zuknow learn together

新しい教材を作成

教員採用試験 西洋教育史 人物一問一答

カード 28枚 作成者: Kazuaki Ito (作成日: 2016/03/15)

  • 街頭や市場で青年と対話し、問答の積み重ねを通して、相手に「無知の知」を自覚させた。問答法→「産婆術」

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

その人の特徴→人物
クイズ形式でもいける!

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    街頭や市場で青年と対話し、問答の積み重ねを通して、相手に「無知の知」を自覚させた。問答法→「産婆術」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ソクラテス

    解説

  • 2

    哲学を修めたものが国家を治める「哲人政治」を理想とし、学園アカメディアを開いた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プラトン

    解説

  • 3

    リュケイオンに学園開き、多数の門下生(逍遥学派)を育てた。教育の目的→有徳な自由人の育成

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アリストテレス

    解説

  • 4

    古代ローマを代表する教育家で、修辞学で知られる人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キケロ

    解説

  • 5

    古代ローマを代表する教育家で、この時代の最も体系的な教育論を論じた

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クインティリアヌス

    解説

  • 6

    蘭出身、法入主義を体罰と否定、自然な人間性、自発性を重視。興味・能力に応じた個別主義を主張。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エラスムス

    解説

  • 7

    ロンドンの法律家、余暇活動と教育の機会が万人に保障された平和な理想社会を構想。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トマス・モア

    解説

  • 8

    古典学習による人格の形成、実物観察と経験を重視。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラブレー

    解説

  • 9

    人々が自ら聖書を学ぶために、すべての人々の教育の重要性を説く。母国語の公立初等学校設置を主張。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マルティン・ルター

    解説

  • 10

    世界のあらゆる事物についての体系的知識の習得を目指す汎知主義(パンソフィア)、感覚的実学主義を主張。子どもの感覚を通じて直観に働きかける実物教授直観教授の方法をとった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コメニウス

    解説

  • 11

    市民階級が勢力を増した英において、経験主義に基づく精神白紙主義(タブラ・ラサ)、知識を獲得する能力を重視する形式陶治論を主張

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロック

    解説

  • 12

    仏の思想家、消極教育や自然教育を主張。子どもを中心に据えた自然主義の教育論を展開。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ルソー

    解説

  • 13

    独の哲学者、消極教育である「養護」と、積極教育である「訓練」を重視。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カント

    解説

  • 14

    シュタンツの孤児院をはじめスイス各地で教育実践を行う。直感から概念へとする「直観教授」を主張。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペスタロッチ

    解説

  • 15

    ブランケンブルクに世界初の幼稚園「一般ドイツ幼稚園」を創設、幼児期の遊び・労働・生活を通しての学習を重視。教育遊具「恩物」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フレーベル

    解説

  • 16

    仏の政治家、教育の無償制・中立性、男女共学など、近代的公教育の原理を提示。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンドルセ

    解説

  • 17

    目的を倫理学に、方法を心理学に求め、科学的な教育学を確立。4段階教授法。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヘルバルト

    解説

  • 18

    英の哲学者・社会学者、功利主義的教育論を展開。教育の目的→「完全な生活への準備」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スペンサー

    解説

  • 19

    スウェーデンの社会思想家、「20世紀を子どもの世紀に」と訴え、20世紀が子どもたちがあらゆる束縛から解放され創造的に生きる世界になると予言

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エレン・ケイ

    解説

  • 20

    伊の医学博士、ローマの貧困街に「子どもの家」を開設。子どもの自由と自然な活動を重視。障害児の感覚・知育訓練のための遊具を開発。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モンテッソーリ

    解説

  • 21

    教育は社会なしには存立し得ないとして教育の社会学的意義を強調

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナトルプ

    解説

  • 22

    職業教育を通じての「公民教育」を提言、学校では「労作」を通じての職業的訓練や職業的陶治の道徳化が課題。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケルケンシュタイナー

    解説

  • 23

    イエナ大学の付属学校で「イエナ・プラン」を計画実践。←学年の枠をはずし共同生活を重視する教育活動。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペーターゼン

    解説

  • 24

    教育作用→文化の伝達、創造の循環。人間を、理論的・審美的・経済的・社会的・政治的・宗教的の6つの類型に区分。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シュプランガー

    解説

  • 25

    シカゴ大学に実験学校を設けた。思考=環境の変化に起因する問題を知的に解決するもの→問題解決学習

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デューイ

    解説

  • 26

    子どもが自己の興味や能力に応じて自主的に学習計画を立てて共同学習することを狙う。①目的設定②計画③実行④評価から作業単元が構成される

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キルパトリック

    解説

  • 27

    スイス生まれの宗教改革者、教養ある信徒育成のため、古典や聖書・賛美歌などの学習を行う学校設立

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルヴァン

    解説

  • 28

    伊の人文主義者、貴族と貧者の子弟がともに学ぶ学校「喜びの学校」を運営、体育と遊戯を重んじる教育

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヴィットリーノ

    解説

56585

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ