zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語7

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • ゼロベース思考

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ゼロベース思考

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゼロベース思考とは、過去の成功体験や経験、しがらみに囚われることなく、すべてを白紙の状態で一から思考することをいう。従来の仕組みを改革するとき、新商品を開発するとき、など柔軟な思考が求められる場面でそのようにすることが望ましいとされている。

    解説

  • 2

    ダイヤモンド図解

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダイヤモンド図解とは、要素間の相互関係を表現する図解の一つで、1列に並んだ要素1つ1つについて、他の要素との関連を一目で把握できるようにする図のこと。

    解説

  • 3

    デプスインタビュー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • デプスインタビューとは、原則としてインタビューアーとインタビュー対象者が1対1で、長めの時間をかけて行うインタビューのこと。問題点を洗い出すような目的ではなく、特定の業務等に対する深い知識を得るために行われる。

    解説

  • 4

    「デルファイ法」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「デルファイ法」とは、会議の参加者がそれぞれ独自に意見を出し、互いの意見をレビュー・検証した上で再度意見を出し合うことを繰り返して行うことで、意見を集約し結論づけていく方法。

    解説

  • 5

    ドメイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ドメインとは、企業や事業の活動の範囲や領域のことを指す。

    解説

  • 6

    バブルチャート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バブルチャートとは、2軸の座標軸の上に、大きさが3軸目の指標を示す円状の図(バブル)を配置した図表を指す。2次元のグラフで、3次元目の事象を表すことができる点にメリットがある。

    解説

  • 7

    バリューチェーン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バリューチェーンとは、ハーバードビジネススクールのマイケルポーター教授が提唱した概念で、製造業者において製品が消費者に届くまでの付加価値を生み出す連続したプロセスのこと。

    解説

  • 8

    バリュードライバーツリー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バリュードライバーツリーとは、上位の目標(価値)を関連性の強い下位の目標にブレークダウンしていくツリーのことを言う。

    解説

  • 9

    ファイブフォース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ファイブフォースとは、ハーバードビジネススクールのマイケルEポーター教授の考案した業界分析のフレームワーク、視点のこと。

    解説

  • 10

    フィッシュボーンダイアグラム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フィッシュボーンダイアグラムとは、特性要因図とも呼ばれ、特定の事象の原因分析に用いられる図表のこと。

    解説

  • 11

    フローチャート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フローチャートとは、業務プロセスの要素ごとに分解し、それぞれの要素の流れを矢印で結ぶことによって、業務の流れを図表状に示したもの。業務プロセスには、作業だけでなく、判断や作業に必要な帳票類や作業の成果としての帳票類なども記載される。

    解説

  • 12

    ブレインストーミング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブレインストーミングとは、従来の方法や考え方、先入観にとらわれず、自由なディスカッションを通じて新たなアイディアや解決策を引き出そうとする手法のこと。出された意見に対して決して批判をしないことが重要とされる。

    解説

  • 13

    ブレスト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ブレストとは、ブレインストーミングの略称。ブレインストーミングとは、従来の方法や考え方、先入観にとらわれず、自由なディスカッションを通じて新たなアイディアや解決策を引き出そうとする手法のこと。出された意見に対して決して批判をしないことが重要とされる。

    解説

  • 14

    ベストプラクティス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベストプラクティスとは、最良の事例のこと。ベンチマーキングにおいて、見出される。

    解説

  • 15

    ベンチマーキング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンチマーキングとは、1989年にロバートCキャンプが提唱し組織の改善手法で、自社のビジネスプロセスの非効率な箇所を改善するため、同じプロセスに関する優良最高の事例(ベストプラクティス)と比較分析を行った上で、自らに適した形で導入して大きな改善に結びつけるための一連の活動のことを言う。

    解説

  • 16

    マーケットチャレンジャー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マーケットチャレンジャーとは、市場におけるシェアがマーケットリーダーに続くポジションにある企業のうち、マーケットリーダーの地位を伺う企業群のこと。基本的には、差別化戦略を採用しつつ、低価格化戦略を臨むべきとされている。

    解説

  • 17

    マーケットニッチャー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マーケットニッチャーとは、市場におけるシェアが相対的に高くなく、マーケットリーダーを目指さずに、焦点絞込戦略を採用している企業のこと。ニッチとは、小さい安住の地、穴場のこと。ニッチ市場を攻める企業のことをマーケットニッチャー、あるいは単にニッチャーと呼ぶ。

    解説

  • 18

    マーケットフォロワー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マーケットフォロワーとは、市場におけるシェアが相対的に高くなく、マーケットリーダーを目指していないにも関わらず、焦点絞込戦略を意図的に採用していない企業のこと。

    解説

  • 19

    マーケットリーダー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マーケットリーダーとは、文字通り市場において第1位のシェアを誇る企業のこと。マーケットリーダーは収益性とシェアの観点で成長性が求められることから、低価格化戦略及びフルラインアップ戦略を共に採用することが基本とされている。

    解説

  • 20

    マトリックス図

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マトリックス図とは、要素間の相互関係を表現する図解の一つで、2つの異なる要素を行と列にあてはめ、要素間の関係を明らかにする図のこと。

    解説

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ