zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語17

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • グリーン調達

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    グリーン調達

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グリーン調達とは、企業が環境に配慮した製品を優先的に購入することをいう。グリーン購入と同義に使われることもあるが主として民間企業の調達基準の中に加味されて使われることが多い。

    解説

  • 2

    コードオブエシックス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社は元来営利目的のための組織であるものの、その規模が大きくなればなるほど社会的影響力も大きく、反社会的反倫理的な行動判断をすることによって社会的に与える悪影響は計り知れない。コードオブエシックスとは、これを未然に防ぎ、かつ、社会的市民として地域社会等からも尊敬されるべく、社内的な倫理上のルールと規範をまとめたものをいう。

    解説

  • 3

    コーポレート・シチズン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コーポレート・シチズンとは、「企業市民」と訳され、企業人であると同時に、企業市民として社会に貢献すること。また、このような考え方、取り組みをコーポレート・シチズンシップと呼ぶ。

    解説

  • 4

    コンソーシアム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンソーシアムとは、共同体、共同事業体のこと。特定の目的のために複数の企業等が集まって形成される。

    解説

  • 5

    コンプライアンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンプライアンスとは、何かの規則を遵守し従うことを意味する。わが国では特に法令遵守のことを指す場合が多い。

    解説

  • 6

    サスティナビリティレポート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サスティナビリティレポートとは、環境面、社会面から、地球的規模での持続可能な発展への企業貢献度を報告するレポート。

    解説

  • 7

    スーパーファンド法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スーパーファンド法とは、米国の環境法規の1つで、過去の土壌汚染に関わる広範囲の関係者に、対策修復コストの負担を求める法律。

    解説

  • 8

    ゼロエミッション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゼロエミッションとは、物質を廃棄することをいっさいやめ、廃棄する物質を、むしろ生産の資源として活用しようという考え方。エミッション(emission)とは、“放出”などの意味がある。

    解説

  • 9

    タイムリーディスクロージャー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タイムリーディスクロージャーとは、企業等が何らかの重要な活動を実施することを決定した、あるいは何らかの重要な事象が生じた際に適宜行われる情報開示(ディスクロージャー)のこと。証券取引所の定めに基づいて行われる適時開示が代表例。

    解説

  • 10

    ディスクロージャー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ディスクロージャーとは、情報開示のこと。特に企業が株主や債権者、取引先などの利害関係者に向けて、開示する財務情報をはじめとする各種情報のことを指すことが多い。

    解説

  • 11

    トータルコストアセスメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トータルコストアセスメントとは、内部環境会計の代表例の1つであり、主として資本投資を評価する手法で、従来の意思決定からコストの範囲と時間軸を拡張することによって、より広範で将来的な費用と便益も視野に入れた評価が可能となるとするもの。

    解説

  • 12

    トリプルボトムライン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トリプルボトムラインとは、企業活動を経済面のみならず社会面及び環境面からも評価しようとする考え方。CSR(企業の社会的責任)の代表的な提示法のひとつと言える。

    解説

  • 13

    トレーサビリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トレーサビリティとは、追跡可能性のこと。製品や商品の品質の信頼性確保、及び、万が一問題が発生した場合の早期原因究明の目的で、サプライチェーンの情報を逐一記録し、遡ることができる体制を築いておくこと。

    解説

  • 14

    フィランソロピー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィランソロピーとは、慈善活動の訳。身を挺して社会に無償労力提供を行うボランティアの上位概念。最近では企業の社会的な貢献活動、福祉活動のことを指す。

    解説

  • 15

    ボランタリーディスクロージャー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボランタリーディスクロージャーとは、企業が独自の判断で任意に行う情報開示(ディスクロージャー)のこと。会社法や金融商品取引法に基づく法定開示、証券取引所等の規定に基づく開示と区別してこう呼ぶ。

    解説

  • 16

    メガコンペティション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メガコンペティションとは、国境を越えて地球規模で行われる競争状態のこと。自由主義経済の拡大、ITの普及により、経済のボーダーレス化が進み、あらゆる業種で国籍を問わない競争が展開されている。

    解説

  • 17

    メセナ活動

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メセナ活動とは、企業が行う文化活動あるいは文化支援活動のこと。具体的な活動としては、各種イベントを主催する、財団を設立して文化や学術への助成を行なうなど。ローマ帝国時代、文化や芸術を擁護した大臣の名前が語源。

    解説

  • 18

    環境コミュニケーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境コミュニケーションとは、企業の環境問題への取り組みおよびその結果を対外的に公表すること。

    解説

  • 19

    環境マネジメントシステム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境マネジメントシステムとは、環境に関する組織の方針を定め、それを実行するためのシステムのこと。継続的な環境パフォーマンスの向上を目指すための仕組み。環境マネジメントシステムに関する国際規格がISO14001、ISO14004である。

    解説

  • 20

    環境リスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境リスクとは、環境汚染を伴う人的行為が生態系や人々の健康に悪影響を及ぼすリスク、または環境汚染などによって損害賠償を求められるといった金銭的リスクのこと。

    解説

56900

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ