zuknow learn together

新しい教材を作成

【体験版】続・関谷英里子のビジネスパーソンのための英単語帳

公認 カード 5枚 作成者: 関谷 英里子 (作成日: 2014/03/07)

  • solve


    We want to solve this problem through discussion.

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

公式コンテンツ「続・関谷英里子のビジネスパーソンのための英単語帳」の体験版です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    solve

    補足(例文と訳など)

    • We want to solve this problem through discussion.
    • 我々としては話し合いによってこの問題を解決したいと思っています。

    答え

    • [v]解決する

    解説

    ポイント:「ソリューション」は日本語でもよく使うけれど、その動詞solveもぱっと出てくるようにしたいところ。

  • 2

    develop

    補足(例文と訳など)

    • This company has developed a new method for recycling old car seats.
    • この会社は古い車のシートをリサイクルする手法を開発しました。

    答え

    • [v]発する

    解説

    ポイント:「つくる」のはmakeだけではなくdevelopも使えるようにすること。プログラムやシステムなど難しいものを開発するニュアンスが込められる。

  • 3

    deliver

    補足(例文と訳など)

    • They are known to deliver great results.
    • 彼らは優れた業績を上げることで知られています。

    答え

    • [v]もたらす

    解説

    ポイント:デリバリー(配達)の意味だけで覚えていたらもったいない。「期待されているものを達成する、もたらす」という気持ちを込めたいときに最適。

  • 4

    team

    補足(例文と訳など)

    • We worked as a team to create this presentation.
    • 我々はチーム一丸となってこのプレゼンテーションを作成しました。

    答え

    • [v]チーム

    解説

    ポイント:「みんな」はeverybodyではなくて仕事の場合は一丸となっている印象を与えるteamを使うこと

  • 5

    effect

    補足(例文と訳など)

    • This service will have a profound effect on our lives.
    • このサービスは我々の生活に大きな影響を及ぼすでしょう。

    答え

    • [n]効果、結果

    解説

    ポイント:「因果関係」はcause and effect。つまりcause(原因)があるからこそ得られている、という意味を込めてeffect(その結果、効果)を使おう。

56900

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ