zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語16

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • IR

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    IR

    補足(例文と訳など)

    答え

    • IRとは、企業の投資家向け広報活動を指し、「投資家向け広報活動」と訳される。一般的な広報をPR(パブリックリレーションズ)と呼ぶが、この「パブリック=公衆、社会」を「インベスター=投資家」に置き換えたもの。

    解説

  • 2

    LCA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • LCAとは、ライフサイクルアセスメントの略称。ライフサイクルアセスメントとは、製品の一生、すなわち資源採取から製品の製造、流通、使用、リサイクル、廃棄までの全過程での環境負荷を定量的客観的に評価する手法のこと。

    解説

  • 3

    NPO

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NPOとは、非営利非政府の民間組織のこと。利益獲得を目的とせず公共の利益を図る目的で、主に企業や個人からの寄付により運営される法人のこと。NPO法(特定非営利活動促進法)によって法人格を認められる法人。

    解説

  • 4

    PSEマーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PSEマークとは、電気用品で安全性基準に適合したものに付けられるマーク。電気製品の製造・輸入業者は、電気用品安全法により電気用品による危険及び障害の発生を防止するため、適合性検査等が課せられている。これらの基準に適合したものについては、PSEマークをつけて販売することを義務付けられている。

    解説

  • 5

    REACH規則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • REACH規則とは、欧州の化学品規制法で、既存・新規を問わずすべての化学物質をEUで販売等をする場合に製造者、輸入者に登録を義務づけるもの。欧州の化学業界の競争力の強化することを目的としている。

    解説

  • 6

    RoHS指令

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RoHS指令とは2003年にEU調停委員会で採択された指令で、廃家電・電子機器指令(WEEE指令)を補完する。家電・電子機器に含まれる特定の有害物質の使用制限、環境・健康に及ぼす危険を最小化を目的としている。

    解説

  • 7

    WEEE指令

    補足(例文と訳など)

    答え

    • WEEE指令とは2003年にEU調停委員会で採択された指令。補完するものとして、RoHS指令がある。EU諸国で、廃家電・電子機器について再利用、リサイクル及びリカバリーの推進、処理に製造者等を参加させること、製品の環境パフォーマンスの向上を目標としている。

    解説

  • 8

    アカウンタビリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アカウンタビリティとは、説明責任の英称。説明責任(アカウンタビリティ)とは、個人や組織が影響を与えたと思しき特定の事象や結果に関し、その原因となる意思決定行為(もしくはそれらを行わなかったこと)について合理的に説明を行う責任を指す。

    解説

  • 9

    エコカー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エコカーとは、ガソリンエンジンと電気モーターを併用するハイブリッド自動車や直噴エンジン搭載車、電気自動車など、温暖化ガスの原因となる二酸化炭素や窒素酸化物など有害物質の排出量を削減した、環境を配慮した自動車の総称。

    解説

  • 10

    エコステーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エコステーションとは、ガソリンスタンド、LPGスタンドにエコカーなどの低公害車用の燃料補給装置を設置した施設。電気自動車用の充電器、天然ガス自動車とメタノール自動車用の充填器等を備えている。

    解説

  • 11

    エコプロダクト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エコプロダクトとは、環境に対する負荷の少ない商品の総称。自然食品や無添加化粧品といった自然素材の商品、製造プロセス等における環境負荷の低い商品などがこれにあたる。

    解説

  • 12

    エコポイント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エコポイントとは、消費者の環境配慮型の消費行動に対してポイントを付与し、もって環境保護へのインセンティブとしようとするポイント制度及びそのポイント。環境配慮型の商品の購入やマイバッグの持参などの環境配慮型の行動に対して、ポイントを付与する仕組み。

    解説

  • 13

    エコマーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エコマークとは、環境への負荷が少ない、あるいは環境の改善に役立つ製品を示すマークのことで、ISO14024に準じて1990年にスタートした。

    解説

  • 14

    エコマテリアル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エコマテリアルとは、環境への悪影響が少ない材料の総称で、製造時のエネルギーが少なく、二酸化炭素などの排出量が少ない、リサイクルが容易、寿命が長い、自然分解するなどの機能を備えている。

    解説

  • 15

    エコラベリング制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エコラベリング制度とは、環境保全に貢献している製品にマークをつけて、消費者に推奨する制度のこと。日本では、1990年にエコマークが始まった。

    解説

  • 16

    エネルギー税

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エネルギー税とは、石油や石炭など二酸化炭素を排出するエネルギーに税金をかけて消費量を抑えようという炭素税や、石油・石炭・天然ガス・原子力などから発生するBUT(英国熱量単位)を基準に、各種のエネルギーから幅広く課税する「新エネルギー税」などの総称。税収の増加と省エネや環境保全といった2方向でのメリットがある。

    解説

  • 17

    カーボンファンド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カーボンファンドとは、温暖化ガス排出削減プロジェクトに資金を投資し、得られた削減量を「排出権」として出資企業に配分する基金のこと。

    解説

  • 18

    グリーン契約法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グリーン契約法とは、国などの機関が商品やサービスに関する契約を締結する際、環境負荷の低減(主に温室効果ガスの排出削減)に配慮した決定を行うよう義務づける法律(環境配慮契約法)の通称。

    解説

  • 19

    グリーン購入

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グリーン購入とは、商品やサービスを購入する際、価格や品質だけでなく、環境への負荷ができるだけ小さいものを優先的に購入することをいう。グリーン購入法上の用語。

    解説

  • 20

    グリーン購入法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • グリーン購入法とは、国が物品を購入する際には環境に配慮されたものを購入しなければならないとするもの。対象となる具体的な購入商品としては、再生紙のノートや低公害車などがある。

    解説

56953

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ