディタ コンパイラ デバッガなどプログラミングに必要なツールが1つのインターフェースとしてまとまった対話型の統合開発環境

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IDE

    解説

  • 118

    空欄を埋めるようにあるパラメータを指定するだけで機械語が生成される言語プロセッサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ジェネレータ

    解説

  • 119

    アセンブラ言語で書かれたソースプログラムを機械語に翻訳する言語プロセッサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アセンブラ

    解説

  • 120

    原始プログラムを目的プログラムに翻訳する言語プロセッサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンパイラ

    解説

  • 121

    機種の異なるコンピュータの目的プログラムを生成できる言語プロセッサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロスコンパイラ

    解説

  • 122

    高水準言語で記述された原始プログラムの命令を逐次翻訳しながらすぐに実行する言語プロセッサ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インタプリタ

    解説

  • 123

    小さな処理単位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モジュール

    解説

  • 124

    モジュール同士を結合し不足している処理をライブラリから取り込んでリンクしプログラムをロードモジュールという実行可能な状態に仕上げるソフトウェア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リンカ

    解説

  • 125

    リンカによって作られたロードモジュールを主記憶装置にロードし実行させるプログラム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ローダ

    解説

  • 126

    インターネットなどを通じて無償でソースコードが公開されているソフトウェア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オープンソースソフトウェア

    解説

  • 127

    オープンソース・ライセンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OSD

    解説

  • 128

    人間とコンピュータとのコミュニケーションの方法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒューマンインターフェース

    解説

  • 129

    アイコンなどのグラフィックを用いてユーザがコンピュータを操作するインターフェース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GUI

    解説

  • 130

    キーボードからの文字入力を中心とした操作環境

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CUI

    解説

  • 131

    アナログ情報をディジタル化する手順

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 符号化

    解説

  • 132

    データベース化の対象となる実世界の情報や事象を論理的に表現する一連の過程

    補足(例文と訳など)

    答え

    • データモデリング

    解説

  • 133

    実装するDBMSに依存せずに対象となる情報の構造をE-R図などで模式的に表現するデータモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 概念データモデル

    解説

56744

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ