zuknow learn together

新しい教材を作成

会社法_株式1

カード 14枚 作成者: kaz510 (作成日: 2016/02/22)

  • 会社成立後に、107条1項1号の譲渡制限株式とする手続きは?また株主買取請求権は与えられる?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    会社成立後に、107条1項1号の譲渡制限株式とする手続きは?また株主買取請求権は与えられる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会の特殊決議によって、定款変更決議をする必要有。(107条2項1号,466条,309条3項1号) 株式譲渡自由の原則(127条)の変更は、 株主に大きな利害関係があるため特殊決議が必要。 また重大な変更であるため、株主買取請求権が与えられる。(116条1項1号)

    解説

  • 2

    会社成立後に、107条1項2号の取得請求権付株式とする手続きは? また、株主買取請求権は与えられる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会の特別決議で、定款変更をする必要有。(107条2項2号,466条,309条2項11号) 株主買取請求権は与えられない

    解説

  • 3

    会社成立後に、107条1項3号の取得条項付株式とする手続きは? 株主買取請求権は与えられる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主全員の同意により、定款を変更する必要が有(107条2項2号,466条,110条) 株主の地位をその意に反して奪う結果になる可能性があるから、もっとも厳格な手続きとなる 株主買取請求権は、全員の同意という厳格な手続きがあるから与えられない。 

    解説

  • 4

    株券不発行会社における株式の譲渡方法は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 当事者の意思表示のみで譲渡可能。

    解説

  • 5

    株券発行会社における株式の譲渡方法は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ・当事者の売買契約の合意(意思表示)  及び ・株券の交付 が必要 (128条1項) ※株券の交付がなければ、譲渡は無効

    解説

  • 6

    株券の意義は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式を表章する有価証券をいう

    解説

  • 7

    株券の機能は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 【株式の流通性を高め、株主の投下資本回収の手段を保証するための制度】 株式譲渡自由の原則(127条)を実効的なものとして、株主の投下資本回収の手段を保証するためには、株式の流通性を高める必要がある。

    解説

  • 8

    131条1項 株券の占有者は一応適法な権利者と ○○される 株券の●●●●的効力 株主の権利を行使するために、株券の占有者は、株券を取得した事実を証明する必要ある?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 推定される。 株券の資格授与的効力 証明する必要なし。 ただし、会社はその者の無権利を立証すれば、その権利行使を拒める

    解説

  • 9

    種類株式の趣旨は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資金調達の便宜のため (多様な出資を可能とするため)

    解説

  • 10

    振替法の適用を受ける会社の株式の譲渡方法は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 当事者間の意思表示の他、口座簿への記載が必要(振替法140条)

    解説

  • 11

    振替株式の機能は?(趣旨は?)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 振替株式は迅速な決済を可能とし、 株券以上に株式の流通性を高める制度。 (株券と同様に、127条の株式譲渡中の原則の実効性を確保するための制度)

    解説

  • 12

    株券の資格授与的効力と会社の免責とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株券の占有者は適法な所持人と推定されるから(131条1項)、会社は、名義書換請求権者が無権利者であることにつき悪意・重過失がないかぎり無権利者の請求に応じる結果になっても責任を負わないと解する。 ここにいう悪意・無重過失とは無権利者であることを立証できるにも関わらず、悪意または無重過失によってそれを怠ることである

    解説

  • 13

    善意取得の意義は? また趣旨は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無権利者からの株券の譲渡人が善意無重過失であれば株式を原始取得できるという制度であり、【取引安全】のための制度。(131条2項)

    解説

  • 14

    ・株式名簿の名義書換制度(130条) ・株券不所持制度(217条) ・株券失効制度(221条以下) はなぜ設けられているか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式の【静的安全の保護】を図るため 株券という有価証券の利用(214条) 善意取得の制度(131条2項)等で流通性確保のための動的安全保護制度があるために、真実の株主が善意取得の成立により権利を失う危険性も増大するので、他方で静的安全保護の制度も設けた  

    解説

56724

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ