zuknow learn together

新しい教材を作成

第二種電気工事士・電力

カード 19枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/03/16)

  • 電気を水の流れに例えると、水の量は「 」であり、水の勢いは電圧である。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

第二種電気工事士試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    電気を水の流れに例えると、水の量は「 」であり、水の勢いは電圧である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電流

    解説

    電気を水の流れに例えると、水の量は電流であり、水の勢いは電圧である。

  • 2

    電気の力である「 」は、電流と電圧を掛け合わせたものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電力

    解説

    電気の力である「電力」は、電流と電圧を掛け合わせたものである。

  • 3

    電力は記号「 」で表される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • P

    解説

    電力は記号「P」で表される。

  • 4

    電力Pは「 」と電圧Vを掛け合わせて求められる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電流I

    解説

    電力Pは「電流I」と電圧Pを掛け合わせたもので求められる。

  • 5

    電力Pを求めたい時(電力Pを知りたい時)には、電流Iと電圧Vを掛け合わせた式で表すことが出来る。 P=[ ]×[ ]

    補足(例文と訳など)

    答え

    • I×V

    解説

    電力Pを求めたい時(電力Pを知りたい時)には、電流Iと電圧Vを掛け合わせた式で表すことが出来る。 P=IV

  • 6

    コイルに交流電流が流れると「 」によって電源電圧Vとは反対向きの電圧が発生する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電磁誘導作用

    解説

    コイルに交流電流が流れると「電磁誘導作用」によって電源電圧Vとは反対向きの電圧が発生する。

  • 7

    コイルが持つ電磁誘導作用の強さを表す定数を「 」という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インダクタンス

    解説

    コイルが持つ電磁誘導作用の強さをい表す定数を「インダクタンス」という。

  • 8

    インダクタンスは記号「 」で表す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • L(大文字のエル)

    解説

    インダクタンスは記号「L」で表す。

  • 9

    インダクタンスの単位は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • H(ヘンリー)

    解説

    インダクタンスの単位はH(ヘンリー)

  • 10

    コイルに流れる電流は、交流電源の電圧より「 」周期、位相が遅れた電流が流れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4分の1

    解説

    コイルに流れる電流は、交流電源の電圧より「4分の1」周期、位相が遅れた電流が流れる。

  • 11

    コイルの図記号は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • L(大文字のエル)

    解説

    コイルの図記号はL(大文字のエル)

  • 12

    コンデンサは、2枚の電極板を話して置いた素子で、電圧を与えると電極板に「 」が蓄えられる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電荷

    解説

    コンデンサは、2枚の電極板を話して置いた素子で、電圧を与えると電極板に「電荷」が蓄えられる。

  • 13

    コンデンサの極板の間は接触せず絶縁されているので、コンデンサに「 」電流は流れない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 直流

    解説

    コンデンサの極板の間は接触せず絶縁されているので、コンデンサに「直流」電流は流れない。

  • 14

    コンデンサの極板の「 」を増やすほどコンデンサの働きは大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 面積

    解説

    コンデンサの極板の「面積」を増やすほどコンデンサの働きは大きくなる。

  • 15

    コンデンサの極板間を「 」させるほど、コンデンサの働きは大きくなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 近接

    解説

    コンデンサの極板間を「近接」させるほど、コンデンサの働きは大きくなる。

  • 16

    コンデンサが電荷を蓄える働きの大きさを「 」という

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 静電容量

    解説

    静電容量=キャパシタンス。コンデンサが電荷を蓄える働きの大きさを「静電容量」という

  • 17

    コンデンサが電荷を蓄える働きの大きさは記号「 」で表される。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • C

    解説

    コンデンサが電荷を蓄える働きの大きさは記号「C」で表される。

  • 18

    コンデンサが電荷を蓄える能力の単位は「 」を用いる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • F

    解説

    コンデンサが電荷を蓄える能力の単位は「F(ファラド)」を用いる

  • 19

    交流電源の電圧に比べ、コンデンサには「 」周期、位相が進んだ電流が流れる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4分の1

    解説

    交流電源の電圧に比べ、コンデンサには「4分の1」周期、位相が進んだ電流が流れる。

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ