zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語12

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • 機能別組織

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    機能別組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機能別組織とは、会社組織を営業、製造、購買、管理などと機能の別に分化させた組織のこと。複数の製品商品群を有していたとしても単一の営業部や製造部としてそれらを機能別に一括管理させるところに特徴がある。取り扱う製品や商品が単一、もしくは、相互に関連度合の高いものである場合に、管理運用が容易というメリットがある。

    解説

  • 2

    決裁

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 決裁とは、いわゆる承認のこと。意思決定を行うことのできる権限者が、その権限の範囲内における判断を要する事案について、意思決定を行うこと。

    解説

  • 3

    根回し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 根回しとは、決済権者に対して正式な決済を依頼する前に、前もって決済の内容について協議や説明をしておくことにより、正式な決済依頼について迅速に事が運ぶように配慮すること。基本的には、稟議や会議体において、複数人の多数決等により決裁がなされる場合に行われることが多く、決済権者がひとりの場合に行われることは少ない。

    解説

  • 4

    三面等価の原則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三面等価の原則とは、組織の上下関係における上位者の行動原則のことで、遂行責任、権限委任、結果責任の責任意識を以って部下に指示すべきことを言う。部下が自分で責任もって仕事をやりとげること、部下に権限を委譲すること、そして結果に対しては上司自ら責任をとること、が求められている。

    解説

  • 5

    事業部制組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業部制組織とは、会社組織を取扱う製品や商品群ごとに分化させ、事業部ごとに一部または全部の間接部門を有した組織。事業部門制組織と呼ばれることもあるが、ニュアンスとしては事業部門の方が事業部よりくくりかたが大きく、会社によっては、事業部門の下に事業部が紐づくこともある。

    解説

  • 6

    持ち株会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 持ち株会社とは、他の会社の株式を保有することを通じて、当該他の会社の経営を支配することを目的とした会社のことを言う。事業部制組織・カンパニー制組織の発展形とも言える。

    解説

  • 7

    執行役員

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 執行役員とは、会社の業務執行に対する責任と権限を持つ役員。しかし、役員といっても、「代表取締役の指揮命令下にある会社使用人」であり、法的定義のある取締役とは異なる。

    解説

  • 8

    社外取締役

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社外取締役とは、コーポレートガバナンスの実効性確保の目的で、過去に会社やその子会社の従業員や業務を執行する役員でなかった者を取締役として迎え入れ、主として取締役会における監視機能を担わせるものをいう。

    解説

  • 9

    終身雇用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 終身雇用とは、正規の従業員(正社員)として採用された場合に、定年まで雇用関係を継続することである。年功序列制度などと共に、旧日本的経営の特徴でもある。終身雇用のもとでは、人材は社内で育成・調達をすることが前提となっている。

    解説

  • 10

    蛸壺

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 蛸壺とは、常に上役の出方を伺いながら仕事をするさま、またそのような企業風土を指してそのように呼ぶ。蛸壺文化と呼ばれることもある。

    解説

  • 11

    平目

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平目とは、常に上役の指示のみをもって従順に仕事をする個人のことを指してこう呼ぶ。但し、このような個人が集まって全体としてそのような雰囲気を構成している場合には、「蛸壺」と呼ばれる。

    解説

  • 12

    稟議

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 稟議とは、わが国独特の決裁システムで、決裁をしてほしい事案について稟議書を作成し、稟議書に関与決裁権者が回覧を通じて押印し、すべての印鑑が揃った時点で決裁がなされたとするもの。

    解説

  • 13

    CPM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CPMとは、クリティカルパス法(Critical Path Method)の略称。クリティカルパス法とは、PERT図の作成により、クリティカルパスを明らかにし、このクリティカルパスとなるタスクの分析及び期間短縮施策の実施により、最小の投資で期間内にプロジェクトを終了させる手法。CPMと略される。

    解説

  • 14

    KFS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • KFSとは、KSF(キーサクセスファクター)に同意義。キーサクセスファクターとは、目標達成のために注力すべきポイント、目的、タスクを指す。略して、KSFと呼ばれることも多い。

    解説

  • 15

    KSF

    補足(例文と訳など)

    答え

    • KSFとは、キーサクセスファクターの英略称。キーサクセスファクターとは、目標達成のために注力すべきポイント、目的、タスクを指す。

    解説

  • 16

    OBS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OBSとは、プロジェクト全体を細かい作業に分割し、担当する人員を配置した構成図のことを言う。WBSで表現されたタスクに対してその作業の責任者、もしくは担当者を割り振ることによって、「OBS」は自ずと作成される。

    解説

  • 17

    PERT図(パート図)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PERT図(パート図)とは、日程や工程を管理する図解の一つで、プロジェクトを構成するタスクの前後関係を図示したもの。単にパート(PERT)、アローダイヤグラムとも呼ばれる。タスクを洗い出し、その所要時間、前後関係を整理し、タスク間の前後関係に基づいてタスクフロー図に相当するネットワーク図を作成する。

    解説

  • 18

    WBS(Work Breakdown Structure)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • WBS(Work Breakdown Structure)とは、プロジェクト全体を階層化しつつ細かい作業に分割した構成図のことを言う。プロジェクトマネジメントの主要なツールの一つ。

    解説

  • 19

    アローダイヤグラム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アローダイヤグラムとは、日程や工程を管理する図解の一つで、プロジェクトを構成するタスクの前後関係を図示したもの。パート図、パート(PERT)とも呼ばれる。タスクを洗い出し、その所要時間、前後関係を整理し、タスク間の前後関係に基づいてタスクフロー図に相当するネットワーク図を作成する。

    解説

  • 20

    カットオーバー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カットオーバーとは、何らかのシステムや制度、組織などを変革・変更する場合に、古いものから新しいものへと切り替えることをいう。

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ