zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語24

カード 24枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • アグリビジネス

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    アグリビジネス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アグリビジネスとは、農業や農業関連産業を意味する言葉。農業機械産業から食品加工業まで農業に関わる幅広いビジネスを意味する。

    解説

  • 2

    アズイズ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アズイズとは、「現状」という意味合いで使用される言葉。アズイズ(As Is)とトゥービー(To Be)を併用して、現状と将来像を対比するような使い方をする。

    解説

  • 3

    イノベーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イノベーションとは、新製品の開発、新しい生産方法の開発、新しい市場の開発、新組織の構築、新たな原材料等の開発という5つの新たな技術発展の局面の総称。技術革新と訳されることが多い。

    解説

  • 4

    インクリメンタルイノベーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インクリメンタルイノベーションとは、今ある技術を改良し、その積み重ねで、漸進的に進歩する技術革新のこと。いわゆるマイナーチェンジの積み重ねのこと。

    解説

  • 5

    インフォーマル組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インフォーマル組織とは、組織図などで定義されない人間関係の中でうまれる組織(集団)のこと。非公式組織と訳される。

    解説

  • 6

    インフラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インフラとは、基盤を意味するインフラストラクチャーの略語で、一般にインフラといった場合には、道路や港湾、鉄道などといった一般の社会経済基盤のことを指す。

    解説

  • 7

    エスノグラフィ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エスノグラフィとは、民族誌といった意味合いで訳される言葉だが、特に文化や習慣による行動様式を調査する分析・学問のことを指して使われることが多い。人類学から分化した学問。

    解説

  • 8

    カニバリゼーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カニバリゼーションとは、企業が新製品を市場投入した場合などに、同じ製品ドメインに属するその企業の旧世代の製品や代替的な機能を有する製品の需要がその新製品に奪われてしまうこと。

    解説

  • 9

    カバーレター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カバーレターとは、何らかの書類等を送付する際に添付(同封)する挨拶状のこと。

    解説

  • 10

    カルチュラルインテリジェンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カルチュラルインテリジェンスとは、国際的にビジネスを展開する際、グローバルマネージャに必要不可欠な能力のひとつ。異なる文化圏で新たなビジネスを展開する際、その文化圏独自の習慣などを理解し、適応する必要がある。そのような状況下において、心理学に基づくマネージメントを顕在化したもの。

    解説

  • 11

    キャスティングボート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャスティングボートとは、本来多数決が拮抗した場合に議長が最後に投じる一票のことを指すが、現在では専ら、重要な意思決定権限、という意味を持つ。

    解説

  • 12

    キラーコンテンツ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キラーコンテンツとは、特定のサービスなどを大きく普及させるきっかけとなる特に人気の高いサービスや情報のこと。「キラー」のつく言葉(キラーソフトなど)が同様の意味で利用される。

    解説

  • 13

    クリティカルシンキング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリティカルシンキングとは、物事を客観的・論理的に捉え、構造的に思考を進めること。物事の因果関係を構造的に捉え、論理を構造化し、他人にわかりやすく説明する能力のこと。

    解説

  • 14

    クリティカルマス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クリティカルマスとは、生産活動や販売活動を行う際、ある一定の生産量や販売量を超えると急激に収益性が高まったり、市場の認知度が高まったりするような場合において、その生産量は販売量をクリティカルマスと言う。

    解説

  • 15

    クレデンシャル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クレデンシャルとは、コンサルティング会社などで営業のときに用いる過去の実績履歴のことを指す。金融商品の収益実績の履歴を意味するトラックレコードとは区別して用いられる。

    解説

  • 16

    ケイパビリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ケイパビリティとは、能力、才能といった意味合いの言葉。個人の能力を指すことや、ITケイパビリティ(IT活用能力)といった使い方をされたり、「企業が持つ強み・能力」といった意味で使用される。

    解説

  • 17

    コーポレートアメリカ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コーポレートアメリカとは、「日本株式会社」のように官民一体で産業育成・保護・発展に取り組むさまを米国についていうことば。

    解説

  • 18

    コンセプチュアルスキル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンセプチュアルスキルとは、物事や課題を概念化し、本質を捉える能力のこと。洞察力、創造力、状況判断能力、問題解決能力などがコンセプチュアル能力とされる。企業の管理経営者層に特に求められる能力である。

    解説

  • 19

    コンテクスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンテクストとは、「文脈」という意味あいの言葉で、文章などの前後関係や背景のこと。同じ言葉でも、その言葉を発している状況や相手、話の前後関係で意味合いが全く変わってくることがある。このような言葉のニュアンスを変化させる「文脈」をコンテクストと呼ぶ。

    解説

  • 20

    サイトインスペクション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サイトインスペクションとは、いわゆる現地調査のこと。不動産の現地調査の意味で使用されることが多いが、特にこれに限定せず、現地調査全般をサイトインスペクションと呼ぶこともある。

    解説

  • 21

    坊主丸儲け

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 坊主丸儲けとは、寺のお坊さんは、お経をあげるだけで資本や経費も掛からずにお布施という利が得られることから、手元が無くても儲けられたことのたとえのこと。類語に、百姓百層倍などがある。

    解説

  • 22

    問題解決順序法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問題解決順序法とは、文章の構成方法の一つで、問題を解決するために、問題提起、原因分析、解決策の検討・評価の順で文章を展開する手法。

    解説

  • 23

    労して功なし

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労して功なしとは、色々と苦労や手間をかけていたものの、なんの利益も得られないことのたとえ。類語に、骨折り損のくたびれ儲け、などがある。

    解説

  • 24

    論理的順序法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 論理的順序法とは、文章の構成方法の一つで、書き手の持つ価値観や知識などをもとにして、論理的に文章を展開していく手法。

    解説

56958

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ