zuknow learn together

新しい教材を作成

mishima生物基礎 恒常性・免疫編

カード 22枚 作成者: maniwakuse (作成日: 2016/03/15)

  • 恒常性に関して,適切ではないものはどれか?


    恒常性は自律神経系とホルモンにより不随意的に調節されている。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

生物基礎 第3書 循環系や体液・腎臓・肝臓・免疫(基礎的内容)

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    恒常性に関して,適切ではないものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 恒常性は自律神経系とホルモンにより不随意的に調節されている。

    答え

    • 大脳が調節することで維持されている。
    • 誤答選択肢 自律神経系が調節を行っている。
    • ホルモンによる調節を受ける。
    • 間脳の視床下部が最高中枢である。

    解説

    大脳は思考・判断・推理・感覚や随意運動などを

  • 2

    ヒトの神経系に関して適切でないものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 興奮の伝導は活動電流が,伝達はシナプスにて神経伝達物質が一方向的に伝えられる。

    答え

    • 中枢神経系は脳のみからなる。
    • 誤答選択肢 運動神経は遠心性,感覚神経は求心性神経である。
    • 自律神経系は交感神経と副交感神経からなる。
    • 神経繊維上を興奮は電位差として伝わっていく。

    解説

    大脳,間脳,中脳,小脳,延髄からなる脳と脊髄が中枢神経系 大脳:思考・判断・推理・感情など 間脳:恒常性の維持 中脳:眼球運動・瞳孔反射・姿勢維持 小脳:随意運動の調節・平衡維持 延髄:拍動・呼吸・消化液分泌

  • 3

    交感神経に関して,誤っているものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 交感神経は精神的・身体的に活動を活発化させる。胸髄・腰髄から出て,全身に分布する。

    答え

    • 中脳や延髄から出ていて,全身に分布する。
    • 誤答選択肢 血圧の上昇,立毛筋の収縮を促進する。
    • 神経伝達物質としてノルアドレナリンが分泌される。
    • 神経節や交感神経幹でシナプスを形成している。

    解説

    正答は副交感神経に関する説明である。副交感神経は中脳や延髄,仙椎から出発している。疲労回復的な方向に作用する。

  • 4

    ホルモンの特徴として誤っているものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • タンパク質系ホルモンは細胞膜上の受容体と結合し,ステロイド系ホルモンは細胞内の受容体と結合する。細胞膜を通過できるかできないかの違い。

    答え

    • 全身の腺から分泌され,体内外へ分泌される。
    • 誤答選択肢 タンパク質系とステロイド系ホルモンがある。
    • 抗原性を持たない。
    • 特定の標的器官にのみ作用する。

    解説

    内分泌腺(導管を持たない線)からのみ分泌される。

  • 5

    甲状腺ホルモンに関する説明として適するのはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • チロキシン分泌不足はバセドウ病を発症しやすい。手足の震え,疲労感,眼球突出など。 Ca調節は副交感神経のパラトルモンorカルシトニンである。

    答え

    • チロキシンは,分子構造中にI(ヨウ素)を持ち,成長ホルモンと同調し作用する。
    • 誤答選択肢 チロキシンの分泌不足が原因となり,クレチン病が発症する。
    • 血中のカルシウムイオン濃度を調節する。
    • 生殖腺の発達や成長を促進し,二次性徴を進める。

    解説

    チロキシンは,その他に血糖量増加させ,成長・分化を促進する。

  • 6

    浸透圧調節に関与しないホルモンはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • バソプレシンは集合管での水の再吸収促進。 鉱質コルチコイドは腎細管でのNa⁺再吸収促進。

    答え

    • 糖質コルチコイド
    • 誤答選択肢 バソプレシン
    • 鉱質コルチコイド

    解説

    糖質コルチコイドはタンパク質からグルコースを合成する糖新生を行う。

  • 7

    血糖量調節に関与しないホルモンはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 血糖増はグルカゴン,糖質コルチコイド,チロキシン,アドレナリン,成長ホルモンの5つ。血糖減はインスリンのみ

    答え

    • エストロゲン
    • 誤答選択肢 インスリン
    • 成長ホルモン
    • アドレナリン

    解説

    エストロゲンは濾胞より分泌され,黄体形成ホルモンの分泌を促進する正のフィードバック調節を行う。

  • 8

    腎臓の働きとして適切でないものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 細胞や高分子は濾過されない。再吸収は,グルコースは100%で水は99%である。再吸収の機構は未知の,特に有害な物質の排出に有利である。

    答え

    • アンモニアを分解し,尿素を合成する。
    • 誤答選択肢 糸球体からボーマン嚢への濾過は,血圧を利用しエネルギーは不要である。
    • 腎細管から毛細血管への再吸収が行われる。
    • クレアチニンは毛細血管から腎細管へ分泌される。

    解説

    尿素合成は肝臓にてオルニチン回路で行われる。

  • 9

    腎臓の構造に関して正しいものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 皮質は主に腎小体が集まっている。右の腎臓は肝臓の存在により低い位置に存在する。腎盂から輸尿管を通り膀胱へ輸送される。

    答え

    • 腎単位(ネフロン)はマルピーギ小体と腎細管からなる。
    • 誤答選択肢 腎臓の皮質は主に集合管や腎細管の集合である。
    • 右側の腎臓は心臓の存在により,やや低い位置にある。
    • 集合管から腎盂に集まった尿は,細尿管を通り膀胱へ輸送される。

    解説

    マルピーギ小体は糸球体とボーマン嚢からなる。

  • 10

    水生生物の浸透圧調節に関して誤っているものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 生理食塩水は,哺乳類が0.9%で両生類が0.65%である。

    答え

    • 鯉は,水を多く呑み込み,体液と等張の尿を少量排出する。
    • 誤答選択肢 サメは,尿素を再吸収して外液と体液と等張にしている。
    • 鯛は,鰓の塩細胞から塩類を能動輸送により排出している。
    • ゾウリムシは,収縮胞から余分な水を排出している。

    解説

    鯉は淡水性硬骨魚なので,体液の浸透圧が外液に対して高い。そのため,水が流入する。

  • 11

    老廃物の排出に関して,誤っているものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 脊椎動物の生息環境や進化の過程によりアンモニアの排出は異なる。

    答え

    • 両生類の幼体は,尿酸を排出している。
    • 誤答選択肢 上空や乾燥地帯では,尿酸で排出したほうが有利である。
    • 哺乳類や軟骨魚は,アンモニアを尿素に変換している。
    • 尿酸は半固体結晶で排出必要な水が少量でよい。

    解説

    両生類jの幼体や魚類はアンモニアをそのまま排出している。

  • 12

    肝臓について誤っているものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 肝臓は尿素の合成,血糖調節,解毒作用,胆汁生成,タンパク質合成分解,体温維持に関与する。

    答え

    • 肝臓には肝動脈と肝静脈のみが通じている。
    • 誤答選択肢 ヘモグロビンの分解産物であるビリルビンを含んだ胆汁を分泌する。
    • アルコールなどの有害物質に対して解毒作用を持つ。
    • 血糖調整を行い,グリコーゲンとして貯蔵することができる。

    解説

    肝臓には,小腸から関門脈を通ってグルコース等が輸送される。

  • 13

    ヒトの血液に関して誤っているものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 全ての静脈血は静脈内を流れている。
    • 誤答選択肢 有形成分では,単位面積当たり赤血球の個数が最も多い。
    • 赤血球のみ,肝臓で分解される。
    • 有核の細胞は白血球のみである。

    解説

    肺静脈は静脈血が流れている。

  • 14

    血液凝固に不要なものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • Ca²⁺や様々な因子によりトロンビンが合成され,フィブリンができる。これに血球が絡まり血餅が形成される。

    答え

    • ヘパリン
    • 誤答選択肢 カルシウムイオン
    • トロンビン
    • 血球

    解説

    ヘパリンは肝臓で合成され,フィブリンの合成阻害により凝固を抑制する線溶に働く。

  • 15

    循環系に関して誤っているものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 右心房に洞房結節はある。爬虫類はそのような構造のため動脈血と静脈血が混ざり合う。リンパ系はリンパ管・節・胸腺・脾臓である。

    答え

    • イカやタコなどは開放血管系をしている。
    • 誤答選択肢 洞房結節により,心臓の拍動が調節されている。
    • 爬虫類は2心房1心室である。
    • リンパ系は脊椎動物でのみ発達している。

    解説

    開放血管系は節足動物や頭足類を除く軟体動物が当てはまる。

  • 16

    ヒトの免疫に関して,化学・物理的防御に当てはまらないものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 細菌の細胞壁を破壊する酵素はリゾチーム,細胞膜を破壊するのはディフェンシン

    答え

    • 好中球やマクロファージによる食作用が起こる。
    • 誤答選択肢 涙や唾液,粘膜などは酸性に保たれている。
    • 外分泌液には,細菌の細胞壁を破壊するリゾーチームが含まれる。
    • 皮膚の角質層や粘液により細菌の侵入を防ぐ。

    解説

    自然免疫の説明であるため不適切

  • 17

    白血球のサイトカイン分泌による炎症・発熱の生理的意義として不適切なものは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 炎症により感染組織の機能を低下させる。
    • 誤答選択肢 血管を拡張させ,血球の移動を容易にさせる。
    • 高温にすることで最近活性を低下させ,細胞活性を上昇させる。

    解説

    感染組織では活発に抗原を排除すべきなので,機能を低下させるべきではない。

  • 18

    樹状細胞に関して適する説明はどれか?

    補足(例文と訳など)

    • がん細胞の排除に関係するのはNK細胞である。B細胞の活性化はヘルパーT細胞である。抗体を産生するのはB細胞から分化した抗体産生細胞である。

    答え

    • ヘルパーT細胞のTCRに抗原の一部を提示する。
    • 誤答選択肢 自然免疫において,ガン細胞の排除に関係する。
    • サイトカインを分泌し,B細胞などの活性化を行う。
    • 抗体を産生し,抗原の排除を行う。

    解説

    ヘルパーT細胞は,樹状細胞のHLAを認識し,自己・非自己を判断している。

  • 19

    血清療法に関して,正しいものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 誤答はすべて予防接種についてである。ツベルクリン反応は細胞性免疫を利用しており,BCGがワクチンである。

    答え

    • 特定の抗体を含む血清を投与する。持続性はない。
    • 誤答選択肢 ワクチンを接種させ,免疫記憶をさせる。
    • パスツールが狂犬病の治療に活用し,療法を確立した。
    • ツベルクリン反応に利用され,BCGを投与する両方がある。

    解説

    体内に血清を投与すると,分解・排除されるため長期的な治療には不適である。

  • 20

    抗体とその説明の組み合わせが正しいものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 覚え方はGMADEで全部で5種ある。それぞれの働き・構造・作用は授業ノートで確認すること。

    答え

    • IgM:最も分子量が大きく,血液凝集反応に関与する。
    • 誤答選択肢 IgA:フスタミンの分泌促進を行い,アレルギーに関与する。
    • IgG:母乳に含まれ,新生児の感染防御に重要である。
    • IgD:体内に最も多く存在している。

    解説

    IgMは胎盤を通過できないので,血液型が母と異なっても胎児内で凝集反応は生じない。

  • 21

    抗体産生細胞内で最も発達している細胞小器官はどれか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴルジ体
    • 誤答選択肢 ミトコンドリア
    • 小胞体

    解説

    細胞外へ抗体を分泌するため,抗体を含んだゴルジ小胞大量に合成されるから。

  • 22

    O型の人に輸血できない血液型はどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 凝集反応はA+αかB+βのとき生じる。凝集素は主にIgMが関与する。

    答え

    • なし
    • 誤答選択肢 A型
    • B型
    • AB型

    解説

    O型の人は凝集源を持たないので,輸血による凝集反応が生じない。

57064

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ