zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語19

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • 倫理規程

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    倫理規程

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社は元来営利目的のための組織であるものの、その規模が大きくなればなるほど社会的影響力も大きく、反社会的反倫理的な行動判断をすることによって社会的に与える悪影響は計り知れない。倫理規程とは、これを未然に防ぎ、かつ、社会的市民として地域社会等からも尊敬されるべく、社内的な倫理上のルールと規範をまとめたものをいう。

    解説

  • 2

    1次データ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1次データとは、何らかの目的のために行われた調査等で入手されたデータのこと。既に何らかの目的で収集されたデータを意味する2次データという言葉の対義語。

    解説

  • 3

    2007年問題

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2007年問題とは、団塊の世代(1947年から1949年生まれ)と呼ばれる高度成長期を支えたベビーブーム世代の人材が2007年より順次定年を迎えることにより発生が危惧される、退職金の一時かつ多額の発生による経営難や製造業における技術伝承の断絶などの諸問題のこと。

    解説

  • 4

    2次データ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2次データとは、既に何らかの目的で収集されたデータのこと。データ分析を行うにあたっては、既存の何らかのデータを活用するか、ある目的のために何らかの調査等を行い改めてデータを収集するかいずれかのアプローチをとることになる。

    解説

  • 5

    3Vの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3Vの法則とは、メラビアンの法則の別称。メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが1971年に提唱した法則で、感情や態度について矛盾したメッセージが発せられたときの人の受けとめ方について、表情や態度などの視覚情報で55%、声の大きさや話のテンポなどの聴覚情報で38%、話の内容などの言語情報で7%という割合で影響を受けるとするもの。

    解説

  • 6

    5W2H

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5W2Hとは、ビジネス上の報告などの文書作成、あるいは改善活動を行う時に必要となる必要とされる視点で、5W1Hのバリエーション。5W2Hでは、5W1Hに加えて、「How much(いくらで)」を加えてもの。

    解説

  • 7

    6W1H

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 6W1Hとは、ビジネス上の報告などの文書作成、あるいは改善活動を行う時に必要となる必要とされる視点で、5W1Hのバリエーション。5W1Hに加えて、「Whom(誰に対して、誰とともに)」を加えてもの。

    解説

  • 8

    BCG

    補足(例文と訳など)

    答え

    • BCGとは、Boston Consulting Groupの略称。外資系戦略コンサルティングファームのボストンコンサルティンググループの略称。コンサルティングファームながらに、経営理論の開発に優れており、経験曲線やPPMなどが特に有名。

    解説

  • 9

    CRE

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CREとは、[Corporate Real Estate]の略称で、企業の保有する不動産資産をいう。自社保有の不動産に限らず、賃貸している不動産など、事業に使用している不動産全てを含む。企業の不動産について、企業価値向上の観点から最適化を図ることをCRE戦略と呼ぶ。

    解説

  • 10

    F.Y.I.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • F.Y.I.とは、[For Your Information]の略で、「ご参考までに」といった意味合いの言葉。

    解説

  • 11

    FAQ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • FAQとは、[Frequently Asked Question]の略で、よくされる質問のこと。マニュアルなどに、FAQとして記載されることが多い。

    解説

  • 12

    LOI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LOIとは、関心表明書とも訳され、特定のプロジェクトや案件に対し、検討を実施することを約する契約書のこと。主要な条件について大筋の合意に達した時点など交渉の大きな節目において締結されるのが一般的。

    解説

  • 13

    PNR

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PNRとは、[Point of No Return]の略称で、後戻りできなくなるタイミングのこと。帰還不能点などと訳される。

    解説

  • 14

    R&D

    補足(例文と訳など)

    答え

    • R&Dとはリサーチ&ディベロップメント(Research and Development)の略称で、いわゆる研究開発活動のこと。基礎的研究、応用開発、製品開発など広範な研究開発活動の全般が含まれる。

    解説

  • 15

    TBA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • TBAとは、「現在未決定だが、将来決定する」という意味合いの言葉。TBDとほぼ同義だが、TBAと言う場合、特に人のアサイン(配置)に限定して使用されるケースが多い。

    解説

  • 16

    TBD

    補足(例文と訳など)

    答え

    • TBDとは、「現在未決定だが、将来決定する」という意味合いの言葉。例えば、プロジェクトチームを組成する際に、プロジェクトリーダーは個人名で決まっているが、そのスタッフは人数のみしか決まっていない場合、プロジェクトチーム図にTBDという言葉が入ったりする。

    解説

  • 17

    VAR

    補足(例文と訳など)

    答え

    • VARとは、Value Added Reseller(付加価値再販売業務、付加価値再販業者)の略称。VAR契約と言う場合、上記のVAR(付加価値再販売)を行うことを約する契約のこと。基礎となるソフトウェアをベースに更に顧客のニーズに沿った開発を行った上で販売するといった契約がVAR契約に該当する。

    解説

  • 18

    V字回復

    補足(例文と訳など)

    答え

    • V字回復とは、企業収益が中長期的に下降線をたどっていたものが、急激に上昇基調に転じること。

    解説

  • 19

    YoY

    補足(例文と訳など)

    答え

    • YoYとは、「年度ごとの~(Year On Year)」の訳でデータを閲覧する際、頻繁に使われる表現。

    解説

  • 20

    おみこし型経営

    補足(例文と訳など)

    答え

    • おみこし型経営とは、おみこし(御神輿)にのったトップをミドル層の社員が支えながら経営を行っていく日本型の集団経営を指す言葉。強いリーダーシップを発揮できるトップがいない、責任の所在が不明確、みこしを担ぐミドル層は経営全般を見渡しているわけではない、などの日本的経営の問題点を意味して使用されることが多い。

    解説

56995

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ