zuknow learn together

新しい教材を作成

コイルとコンデンサ

カード 21枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/03/23)

  • コイルに交流電流が流れると、電源電圧とは逆向きの「 」が発生し、抵抗のように電流の流れを妨げる。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    コイルに交流電流が流れると、電源電圧とは逆向きの「 」が発生し、抵抗のように電流の流れを妨げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電圧

    解説

    コイルに交流電流が流れると、電源電圧とは逆向きの「電圧」が発生し、抵抗のように電流の流れを妨げる。

  • 2

    コイルが交流電流に対して抵抗のように電流を妨げる性質を「 」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誘導性リアクタンス

    解説

    コイルが交流電流に対して抵抗のように電流を妨げる性質を「誘導性リアクタンス」という。

  • 3

    「 」とは、交流回路のインダクタ(コイル)やキャパシタ(コンデンサ)における電圧と電流の比である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リアクタンス

    解説

    「リアクタンス」とは、交流回路のインダクタ(コイル)やキャパシタ(コンデンサ)における電圧と電流の比である。

  • 4

    リアクタンスは電気抵抗と同じ次元を持ち、単位としては「 」を持つ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーム

    解説

    リアクタンスは電気抵抗と同じ次元を持ち、単位としては「オーム」を持つ。

  • 5

    リアクタンスは「」を消費しない擬似的な抵抗である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エネルギー

    解説

    リアクタンスは「エネルギー」を消費しない擬似的な抵抗である。

  • 6

    コイルは交流電流が流れるとコイル自身が発生する「 」の変動による誘導で起電力を持つという特性があり、これをインダクタンスという。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 磁場

    解説

    コイルは交流電流が流れるとコイル自身が発生する「磁場」の変動による誘導で起電力を持つという特性があり、これをインダクタンスという。

  • 7

    インダクタは流れる電流によって形成される「 」にエネルギーを蓄えることが出来る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 磁場

    解説

    インダクタ(inductor、インダクションコイル)は流れる電流によって形成される「磁場」にエネルギーを蓄えることが出来る。

  • 8

    コイルに蓄えられる磁気エネルギーの量は、その「 」で決まる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インダクタンス

    解説

    (インダクション)コイルに蓄えられる磁気エネルギーの量は、その「インダクタンス」で決まる。

  • 9

    インダクタンスの単位は「 」である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • H(ヘンリー)

    解説

    インダクタンスの単位は「ヘンリー」である。

  • 10

    インダクションコイルは「 」を巻いた形状をしている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電線

    解説

    インダクションコイルは「電線」を巻いた形状をしている。

  • 11

    コイルの導線は巻き数を大きくすることで「 」の法則に従い、コイル内の磁場が強くなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンペール

    解説

    コイルの導線は巻き数を大きくすることで「アンペール」の法則に従い、コイル内の磁場が強くなる。

  • 12

    ファラデーの電磁誘導の法則に従い、コイル内の磁界の変化に比例して「 」が生じる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 誘導起電力

    解説

    ファラデーの電磁誘導の法則に従い、コイル内の磁界の変化に比例して「誘導起電力」が生じる。

  • 13

    レンツの法則に従い、誘導電流は「 」の変化を妨げる方向に流れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 磁界

    解説

    レンツの法則に従い、誘導電流は「磁界」の変化を妨げる方向に流れる。

  • 14

    インダクタ(インダクションコイル)は「 」を遅延させ再形成させる能力がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交流電流

    解説

    インダクタ(インダクションコイル)は「交流電流」を遅延させ再形成させる能力がある

  • 15

    コンデンサとは、静電容量により「 」を蓄えたり、放出したりする受動素子である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電荷

    解説

    コンデンサ(condenser、capacitorキャパシタ)とは、静電容量(キャパシタンス)により「電荷」を蓄えたり、放出したりする受動素子である。

  • 16

    静電容量の単位は「 」が使われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Fファラド

    解説

    静電容量の単位は「ファラド」が使われる。

  • 17

    コンデンサの電極が、電荷を蓄える能力を「 」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静電容量(キャパシタンス)

    解説

    コンデンサの電極が、電荷を蓄える能力を「静電容量」という。

  • 18

    静電容量の単位は「 」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • F(ファラド)

    解説

  • 19

    誘導性リアクタンスXLの量を求めるには?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • XL=2πfL

    解説

    XL:誘導性リアクタンス、f:周波数、L:インダクタンス

  • 20

    交流電圧と交流電流、コイルのリアクタンスの関係は、どのようになっているか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I=V/2πfL

    解説

    I:交流電流の実効値、V:交流電圧の実効値、f:交流電源の周波数、L:インダクタンス コイルと交流電源の回路において、交流電圧と交流電流、コイルのリアクタンスの間にはオームの法則が成り立つ。

  • 21

    コンデンサの容量性リアクタンスを求める式は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • XC=1/2πfC

    解説

    XC:容量性リアクタンス、f:周波数、C:静電容量

56706

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ