zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語22

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • ロイヤルティ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ロイヤルティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロイヤルティとは、ブランドビジネスを展開する主体からブランドの使用許諾を受け、または、特殊な技術を用いて製造を行う主体からその技術の使用許諾及び指導を受け、第三者が事業を展開する際にブランド使用や技術利用に対して支払う利用料のことをいう。

    解説

  • 2

    ワークシェアリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワークシェアリングとは、従来一人でやっていた仕事、またはひとまとまりの仕事を複数の人で分け合って行なうという考え方のこと。曜日単位で業務を分ける場合には、一人ひとりの賃金を抑制してでも、より多くの雇用を確保するねらいがある。

    解説

  • 3

    ワンストップサービス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワンストップサービスとは、一度の手続きで、必要とする関連作業をすべて完了させられるように設計されたサービスのこと。

    解説

  • 4

    医者の不養生

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 医者の不養生とは、自分で正しいと理解していることや立派に論じることでも、実行が伴わないことをいう。

    解説

  • 5

    因果的順序法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 因果的順序法とは、文章の構成方法の一つで、物事の因果関係から話を進める手法。

    解説

  • 6

    栄耀の餅の皮

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 栄耀の餅の皮とは、人は贅沢に慣れてしまうと、餅の皮まで食べるようになってしまう意味を指し、度を越した贅沢のたとえ。

    解説

  • 7

    演繹的順序法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 演繹的順序法とは、文章の構成方法の一つでM大前提・小前提・結論の三段論法で話を進める手法。

    解説

  • 8

    議決権拘束契約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 議決権拘束契約とは、株主間契約の一種であり、株主の議決権行使に制約を付すもの。その効果は、契約者(株主)間の債権的な効力として有効と解されている。

    解説

  • 9

    泣いて馬謖を斬る

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 泣いて馬謖を斬るとは、たとえ心から愛し信じてる者であっても、秩序や規律を保つためには私情を挟まず、違反したものに対しては厳しく処分すること。

    解説

  • 10

    牛を馬に乗り換える

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 牛を馬に乗り換えるとは、不利なものから自分に利のあるような都合のよいものにつくことのたとえ。足が遅い牛から速い馬に乗り換えることからの転じたことわざ。

    解説

  • 11

    漁夫の利

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 漁夫の利とは、二者が争っているなか、第三者である者が易々と利益を横取りすることのたとえ。

    解説

  • 12

    共食い現象

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共食い現象とは、カニバリゼーションに同意義。カニバリゼーションとは、企業が新製品を市場投入した場合などに、同じ製品ドメインに属するその企業の旧世代の製品や代替的な機能を有する製品の需要がその新製品に奪われてしまうこと。

    解説

  • 13

    空間的順序法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 空間的順序法とは、文章の構成方法の一つで、文章中に登場する建物や地理、組織などを空間的(位置的)に配置して文章を展開する手法。

    解説

  • 14

    経験曲線

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経験曲線とは、ボストンコンサルティンググループが提唱した考え方で、経験曲線や学習曲線、習熟曲線とも呼ばれる。

    解説

  • 15

    経験効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経験効果とは、生産量や作業量が増えるとその分その製造や思考に対する経験則が積上げられ、製造や思考、作業の効率が高まっていき、単位生産コストが低下する効果のこと。

    解説

  • 16

    軽重順序法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軽重順序法とは、文章の構成方法の一つで、重要なものからそうでないもの、簡単なものから複雑なもの、あるいはその逆の流れで文章を展開する手法。

    解説

  • 17

    行きがけの駄賃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 行きがけの駄賃とは、一つの仕事をするついでにほかの仕事をして、不当な利益を得ることを意味する。

    解説

  • 18

    高きに登るには卑きよりす

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高きに登るには卑きよりすとは、高い所に登るには、低い所から登り始めるように、物事も身近なところから始め、堅実に順序をふまえて進むべきであるという教えのこと。類語に、千里の行いも一歩より始まる。

    解説

  • 19

    三段論法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三段論法とは、文章を大前提、小前提、結論の順に組み立てて推論する方法のこと。

    解説

  • 20

    士族の商法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 士族の商法とは、急に商いに不向きな人が商売を興しても、うまくいかないことを意味することわざ。 明治初期に特権を失った士族が、今まで経験のない商売に手を出し、失敗したことからのたとえ。

    解説

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ