zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語21

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • バーバルコミュニケーション

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    バーバルコミュニケーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーバルコミュニケーションとは、言語によるコミュニケーションのこと。会話や文字によるコミュニケーションをバーバルコミュニケーションと呼び、ジェスチャー、態度、表情、声の大きさやテンポなど言語によらないコミュニケーションをノンバーバルコミュニケーションと呼ぶ。

    解説

  • 2

    バイアス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バイアスとは、偏見、偏りといった意味合いの言葉。例えば、ある調査を行った際に、様々な要因により調査結果に偏りが出ることがある。

    解説

  • 3

    バックキャスティング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バックキャスティングとは、将来の予測と目標を設定する方法の一つで、長期目標を想定し、その長期目標から現在に引き戻した上で、長期目標に達するための行動計画を設定するという考え方。

    解説

  • 4

    パラダイム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パラダイムとは、ある時代の認識の枠組みや支配的な考え方のこと。パラダイムシフトとは、あるモノ等に対するパラダイム(認識や考え方)が大きく変化する局面のこと。パラダイムチェンジとも言う。

    解説

  • 5

    ヒューマンスキル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒューマンスキルとは、組織として行動するにあたって、他人と円滑に協同して職務を行うことのできる対人関係能力のこと。

    解説

  • 6

    ヒューリスティックス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒューリスティックスとは、心理学の用語の一つとされ、直感や発見といった特定の手続きを踏まずに行われる問題解決方法のこと。人は、問題を解決する場合や意思決定を行う際に、暗黙のうちに簡便な手法によりその答えを導いている。

    解説

  • 7

    フェアネスオピニオン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェアネスオピニオンとは、公平な第三者の意見のこと。資産や負債の評価、M&Aにおける企業価値評価など重要な企業経営上の意思決定を行う際に、フェアネスオピニオンを取得することが多い。

    解説

  • 8

    フォーマル組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォーマル組織とは、組織の規則等によって定められた組織のこと。インフォーマル組織の対義語。公式組織とも訳される。フォーマル組織は、いわゆる組織図などで定義づけられ、権限や責任、階級、指揮・命令系統などが公式に定められる。

    解説

  • 9

    フォアキャスティング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォアキャスティングとは、将来の予測と目標設定の方法の一つで、過去の実績に基づいて、短期目標を設定し、積み重ねた結果としての将来を予測するもの。

    解説

  • 10

    フリーアドレス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フリーアドレスとは、社員が個々に決まった席を持たないオフィスのスタイルをいう。個々の社員は、必要に応じて空いている席に座り、ノートPCなどを用いて仕事を行う。

    解説

  • 11

    プライシング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プライシングとは、商品やサービスの価格設定を行うこと。幅広い意味合いで使用され、例えばローン等の金利水準を決定することもプライシングと呼ばれることがある。

    解説

  • 12

    マインドマップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マインドマップとは、英国のトニー・ブザン氏が提唱した図解表現の技法である。通常の論理思考的図解は、線形的思考が多いという特徴に対して、マインドマップでは非線形で考え、描くことを大切にしている。

    解説

  • 13

    メラビアンの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが1971年に提唱した法則で、感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、表情や態度などの視覚情報で55%、声の大きさや話のテンポなどの聴覚情報で38%、話の内容などの言語情報で7%という割合で影響を受けるとするもの。

    解説

  • 14

    モバイルワーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モバイルワークとは、オフィス以外で行う仕事の総称。テレワークより広い意味で使われることが多く、移動中の携帯電話による会議出席、出張先のホテルでの作業なども含まれる。

    解説

  • 15

    ラーニングカーブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラーニングカーブとは、経験曲線の英称。経験曲線とは、ボストンコンサルティンググループが提唱した考え方で、経験曲線や学習曲線、習熟曲線とも呼ばれる。

    解説

  • 16

    ラディカルイノベーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラディカルイノベーションとは、従来の技術を連続性のない革新的な非連続的な技術革新をいう。従来の価値観を覆すほどの革新のこと。

    解説

  • 17

    リニューアル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リニューアルとは、店舗などを改装すること。

    解説

  • 18

    レガシーコスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レガシーコストとは、過去の負の遺産として発生するコストのこと。レガシーシステムから発生するコストのこと。

    解説

  • 19

    レガシーシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レガシーシステムとは、過去の負の遺産として存在する制度や仕組みのこと。年功序列型賃金体系やデフレ下におけるベースアップなどがその典型例。

    解説

  • 20

    ロールモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロールモデルとは、自身の行動の規範となる(お手本となる)存在のこと。人は誰でも、ロールモデルを選び、その影響を受けている。

    解説

56717

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ