zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語11

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • コミットメント

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    コミットメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コミットメントとは、仕事や組織に対する愛着の程度や心理的距離の概念として理解される。仕事に対するコミットメントには外因的コミットメントと内因的コミットメントがあり、外因的コミットメントは報酬やポストなどの外的要因を動機づけ要因により得られるもので、内因的コミットメントとは価値観や成功イメージなどによって得られるものを指す。

    解説

  • 2

    ステアリングコミッティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ステアリングコミッティとは、運営委員会のこと。部門間にまたがる全社的なプロジェクトを行う際、全社的な利害調整を行い、意思決定を行う半公式の組織。

    解説

  • 3

    スピンアウト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スピンアウトとは、会社の一部門を別個の会社として独立させることをいうが、特に独立後の新会社が旧会社との資本関係がなくなることを指してこう呼ぶ。

    解説

  • 4

    スピンオフ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スピンオフとは、会社内にあるひとつの事業部門を別会社として分離独立させることをいう。狭義には、別会社となった新会社が元の会社と資本関係を継続する場合だけをスピンオフと呼び、資本関係を継続しない場合にはスピンアウトと呼ぶ。

    解説

  • 5

    タスクフォース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • タスクフォースとは、特命機動部隊のこと。プロジェクトチームやクロスファンクショナルチームよりも編成として小さく、機密事項の調査や内部監査など急を要する課題に取り組むことが多い。

    解説

  • 6

    ハブアンドスポーク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハブアンドスポークとは、営業ポイント配置の手法で、一定地域に一つの母店(ハブ)と支店(スポーク)を配置し、フル機能を持った母店が支店を統括するスキーム。航空会社の航空路配置などにも使われるが、金融サービスでも、顧客の複数のファンドをセンター(ハブ)で、一元的にポートフォリオ管理する手法として使われることもある。

    解説

  • 7

    ヒューマンキャピタル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒューマンキャピタルとは、人材を”消費するリソース(資源)”と捉えるのではなく、”必要な投資によりリターンをもたらすキャピタル(資本)”と捉える言葉である。

    解説

  • 8

    ピラミッド組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピラミッド組織とは、組織構造の一類型であり、縦割り組織を意味している。指揮命令系統が明確に定義され、階層が多いのが特徴。

    解説

  • 9

    ファシリテータ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファシリテータとは、会議やPT、CFTなどにおけるまとめ役のことを言う。リーダーとの違いは、結果責任を負うことなく、議論が拡散することを防ぎ、時には誘導を避けながら議論をまとめる方向に導く。それなりの能力と経験が必要とされ、外部のコンサルタントなどが引き受けることも多い。

    解説

  • 10

    フォロワーシップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォロワーシップとは、チームや部門など複数の構成員からなる組織において、構成員としてリーダーに従う者に求められる資質や行動原則のこと。

    解説

  • 11

    プロジェクトチーム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロジェクトチームとは、特定のプロジェクトを遂行するために特別に編成されたチームのこと。通常、組織横断的なチームが組まれる。クロスファンクショナルチームとほぼ同意義。

    解説

  • 12

    プロフィットセンター

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロフィットセンターとは、利益に責任をもつ組織。利益センターとも呼ばれる。組織の作り方によって、プロフィットセンターの定義方法は異なるが、通常営業部や支店などがプロフィットセンターにあたる。コストセンターの反意語。

    解説

  • 13

    ホウレンソウ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホウレンソウとは、仕事を進める上で基本となるコミュニケーション、「報告」・「連絡」・「相談」の頭文字をとった造語である。

    解説

  • 14

    ポストマージャーインテグレーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ポストマージャーインテグレーションとは、合併後の統合化作業のこと。経営資源からオペレーション、さらには企業文化の統合まで統合していく作業。M&Aを検討する際に試算したシナジーを得る上で、最重要な作業とされる。

    解説

  • 15

    マトリックス組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マトリックス組織とは、巨大企業やグローバル企業に多く見られる組織形態で、機能と地域、機能と製品など、ふたつの指示命令系統からなる組織形態のことをいう。

    解説

  • 16

    ラインアンドスタッフ組織

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラインアンドスタッフ組織とは、機能別組織や事業部制組織の一形態で、組織図上、製造や購買などの機能別組織や事業部別組織の上に、経営企画や経理といった管理系組織が経営陣直轄の形態で配置された組織のこと。

    解説

  • 17

    ラインカンパニー制

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラインカンパニー制とは、工場における少人数の作業グループを定義し、このグループを独立した疑似カンパニーとみなして、関連会計情報を可視化することにより、作業者に自らの仕事の意義や効果をわかりやすくし、労働意欲を高める制度。

    解説

  • 18

    リーダーシップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リーダーシップとは、チームや部門など複数の構成員からなる組織において、それを統括する者に求められる資質や行動原則のこと。

    解説

  • 19

    ワーキンググループ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワーキンググループとは、何か問題や課題が発生した際にその解決のために特別に組成されるチーム・実務部隊のこと。プロジェクトチームとほぼ同意義。

    解説

  • 20

    ワークショップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワークショップとは、参加者に自主的に活動させる方式の講習会や研究会のこと。

    解説

57039

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ