zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語20

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • サブコン

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    サブコン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サブコンとは、下請のこと。都市開発や大規模マンション開発などにおいて、すべての建築・土木工事を統括する元請業者をゼネコンと呼び、その配下で技術力や専門性に応じて個別のタスクを担う下請業者をサブコンと呼ぶ。

    解説

  • 2

    シェアホルダー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シェアホルダーとは、株主のこと。株券もしくは株式のことをストック(Stock)と呼ぶが、「株券」の意味合いが強く、議決権を行使する者としての意味合いを含蓄する「シェアホルダー」という言葉を使うのが一般的。

    解説

  • 3

    スクリーニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スクリーニングとは、多数の対象をふるいにかけ、一定の条件にあてはまる対象を抽出すること。株式投資などにおいて、銘柄を選別する場合や標本数を絞った調査を行う場合など、様々なケースで使用される用語である。

    解説

  • 4

    ステークホルダー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ステークホルダーとは、企業の利害関係者のこと。企業の利害関係者には株主(シェアホルダー)のみならず、金融機関、従業員、顧客、官公庁等規制機関、地域住民などがいる。企業が事業活動を行う際、配慮すべき関係者の総称。

    解説

  • 5

    ステータスクオー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ステータスクオーとは、現状、現状維持のこと。

    解説

  • 6

    ゼネコン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゼネコンとは、元請のこと。都市開発や大規模マンション開発などにおいて、すべての建築・土木工事を統括する元請業者をゼネコンと呼び、その配下で技術力や専門性に応じて個別のタスクを担う下請業者をサブコンと呼ぶ。

    解説

  • 7

    ダウンサイジング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダウンサイジングとは、機器等の小型化により、運用コスト等を低減すること、あるいは、組織等を小型化し、効率化すること。または、小型化技術の進展により、従来と同サイズで、従来品より高機能な製品を生産すること。

    解説

  • 8

    チェーンストアオペレーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • チェーンストアオペレーションとは、小売業や外食業などが多店舗展開する際の、チェーン本部主導によって標準化された店舗運営システムのこと。

    解説

  • 9

    テクニカルスキル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テクニカルスキルとは、何らかの業務を遂行するにあたって必要な知識や技能のこと。具体的には、語学力、ITスキル、法務などの知識などが挙げられる。

    解説

  • 10

    テレワーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テレワークとは、オフィスへの出社をせずに労働する労働形態の総称。週に数回は出社する随時テレワーク、ほぼ全ての労働時間をオフィス以外(自宅等)で過ごす常時テレワークなど、その労働形態や雇用形態には様々なものがある。

    解説

  • 11

    デジュリスタンダード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デジュリスタンダードとは、公的機関等が設定した標準規格のこと。国際標準化機構(ISO)や日本工業規格(JIS)などが認証した規格。これに対し、事実上のスタンダードとなっている規格をデファクトスタンダードと呼ぶ。

    解説

  • 12

    デスバレー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デスバレーとは、最先端のイノベーションが事業化・製品化を前に頓挫する現象、または頓挫の要因となる事象のこと。

    解説

  • 13

    デファクトスタンダード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デファクトスタンダードとは、事実上の標準規格のこと。

    解説

  • 14

    トゥービー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トゥービーとは、「将来像」という意味合いで使用される言葉。アズイズ(As Is)とトゥービー(To Be)を併用して、現状と将来像を対比するような使い方をする。

    解説

  • 15

    トレードオフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トレードオフとは、「こちらを立てれば、あちらが立たない。あちらを立てれば、こちらが立たない」競合関係のこと。例えば、売上と利益率(粗利率)の関係で、売上を増やそうとする場合、利益率を下げなければならない、利益率を上げようとすると、売上が減少するという関係など。

    解説

  • 16

    ナレッジマネジメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ナレッジマネジメントとは、個々の従業員が有する知識や経験を共有し、組織全体としての業務の効率性向上やより高い業績目標の達成を目指す考え方。知識や経験を共有する仕組みとして、社内データベースなどを用いることが一般的。

    解説

  • 17

    ノンテリトリアルオフィス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノンテリトリアルオフィスとは、オフィスの机、設備などを個人ごとに割り当てず、複数の従業員で共同使用とする形態のオフィス。もともとは、個室を割りあてる米国式のオフィスで、組織内のコミュニケーションや情報共有を促進するために提唱された。

    解説

  • 18

    ノンバーバルコミュニケーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ノンバーバルコミュニケーションとは、言語によらないコミュニケーションのこと。会話や文字によるコミュニケーションをバーバルコミュニケーションと呼び、ジェスチャー、態度、表情など言語によらないコミュニケーションをノンバーバルコミュニケーションと呼ぶ。

    解説

  • 19

    バーゲニングパワー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーゲニングパワーとは、「交渉力」と訳されることもあるが、それに尽きない。企業間での価格・条件等を有利に進めるために必要不可欠なものであるが、それ以上に市場での優位性及び信用力が測られる。

    解説

  • 20

    バーター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーターとは、物々交換(金銭を伴わない取引)のこと。何らかの取引の交換条件という意味で使われることも多い。

    解説

56617

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ