zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語6

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • 撤退障壁

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    撤退障壁

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 既に手がけている業界から撤退したい場合の障壁(撤退を妨げる要因)のこと。例えば、雇用の確保、他社との契約、地域住民の反対などの要因を指す。

    解説

  • 2

    利益共同契約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の企業が相互に独立性を保ちつつ、損益を共同で計算する契約をいう。共同経営により投資の重複を回避し、事業規模の拡大による利益を得ようとするもの。コンツェルン移行の前段階で法律的には組合といわれる。

    解説

  • 3

    ES

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ESとは、[Employee Satisfaction]の略で、従業員満足度のこと。企業価値を高めるためには、社員満足度が高くなければならないという認識のもと、ESを重要な経営指標の一つと位置づける企業が増えている。BSC(バランススコアカード)の経営指標の一つとして利用することもある。

    解説

  • 4

    Jチャート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Jチャートとは、評価・判定を表現する図解の一つで、ある項目について、4つの特性をそれぞれ評価した後で、総合的な評価をする。

    解説

  • 5

    MD&A

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MD&Aとは、経営者による財政状態および経営成績の検討と分析と訳される経営者の分析や将来予測のこと。アメリカではSEC(アメリカ証券取引委員会)が、投資家への情報提供の一環として開示を要求している。

    解説

  • 6

    MECE

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MECEとは、論理的思考の原則のひとつで、何かの思考を行う際に、それぞれが重複することなく、全体としてモレがないという理想の状態を指す。あらゆる問題をもれなく検討している状態を指す言葉として使われることが多い。

    解説

  • 7

    NM法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NM法とは、類似思考法の一つで、考案した中山正和氏の頭文字をとってNM法と名づけられた。創造的な思考プロセスを手順化して、その手順に沿ってイメージ発想を行う発想法で、発想するためのヒントを導く「着想段階」と、ヒントをアイデアに繋げる「発想段階」に効果を発揮する。問題解決や新技術製品開発に活用されることが多い。

    解説

  • 8

    PDCAサイクル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PDCAサイクルとは、計画し、実行し、その結果を検証したのち、改善策やさらなる次の施策を講じていく、という組織行動の基本概念のこと。Plan-Do-See(PDS)という同意義の用語もあるが、最近ではさらなる改善活動につなげていく、という意味を含むPDCAの方が一般的。

    解説

  • 9

    PDSサイクル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PDSサイクルとは、PDCAサイクルにほぼ同意義。最近では「さらなる改善活動」という意味合いの濃いPDCAサイクルのほうが一般的に用いられている。PDCAサイクルとは、計画し、実行し、その結果を検証したのち、改善策やさらなる次の施策を講じていく、という組織行動の基本概念のこと。

    解説

  • 10

    PIMS

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PIMSとは、直訳すると「市場戦略の利益に対する影響」という意味を持つ言葉で、事業単位の財務・戦略情報データベースのこと。GEがSBU単位の収益性と市場戦略の関係を調査するために開始したプロジェクトがスタートとされ、現在は数多くの企業が参加している。

    解説

  • 11

    SDチャート

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SDチャートとは、評価・判定を表現する図解の一つで、イメージ調査や心理調査などの結果について、横軸の両端に反対語を割り当て、調査内容を縦軸に並べる。

    解説

  • 12

    SWOT分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SWOT分析とは、企業内部の強み(Strengths)と弱み(Weaknesses)、企業を取り巻く環境における機会(Opportunities)と脅威(Threats)を明確にし、戦略の構築及び評価を行う分析のフレームワークのこと。自社や事業、製品のポジショニングを再度確認し、強みを活かし、弱みをカバーする戦略を再構築したり、新規の事業展開を検討したりする際に用いられる。

    解説

  • 13

    イシューツリー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イシューツリーとは、問題解決思考方法のひとつで、原因と結果は樹形図状に展開することができるという前提に基づいて眼前の問題を階層化し、取り組むべき根本の原因を見出そうとする手法。通常ディスカッションを通じて、作り上げられていく。

    解説

  • 14

    オプション思考

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オプション思考とは、様々な選択肢を考えながら問題解決にあたろうという考え方のこと。原因を1つに特定せず、あらゆる可能性を考慮しながら問題にあたる考え方のこと。

    解説

  • 15

    カバレッジ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カバレッジとは、「範囲」という意味合いを持つ言葉で、適用する範囲、調査等でカバーした範囲という意味を持つ。

    解説

  • 16

    クロスセクション分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロスセクション分析とは、特定の事象に対する影響因子の相互関係を分析するというもの。例えば、年齢という因子が特定の事象にどのように影響を与えているかというような分析概念となる。

    解説

  • 17

    サービスプロフィットチェーン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サービスプロフィットチェーンとは、へスケット(J.S.Heskett)、サッサー(W.E.Sasser,Jr.)らによって示されたサービスと従業員満足、顧客満足、企業利益の因果関係を表したモデルのこと。従業員満足度(ES)がサービスレベルを高め、それが顧客満足度(CS)を高めることにつながり、最終的に企業利益を高める、とするモデル。

    解説

  • 18

    サスティナビリティ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サスティナビリティとは、英単語の意義通り、持続可能性を意味する。戦略構築、商品開発などの際には、サスティナビリティがあるかどうかは重要な判断の基準となる。

    解説

  • 19

    サバイバルバイアス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サバイバルバイアスとは企業の過去データを使用して分析するときに、データの入手簡便化や連続性確保を重視し、現存のデータのみを使って分析したため、倒産企業や合併企業を除外してしまい、企業の事実を反映していないという危険性があることをいう。倒産した企業などが、実際のデータよりも好材料となるものが集まってしまう可能性などがあり、データとしての信用性・透明性が欠けてしまうおそれがある。

    解説

  • 20

    スケールカーブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • スケールカーブとは、企業の生産規模に比して単位当たりのコストが低減されていく状態を図示したカーブのこと。規模の経済が働く業界で生産規模順に並べて限界的なプレイヤーを特定していく分析手法として使われることも多い。

    解説

57031

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ