zuknow learn together

新しい教材を作成

第二種電気工事士【鑑別】保護装置・開閉器

カード 17枚 作成者: モバイル楽天 (作成日: 2016/03/10)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

第二種電気工事士試験対策

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カバーナイフスイッチ

    解説

    最も基本的な開閉器。ナイフスイッチの充電部を絶縁物のカバーで覆ったもの。

  • 2

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タイムスイッチ

    解説

    設定した時刻に応じて、スイッチをON・OFFする。 電気温水器を深夜電力で動作。

  • 3

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チャイム用変圧器

    解説

    チャイム回路(呼び鈴回路)の動作電源。 電圧を下げる。

  • 4

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ネオン変圧器

    解説

    ネオン放電灯回路の動作電源。 電圧上げる。

  • 5

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロートスイッチ

    解説

    液面に浮かべたフロートの昇降により、スイッチをON・OFFする。

  • 6

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フロートレススイッチ

    解説

    フロートの昇降ではなく、電極間の導通・不通により、スイッチをON・OFFする。

  • 7

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過負荷保護付漏電遮断器

    解説

    過電流と地絡電流を検出して、回路を遮断する。

  • 8

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 交流電磁開閉器

    解説

    電動機をON・OFFする開閉器。 遠隔操作可能。 電磁接触器+熱動継電器

  • 9

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低圧進相コンデンサ

    解説

    電動機に並列に接続して、力率を改善する。 電動機は力率が悪い。

  • 10

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電磁開閉器用押しボタン

    解説

    電磁開閉器を操作するボタン。ONとOFFの表記。

  • 11

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電動機

    解説

    電気エネルギーを回転エネルギーに変換する電気機器。 動作原理から直流機、同期機、誘導機に大別される。 日本国内では、三相誘導電動機が最大の動力源。

  • 12

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電流計付箱開閉器

    解説

    電動機の近くに設ける開閉器。 手元開閉器。ナイフスイッチが入っている。

  • 13

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 配線用遮断器(モータブレーカ)

    解説

    電動機の特性も考慮した配線用遮断器。 電動機は、始動時に大きな電流が流れるので、一般的な配線用遮断器では頻繁に遮断してしまう。

  • 14

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 配線用遮断器

    解説

    過電流を検出して、回路を遮断する。

  • 15

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分電盤

    解説

    配線用遮断器と漏電遮断器をまとめて収納した箱。 異常を検出して、回路を遮断する。

  • 16

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 漏電火災警報器

    解説

    零相変流器で地絡電流を検出し、警報を発する。 回路は遮断しない。

  • 17

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 漏電遮断器

    解説

    地絡電流(漏電)を検出して、回路を遮断する。 漏電表示ボタンとテストボタン。

56979

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ