zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語14

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • ALM(Asset Liability Management)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ALM(Asset Liability Management)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ALM(Asset Liability Management)とは、資産負債の総合管理を意味し、主に金融機関において活用されている資産負債のリスク管理方法のことを指す。

    解説

  • 2

    BCP

    補足(例文と訳など)

    答え

    • BCPとは、[Business Continuity Plan]の略称で、事業継続計画と訳される。企業が大きな火災、テロなどの緊急事態に遭遇した場合、損害を最小限にとどめ、事業の継続や早期復旧を可能とするために、平常時の備えとして、事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のこと。

    解説

  • 3

    BIA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • BIAとは、ビジネス影響度分析と訳され、ビジネスに影響する特定の事象の影響度を明らかにすることを目的とした分析のこと。業務が中断する等のリスク要因に対し、どの程度の普及時間がかかり、どの程度の影響が生じるか等を分析するリスク管理手法の一つ。

    解説

  • 4

    EaR

    補足(例文と訳など)

    答え

    • EaRとは、金利や市況などの外部環境が動いた場合に、ある一定期間において一定の確率で起こる期間損益(金利差益)ベースでの予想最大変動額を示すもの。収益のぶれが大きい事業ほどEaRが高くなる。

    解説

  • 5

    ERM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ERMとは、全社的リスク管理と訳され、企業の目的達成を阻害するリスクを把握し、管理していく管理プロセスのこと。様々なリスクを個別で管理するのではなく、リスク相互間の関係を理解し、企業全体でリスクの最適化を図っていくという考え方。

    解説

  • 6

    RCM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • RCMとは、「リスクコントロールマトリックス(Risk Control Matrix)」の略で、業務におけるリスクの所在と、そのリスクを回避するための内部統制方法を整理したもの。

    解説

  • 7

    VaR

    補足(例文と訳など)

    答え

    • VaRとは、一定期間に一定確率で発生する最大損失想定額のこと。市場変動のシナリオを作成し、損益変動シミュレーションを行うことにより最大損失額を推定する方法(モンテカルロシミュレーション法)が使われることが多い。

    解説

  • 8

    アーニングアットリスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アーニングアットリスクとは、金利や市況などの外部環境が動いた場合に、ある一定期間において一定の確率で起こる期間損益(金利差益)ベースでの予想最大変動額を示すもの。EaRと略される。収益のぶれが大きい事業ほどEaRが高くなる。

    解説

  • 9

    アベイラビリティリスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アベイラビリティリスクとは、手持ち資金の減少により、資金決済に問題が発生するリスク。流動性リスクの一つで、資金繰リスクとも呼ばれる。単純に資金決済が不可能となるリスクだけではなく、信用の低下などにより通常より多額の調達コストを払わなければならなくなるリスクも含まれる。

    解説

  • 10

    アンシステマティックリスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンシステマティックリスクとは、システマティックリスクの反意語で、分散投資によって軽減できるリスク、という意味を持つ。個別銘柄の業績動向など、投資対象の個別要因に起因するリスクであり、投資対象を増やせばリスクを小さくすることができる。

    解説

  • 11

    インフレリスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インフレリスクとは、マーケットリスクの一種で、インフレに伴い金利が上がることによって、貨幣の実質的な価値が低減するリスクのことを言う。

    解説

  • 12

    オペレーショナルリスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オペレーショナルリスクとは、通常の業務遂行により発生する損失のリスクの総称。オペリスクと略すこともある。

    解説

  • 13

    カントリーリスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カントリーリスクとは、相手国の政策変更、政治社会経済環境の変化により債務の返済、投融資の回収が不能となるようなリスクのことを言う。海外投資や貿易を行う際のリスクの一つで、投資先の国の政治的・経済的リスクのこと。

    解説

  • 14

    コミュニケーションリスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コミュニケーションリスクとは、情報伝達の不足等によって発生するリスクの総称。情報提供者の提供する情報が不足している、あるいは信用に足りない場合、情報を受け取って何らかの取引を行う側はリスクを抱えることになる。このようなリスクをコミュニケーションリスクと呼ぶ。

    解説

  • 15

    コミングリングリスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コミングリングリスクとは、債権に関するリスクの1つで混在リスク。Comminleは「混合」という意味。もともと債権を保有していた企業が、債権回収額を他の目的に流用してしまうといった状態になり、他の資産と混在が起きることによって資金の流れが把握できなくなること。

    解説

  • 16

    コンティンジェンシープラン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンティンジェンシープランとは、緊急避難措置および計画のこと。不測の事態が起きて、当初想定していた計画や戦略を実行できない場合に、緊急避難的、もしくは、最終手段としてとりうる行動計画、措置をいう。

    解説

  • 17

    コントラリスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コントラリスクとは、売掛債権に関するリスクの1つで、相殺リスク。流動化の対象になっている債権と売掛先が企業に対して所有している債権(買掛金)とが相殺されてしまい売掛債権の額が減少してしまうことをいう。企業が債務不履行に陥った場合で、債務者対抗要件を売掛債権に具備していない場合に発生する。

    解説

  • 18

    サービスリカバリー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サービスリカバリーとは、サービスの失敗に対する対応のこと。顧客のクレームや欠陥の発生などに対し、素早い謝罪、原因調査、保証などを行うことがこれに該当する。

    解説

  • 19

    システムリスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • システムリスクとは、コンピュータシステムの停止、誤作動やコンピュータが不正に使用されること等により損失を被るリスクをいう。

    解説

  • 20

    シナリオプランニング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シナリオプランニングとは、リスクマネジメントの一手法で、潜在的なリスクをシナリオ化することで明らかにし、それらのシナリオに応じた対応策を講じておくとする考え方。

    解説

56674

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ