zuknow learn together

新しい教材を作成

mishima生物基礎 遺伝子編

カード 11枚 作成者: maniwakuse (作成日: 2016/03/14)

  • メンデルの法則に当てはまらないものはどれか?


    各自確認しておくこと。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

生物基礎第2章に関連する物から出題している。特に,分子生物学の基礎的な分野である。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    メンデルの法則に当てはまらないものはどれか?

    補足(例文と訳など)

    • 各自確認しておくこと。

    答え

    • 移動の法則
    • 誤答選択肢 優性の法則
    • 分離の法則
    • 独立の法則

    解説

    そんなものはない。

  • 2

    ヒトの遺伝子数は?

    補足(例文と訳など)

    • 60兆個はヒトの細胞数である。200万種は現在の生物種である。120兆個はヒトのゲノム数である。

    答え

    • 2万3000個
    • 誤答選択肢 60兆個
    • 200万種
    • 120兆個

    解説

    必ず覚える。2万2000個と表記される場合もある。

  • 3

    肺炎双球菌を用いて,R型菌に形質転換が生じたことを発見したのは誰か?

    補足(例文と訳など)

    • メンデルは遺伝子の概念を確立した。ミーシャーは核酸を発見した。モーガンは染色体説を発表した。

    答え

    • グリフィス
    • 誤答選択肢 モーガン
    • ミーシャー
    • メンデル

    解説

    グリフィスは,形質転換の原因を究明しなかった。彼は医学研究者で肺炎双球菌の被膜と感染調査が目的だったから。

  • 4

    ハーシーとチェイスが遺伝子の本体の究明のために用いた生物はどれか?

    補足(例文と訳など)

    • ショウジョウバエはモデル生物。マウスも同様である。タバコモザイクウイルスは植物に感染する。
    • タンパク質(CHONS)とDNA(CHONP)のSとPに着目した。

    答え

    • T₂ファージ
    • 誤答選択肢 ショウジョウバエ
    • マウス
    • タバコモザイクウイルス

    解説

    タンパク質とDNAの存在比が1:1なので実験に用いやすいため。

  • 5

    ヒトの体細胞の染色体数は?

    補足(例文と訳など)

    • 細胞分裂中期に最も染色体を観察しやすい。←赤道面に並ぶため
    • 体細胞は複相(2n)で生殖細胞(精子や卵)は単相(n)である。

    答え

    • 2n=46
    • 誤答選択肢 n=23
    • 2n=14
    • n=7

    解説

    相同染色体を持つ(一方は母から,もう一方は父から=2ゲノム)

  • 6

    DNAの基本単位であるヌクレオチドは,リン酸と何からできているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デオキシリボースと塩基
    • 誤答選択肢 リボースと塩基
    • デオキシリボースと酸
    • リボースとアデノシン

    解説

    DNAはデオキシリボースとATGCとリン酸。RNAはリボースとAUGCとリン酸。

  • 7

    DNAの塩基に関して適切なものを選びなさい。

    補足(例文と訳など)

    • 2本鎖の場合と1本鎖の場合では,分子数が異なることに注意する。

    答え

    • 2本鎖DNAでAが30%だと,Gは20%である。
    • 誤答選択肢 2本鎖DNAでAが25%だと,Uは25%である。
    • DNAの一方の鎖のAが27%だと,もう一方の鎖のGが23%である。
    • 2本鎖DNAにおいて,(A+T)÷(G+C)=1となる。

    解説

    生物によらず,AとT,GとCの分子数がそれぞれ等しい。

  • 8

    DNAの2重らせん構造を発見したのは?

    補足(例文と訳など)

    • グリフィスとアベリー(エイブリー)は肺炎双球菌を用いて,遺伝子の本体を究明した。

    答え

    • ワトソンとクリック
    • 誤答選択肢 シャルガフ
    • フランクリン
    • グリフィスとアベリー

    解説

    シャルガフの規則と,フランクリンによるDNA回折法の結果を元にDNAの二重らせん構造を発見した。

  • 9

    2万3000個の遺伝子から,どうやってヒトを構成する10万種以上のタンパク質をつくることができるか?

    補足(例文と訳など)

    • DNAの塩基配列に変異が起きる確率はかなり低い。

    答え

    • 選択的スプライシングにより,スプライシングのパターンを変えることで,多種のmRNAを合成する。
    • 誤答選択肢 DNA中で,遺伝暗号となる塩基配列が常に変化している。
    • 常に新しい塩基配列がつくられ,古い塩基配列にとって代わるから。
    • 突然変異によって新しいタンパク質がつくられ続けているから。

    解説

    mRNA前駆体から,不要なイントロンを除去し,エキソンのみからなるmRNAが合成される過程をスプライシングという。

  • 10

    翻訳の説明として正しい物はどれは。

    補足(例文と訳など)

    • 転写:核内でmRNA合成。 翻訳:リボソームでタンパク質合成。

    答え

    • 細胞質のリボソームがmRNAからタンパク質を合成する。
    • 誤答選択肢 核内でDNAからmRNAを合成する。
    • mRNAのコドンに相補的なrRNAがアミノ酸を運び,結合する。
    • tRNA上のアミノ酸が核内でペプチド結合してタンパク質がつくられる。

    解説

    不可逆な一連の流れ(セントラルドグマ)を踏まえて解答する。

  • 11

    体細胞分裂の特徴として誤っているものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    • 動植物での体細胞分裂の違いは,前期に動物では中心体から星状体ができる。終期に植物では細胞板が,動物ではくびれができる。

    答え

    • 連続して2回分裂し,4つの娘細胞ができる。
    • 誤答選択肢 S期にDNAの複製が行われ,DNA量が2倍になる。
    • 分裂後細胞が成長し,大きくなる。
    • M期は前・中・後・終期からなる。

    解説

    減数分裂は,1つの母細胞から4つの娘細胞ができ,DNA量が半減する。

56551

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ