zuknow learn together

新しい教材を作成

ヨーロッパ世界の形成②

カード 35枚 作成者: Kazuaki Ito (作成日: 2016/02/21)

  • 東ローマ帝国は首都のコンスタンティノープルの旧名にちなんで何とも呼ばれるか

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

教採用

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    東ローマ帝国は首都のコンスタンティノープルの旧名にちなんで何とも呼ばれるか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビザンツ帝国

    解説

  • 2

    6Cに、ビザンツ帝国の最盛期で最大領域であった時の王

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ユスティニアヌス大帝

    解説

  • 3

    ギリシア正教会の総主教に対してビザンツ皇帝が任命権を持っていたように、教会が皇帝の支配下にあったことをなんと呼ぶか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 皇帝教皇主義

    解説

  • 4

    1453年にビザンツ帝国を滅ぼした国家

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オスマン朝

    解説

  • 5

    聖像禁止令を出したビザンツ皇帝

    補足(例文と訳など)

    答え

    • レオン3世

    解説

  • 6

    10Cに、ビザンツ帝国において有力将軍・貴族に領地を与え、軍役奉仕を義務として課した制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロノイア制

    解説

  • 7

    キエフ公国の全盛期の時の王

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウラディミル1世

    解説

  • 8

    7C頃の、ビザンツ帝国において軍団の司令官が各軍管区を統治した制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 軍管区制

    解説

  • 9

    キエフ公国において、モンゴル支配下の「タタールのくびき」と呼ばれる240年間が始まる切っ掛けとなった時、どこの国の支配下になったか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キプチャク=ハン国

    解説

  • 10

    15C、モスクワ大公国の王で、ビザンツ帝国最後の王の姪と結婚した王の名前と、彼はその後どのように自称したか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イヴァン3世 ツァーリ

    解説

  • 11

    南スラブ人の最大勢力であった民族

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セルビア人

    解説

  • 12

    南スラブ人の中で、ギリシア正教に改宗したセルビア人に対し、カトリックに改宗した民族の代表例2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロアティア人 スロヴェニア人

    解説

  • 13

    西スラブ人でカトリックに改宗した民族の代表例3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポーランド人 チッェク人 スロヴァキア人

    解説

  • 14

    ギリシア正教に改宗した、東ヨーロッパに侵入したアジア系民族2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブルガール人 マジャール人

    解説

  • 15

    セルジューク朝がアナトリアに進出して、ビザンツ帝国に迫ったことから、ビザンツ皇帝が救援を要請した相手

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウルバヌス2世

    解説

  • 16

    セルジューク朝侵入に対するビザンツ帝国の救援要請を受けて、対イスラーム遠征を提唱し、派遣を決定した会議

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クレルモン宗教会議(1095)

    解説

  • 17

    1096~1099にかけて行われた第一回十字軍遠征において建国された国家

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イェルサレム王国

    解説

  • 18

    1189~92にかけて行われた第三回十字軍遠征において、単独でサラディンと抗戦した英王

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リチャード1世

    解説

  • 19

    1202~04にかけて行われた第4回十字軍遠征において、コンスタンティノープルを占領し建国した国家と、それを要求した商人

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラテン帝国 ヴェネツィア商人

    解説

  • 20

    十字軍遠征が宗教的な面でもたらした影響・結果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遠征の失敗により宗教的情熱が冷め教皇権力が衰退

    解説

  • 21

    十字軍遠征における政治的影響

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 諸侯・騎士の没落から、国家の権力が強まる→中央集権化

    解説

  • 22

    十字軍遠征における経済的影響

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地中海経由の東方貿易が発達→北イタリアの諸都市繁栄

    解説

  • 23

    中世ヨーロッパにおいて、神聖ローマのイタリア政策に対抗するためにミラノ中心で結成された同盟

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ロンバルディア同盟

    解説

  • 24

    中世ヨーロッパにおいて、北ヨーロッパの貿易を独占した、リューベックを盟主とした同盟

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハンザ同盟

    解説

  • 25

    中世ヨーロッパの、南ドイツアウクスブルクにおいて台頭した、銀山を経営する富豪

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フッガー家

    解説

  • 26

    勢力が強くなった都市が自治運営を認められたとき、その中心となった人々

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 商人ギルド

    解説

  • 27

    商人ギルドに対抗した手工業者たちの名前と、彼らの抵抗運動の呼び名

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同職ギルド ツンフト闘争

    解説

  • 28

    独立自営農民が生まれたような農民のや待遇良化の背景の一つとして挙げられる、中世ヨーロッパで流行した病気

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黒死病(ペスト)

    解説

  • 29

    14C初め、フランスのカペー朝において財政難を打開するために聖職者にも課税しようとした人物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィリップス4世

    解説

  • 30

    14C初め、フランスのカペー朝において財政難を打開するための課税に反対した教皇と、それによって憤死した事件

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボニファティウス4世 アナーニ事件

    解説

  • 31

    1309年、ボルドー大司教が教皇に選出され、教皇庁が南仏のアルヴィニョンに移動したことをイタリア人からみてどのように呼んだか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 教皇のバビロン捕囚

    解説

  • 32

    ローマ、アヴィニョン両方に教皇が誕生し、対立した教会大分裂(1378~1417)をなんと呼ぶか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大シスマ

    解説

  • 33

    聖書主義の立場から教会を批判し、聖書の英訳を行った英のオックスフォード大学の神学者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウィクリフ

    解説

  • 34

    ウィクリフに共鳴し、聖書主義の立場から教会を批判したイエメン、プラハ大学の神学者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フス

    解説

  • 35

    ローマ教皇を正統として、教会大分裂を解決した会議

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンスタンツ公会議(1414~18)

    解説

56892

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ