zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語18

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • 環境会計

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    環境会計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境会計とは、企業の環境保全対策のコストおよび効果を定量的に把握公表するための仕組みのこと。環境会計とは、企業の環境保全対策のコストおよび効果を定量的に把握公表するための仕組みのこと。

    解説

  • 2

    環境格付け

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境格付けとは、外部環境会計や環境報告書などの情報から、企業以外の第三者がある一定基準に基づいて企業をランク付けすること。

    解説

  • 3

    環境監査

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境監査とは、「企業の環境に影響のある活動にかかる経営管理を促進する」「企業の環境方針の遵守状況を評価する」ことを目的に、環境保全に係る組織、管理システム及び手続きの状況を、系統的に文書化し、定期的にまた客観的に評価すること。

    解説

  • 4

    環境省ガイドライン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境省ガイドラインとは、環境省が示した環境コストの把握および分析方法に関するガイドラインのこと。

    解説

  • 5

    環境税

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境税とは、環境汚染の削減を目的とした税の総称。ガソリンや石炭、電気、ガスなどのエネルギーが課税対象となり、二酸化炭素の排出量や化石燃料の消費量に応じて、税を負担するのが基本的な考え方。

    解説

  • 6

    環境損失

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境損失とは、環境汚染に伴って発生する賠償金やペナルティーのような事後的な補償費用のこと。

    解説

  • 7

    環境配慮契約法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境配慮契約法とは、国などの機関が商品やサービスに関する契約を締結する際、環境負荷の低減(主に温室効果ガスの排出削減)に配慮した決定を行うよう義務づける法律。通称は、グリーン購入法。

    解説

  • 8

    環境負荷

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境負荷とは、人間活動によって与えられた自然環境に対してネガティブな変化、と一般的に定義される。具体的には、エネルギー消費土地利用水利用大気への放出水質汚染固形廃棄物交通騒音などがある。

    解説

  • 9

    環境負債

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境負債とは、過去の環境汚染に伴って発生した被害に関連する将来的な支出のこと。土壌汚染や水質汚染がこれに関連する。

    解説

  • 10

    環境報告書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境報告書とは、一般に企業が自社の1年間の環境活動や発生させた環境負荷などについて、そのステイクホルダーである投資家、消費者、地域住民などに対して公表する年次報告書のことを言う。

    解説

  • 11

    京都議定書

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 京都議定書とは、1997年12月に京都で開催された気候変動枠組条約第3回締約国会議(COP3、京都会議)において採択され、先進国及び市場経済移行国の温室効果ガス排出の削減目的を定めた議定書である。

    解説

  • 12

    健康会計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 健康会計とは、経産省が検討中の新しい会計システム、あるいは、会計項目で、メタボリックシンドローム予防、医療費の抑制効果を狙っている。

    解説

  • 13

    社会的コスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社会的コストとは、公害や自然破壊など、環境悪化に伴って、発生源者以外が負担させられることになる損失のこと。

    解説

  • 14

    随意契約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 随意契約とは、主として国や地方公共団体などが、競争入札を行わず、特定の業者と契約を締結すること。企業においても、特定の購買先を予め決めておき、必要に応じて随意に発注する契約を随意契約と呼ぶ。

    解説

  • 15

    説明責任(アカウンタビリティ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 説明責任(アカウンタビリティ)とは、個人や組織が影響を与えたと思しき特定の事象や結果に関し、その原因となる意思決定行為(もしくはそれらを行わなかったこと)について合理的に説明を行う責任を指す。

    解説

  • 16

    特定非営利活動促進法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定非営利活動促進法とは、一般にNPO法と呼ばれる。NPOとは、非営利非政府の民間組織のこと。利益獲得を目的とせず公共の利益を図る目的で、主に企業や個人からの寄付により運営される法人のこと。NPO法(特定非営利活動促進法)によって法人格を認められる法人。

    解説

  • 17

    内部環境会計

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内部環境会計とは、企業や自治体内部において、組織の管理や環境配慮行動への意思決定に用いられる環境会計。環境コストに対する費用対効果が重要視され、投資による環境保全効果が大きい場合、環境配慮行動の妥当性に説得力をもたせることができる。

    解説

  • 18

    燃油サーチャージ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 燃油サーチャージとは、燃料価格の上昇下落によるコストの増減分を別建て運賃として設定する制度。正式には、「燃油特別付加運賃」という。トラック運送事業者、旅行業者などで、燃料費以外の運賃と燃料サーチャージの二本立て運賃体系の場合がある。

    解説

  • 19

    燃料サーチャージ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 燃料サーチャージとは、燃料価格の上昇下落によるコストの増減分を別建て運賃として設定する制度。トラック運送事業者、旅行業者などで、燃料費以外の運賃と燃料サーチャージの二本立て運賃体系の場合がある。

    解説

  • 20

    排出権取引

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 排出権取引とは、温暖化ガスの削減を国や企業などの経済主体に課し、削減目標を上回った分を他の経済主体に売却する取引のこと。売却できる排出権を「ホットエアー」とも呼ぶ。

    解説

56744

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ