zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語23

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • 時間的順序法

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    時間的順序法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時間的順序法とは、文章の構成方法の一つで、物事の時間の推移を追って、話を展開する手法。

    解説

  • 2

    商いは牛の涎

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商いは牛の涎とは、牛の涎(よだれ)が切れ目なく細く長く続いている事から、商いは利を得るために急ぐものではなく気が何辛抱強くはげまなければいけないという教えのこと。

    解説

  • 3

    商いは門門

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商いは門門とは、お客それぞれに応じたものを売るのが商売のコツであり、基本という教えのこと。また、商売には各々に専門分野があるから、専門の店や人からものを得ることが最善という意味にも使う。 類語として、餅は餅屋、商売は道によって賢しなどがある。

    解説

  • 4

    商い三年

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商い三年とは、商売は利益をあげられるまでになるために、初めてから3年くらいは辛抱しないと、何事も成り立たないという教えのこと。

    解説

  • 5

    商い上手の仕入れ下手

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商い上手の仕入れ下手とは、客扱いがうまく、売るのが上手なので商売が繁盛しているように見えても、実際は仕入れが下手で利益が上がっていないさまのこと。また、そのような商売をする人を指す。人には得手不得手があるという意味としても使う。

    解説

  • 6

    商売は草の種

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商売は草の種とは、商売の種類は、山や野にある草の種ほど種類が多いということから、商売のアイデアなどになる種はどこにでもあるというたとえのこと。

    解説

  • 7

    人通りに草生えず

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人通りに草生えずとは、沢山の人が通る場所には草が生えない事から、日ごろ使用する道具はさびないというたとえのこと。また、既に他の人たちが手掛けている商売や物事でもうけを出すのは難しいことのたとえでも使う。

    解説

  • 8

    創業は易く守成は難し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 創業は易く守成は難しとは、事業を新たに興すよりも、事業を受け継ぎ守り育てることのほうが難しいことを意味することわざ。

    解説

  • 9

    創業者利得

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 創業者利得とは、事業を興した人物が事業の成功に伴い得られる経済的利得の総称。例えば、創業者の出資した少ない資本で興した会社がその後成長し、株式上場することによって得られる利益は創業者利得の典型。

    解説

  • 10

    朝謡は貧乏の相

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 朝謡は貧乏の相とは、仕事もせずに、朝から謡(流行歌、歌のこと)をうたって過ごすならば、いずれ貧乏になってしまうという、戒めを表したもの。

    解説

  • 11

    低き所に水溜まる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低き所に水溜まるとは、水は自然と低いところに流れるように、利のある場所には利を求める人が自然と集まることのたとえのこと。また、悪い例えとして悪い者には、悪い者が集まることのたとえにも使う。

    解説

  • 12

    定性分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 定性分析とは、数量化できない事象(アンケート等の意見や視覚的データ、数量評価しずらい評価項目等)に関する分析のこと。一般に数量化できない各種データを定性データなどと呼ぶ。定量分析の反意語。

    解説

  • 13

    定量分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 定量分析とは、具体的な数値データに基づく分析のこと。仮説の検証や実態把握のために行われる数値に基づく分析。一般に、数値化された分析基礎データ(売上やアンケートの得点等)を定量データと呼ぶ。定性分析の反意語。

    解説

  • 14

    登竜門

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 登竜門とは、黄河上流にある竜門山を切り開き出来た急流を竜門と呼び、そこを登り切った鯉がいるならば、竜になるという竜門の言い伝えから、立身出世することが出来る関門のことを意味する。

    解説

  • 15

    同舟相救う

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同舟相救うとは、今まで反目し、そりが合わないもの同士でも、利害が同じ立場になれば助け合うものだというたとえのこと。見ず知らずのもの同士が同じ船に乗り合わせても、危機や災難に遭った際は互いに助け合うものであるという事からのことわざ。類語に、呉越同舟、舟を同じうして江を済る、がある。

    解説

  • 16

    読書亡羊

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 読書亡羊とは、他に気を取られ、最も大切な本来の任務や仕事に失敗することのたとえ。羊の放牧中に、本を読み、番を怠けたために、羊に逃げられてしまったことからいわれる。

    解説

  • 17

    日本株式会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 日本株式会社とは、官民一体で産業育成・保護・発展に取り組むさまを揶揄していうことば。

    解説

  • 18

    濡れ手で粟

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 濡れ手で粟とは、何の苦労もせずに多くの利益を得ること。濡れた手で粟を掴むと、自分から掴もうしなくても、細かい粟の粒が手につき、沢山掴めることからいう。棚から牡丹餅と同意に思われがちだが、自ら手を濡らし粟(利)を得るものと、偶然に牡丹餅(利)が得られたものとは同意ではない。類語は、一攫千金。

    解説

  • 19

    不足奉公は双方の損

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不足奉公は双方の損とは、主の使い方に不平不満を持ちながら奉公するのは、奉公人には勿論のこと、主にとっても思うように奉公人が動かないなどの弊害が生まれ、どちらの立場にも利が無い事を意味することわざ。

    解説

  • 20

    風が吹けば桶屋が儲かる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風が吹けば桶屋が儲かるとは、物事は思いもしない事から様々に影響が及ぶというたとえのこと。また、あてにならない事を期待するたとえにも使う。大風が吹けば埃が上がり盲人が増え、盲人が増えると三味線を習う人が増え、三味線の材料となる猫の皮の需要が増える。猫の皮の需要が増えると猫が減り、猫が減ればネズミが増え、ネズミが桶をかじる。そこから、桶屋が繁盛するという笑い話から意味されることわざ。

    解説

56884

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ