zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語5

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • 技術提携

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    技術提携

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2社以上の企業が、相互の事業上重要な技術を互いに教示し、一方の企業が他方の企業に対して有償無償の技術提供し、もしくは、共同して新規の技術開発に取り組むなどする提携関係のことをいう。デファクトスタンダード獲得のために行われることも多い。

    解説

  • 2

    業務提携

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 技術開発や販売活動の協力などを目的として会社間で協力関係を契約することをいう。

    解説

  • 3

    金融持株会社

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 純粋持株会社のうち子会社が金融関係の会社のみの会社のこと。

    解説

  • 4

    計画的陳腐化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主に新製品の購買促進を目的として、企業が特定の製品の製品ライフサイクルを当初の計画に比して意図的に短縮すること。デザイン性や機能面で、旧製品を意図的に時代遅れの製品にすること。

    解説

  • 5

    合従連衡

    補足(例文と訳など)

    答え

    • もともと中国の戦国時代において、当時最も強大であった秦に周辺6カ国(韓、魏、趙、燕、楚、斉)が協力して対抗しようとした(合従)のに対して、秦が周辺6カ国と個別に同盟関係を築いてこれを封じた(連衡)という故事から、情勢に応じて臨機応変についたり離れたりすることをいう。これをビジネスシーンに置き換えて、特定の市場や事業ドメインにおいて業界再編が進んでいくさま、もしくは、その戦略を指してこのように呼ぶ。

    解説

  • 6

    合弁事業

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自国資本と外国資本の会社が互いに出資して新たな会社を設立し、共同事業を営むこと。合弁会社とも言う。自社で子会社を設立するより、パートナーの現地での経験や人員などの経営資源を使用できる、外国資本という嫌悪感を小さくできる、リスクを小さくできるなどのメリットがある。

    解説

  • 7

    差別化戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーバード大学のマイケルポーターが提唱した競争戦略のひとつの基本形で、価格以外の側面で他社とは異なる機能やデザイン、製品ラインアップを実現し、それによって市場シェア及び収益性の維持を目指す戦略のこと。

    解説

  • 8

    参入障壁

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新しく業界へ参入する際の障壁(参入を妨げる要因)のこと。例えば、新規参入に際して、巨額の投資が必要である、顧客基盤が必要である、規制で保護されている、技術が必要であるなどの要因を指す。

    解説

  • 9

    資本提携

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資本関係を有しない2社以上の企業が、相互の株式を持ち合い、もしくは、経営支配権を有しない程度(持ち株比率10%程度が目安)に一方の企業が他方の企業の株式を保有することを通じて、事業上の協力関係を築くことをいう。

    解説

  • 10

    社内ベンチャー制度

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 社員の提案・発案を求め、その提案に基づいて起業を会社で支援する制度のこと。通常、提案を行った社員が、起業にも中心的役割で参加する。社内起業制度と呼ばれることも多い。

    解説

  • 11

    焦点絞込戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーバード大学のマイケルポーターが提唱した競争戦略のひとつの基本形で、差別化戦略をより先鋭化させ、専門家やマニア向けなど、非常に限定された市場ドメインに特化し、その市場ドメインでのシェアや収益性の維持を目指す戦略のこと。

    解説

  • 12

    垂直統合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業拡大をM&A等を通じて行う際に、特定事業ドメインの上流から下流までを統合していく戦略のこと。例えば、石油小売業を営む企業が、調査会社や掘削会社、輸送会社などを統合していくことなど。

    解説

  • 13

    水平統合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業拡大をM&A等を通じて行う際に、現在の事業ドメインで担っている役割と同じ役割を他の事業ドメインで行っている企業を統合していく戦略のこと。例えば、商社が他の専門商社を統合していくのはその典型例。

    解説

  • 14

    製品ポートフォリオマネジメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボストンコンサルティンググループが考案した製品の戦略的管理の手法。PPMと略されることが多い。

    解説

  • 15

    戦略マップ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の目標達成のために複数の戦略による成功へのストーリーを描く手法。

    解説

  • 16

    選択と集中

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多角化が進展している企業、製品ラインアップが多岐に亘る企業などにおいて、自社の得意とする事業分野・製品分野(コアコンピテンス)を明確にし、そこに経営資源を集中的に投下する戦略のこと。

    解説

  • 17

    創造的破壊

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オーストリアの経済学者シュンペーターによって唱えられた考え方で、非効率な古いものは効率的な新しいものによって駆逐されていくことで経済発展するという考え方であり、その新陳代謝のプロセスをそう呼んだ。

    解説

  • 18

    多角化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 既存事業とは基本的に関係のない新たな事業分野に進出することで、事業拡大を図る戦略のこと。コングロマリット化ともいう。

    解説

  • 19

    退出障壁

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 既に手がけている業界から撤退したい場合の障壁(撤退を妨げる要因)のこと。撤退障壁と呼ぶことが多い。例えば、雇用の確保、他社との契約、地域住民の反対などの要因を指す。

    解説

  • 20

    低価格化戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハーバード大学のマイケルポーターが提唱した競争戦略のひとつの基本型で、低コストを追求することで価格や収益性で競合他社を圧倒し、シェアと収益性の成長を両面で達成することを目指す戦略のこと。

    解説

56894

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ