zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語4

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • デコンストラクション

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    デコンストラクション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • もともとフランスの言語学者が唱えた言葉の構造を別の視点から捉えるといった言語哲学のこと。これをビジネスシーンに応用し、経営構造や事業構造を従来の視点とは全く異なる視点で捉え、新たな経営構造や事業構造を作り出すことを指す。

    解説

  • 2

    デマンドマネジメント手法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報通信技術とデータ分析技術により、様々な要因と需要との関係をモデル化し、マネージメントに生かす手法をいう。

    解説

  • 3

    ニッチ戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 焦点絞込戦略とは、ハーバード大学のマイケルポーターが提唱した競争戦略のひとつの基本形で、差別化戦略をより先鋭化させ、専門家やマニア向けなど、非常に限定された市場ドメインに特化し、その市場ドメインでのシェアや収益性の維持を目指す戦略のこと。この戦略を選択する企業を、マーケットニッチャーと呼ぶ。

    解説

  • 4

    バリュー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業が競争環境の中に身をおいていても決して見失ってはならないとする共通の価値観のこと。競争という視点から離れている点で、ビジョンやストラテジーとは異なるもの。社会的貢献や社員のあるべきビヘイビアなど、定性的かつ倫理的な価値観を定める。

    解説

  • 5

    ビジネスインテリジェンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織内の大量のITによるデータ、情報を組織的・系統的に蓄積・分類し、この検索、分析、加工によりして、意思決定に有用な判断やノウハウを生み出すという概念・取り組みのこと。BIと略されることが多い。このような仕組みをBIツールということもある。

    解説

  • 6

    ビジネスプロセスリエンジニアリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務やサービスのプロセスを機能別のタスク・要素に分解し、各タスク・要素を全体のプロセスを見直す観点から、部門などの組織の壁を破り、抜本的な再設計・プロセスの再構築を行うことによって、業務やサービスの効率や効果の向上を目指すことをいう。BPRと略される。

    解説

  • 7

    ビジネスマッチング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の事業展開を支援する等の目的で、事業パートナーとの出会いをサポートするサービスのこと。金融機関が行うこともあるが、NPO、民間企業などで多様なサービスが提供されている。

    解説

  • 8

    ビジネスモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業の仕組み、プロセス、やり方のこと。近年では、ビジネスモデルの差別化が事業成功の重要な要因となっており、ビジネスモデル特許という仕組みもできている。

    解説

  • 9

    ビジョン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業としてのあるべき未来像がビジブル(visible)に表現されたものである。そこには、従業員の共感が得られる形で、かつ企業としての客観的条件(企業の置かれている環境条件等)が踏まえられた形で、経営者の夢やロマン、それらを支える意志(will)が反映されている。企業が目指しているものは何かを理解すべき全ての人間にとっての道標となるものである。なお企業によって理念と同意義で使われることもある。

    解説

  • 10

    ビヘイビア

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従業員や組織としての行動様式、行動パターンのこと。従業員や会社のビヘイビアは企業風土によって方向付けられ、また従業員や組織のビヘイビアは新たな企業風土を作り出していく。

    解説

  • 11

    ピュアカンパニー化

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業間、企業間の連携・多角化での効果がマイナス(アナジー)である場合も、その事実に着目し、その分析から企業の最適な事業の範囲、規模を模索することをいう。複数の事業が同一体で運営されることにより発生するメリット(シナジー)より、デメリット(アナジー)が大きいと判断された場合、事業をピュアにし、そのアナジーの解消を図ろうとする動きのこと。

    解説

  • 12

    ファブレス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 製造業にも関わらず、自前の生産拠点を持つことなく自社で設計や開発のみを行い、生産を完全に他社(OEM)に依存することをいう。自前の工場を有しないことで、それに必要な資金や減価償却負担、賃料、設備投資を削減でき、これらの経費を変動費化できるところにメリットがある。しかしながら、現実には生産量を完全に景気に即して変動させることは困難なほか、OEM生産量のすべてを購入する必要があるなど、製販調整に高い技術を要するなど課題も多い。

    解説

  • 13

    フルラインアップ戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メーカーや小売業企業が、取り扱う製品群を特定セグメントに特化せず、製品群に関するすべてのニーズを満たすような品揃えを目指す戦略のこと。焦点絞込戦略の反意語。単にフルライン戦略と呼ぶことも多い。基本的には、低価格化戦略をとる企業がこれを採用することが多い。マクドナルドやトヨタ自動車が典型例。

    解説

  • 14

    ポートフォリオ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 投資対象の金融商品の組み合わせや、企業経営上の事業の組み合わせ、製品商品販売上の組み合わせなど、複数以上ある管理運営対象の固まりの全体を指す。事業にしても投資にしても、事業家や投資家は、単に個別の期待収益の総和を最大化するだけではなく、そのリスクも回避しながら、安定的に収益を獲得していく必要がある。このためには、投資対象及び事業内容、製品構成などの「分散」を図る必要があり、これを検討した結果がポートフォリオと呼ばれる。

    解説

  • 15

    リストラ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本来事業再構築のことを意味し、その施策のひとつである人員削減のみを意味するものではない。

    解説

  • 16

    リバースエンジニアリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他企業の製品等を目標・参考にして自社のビジネス上の能力を向上させる活動をいう。具体的には、他社製品の機械の分解、製品の観察、ソフト解析等から、製品の構造・製造方法などを推定・調査することから行う。

    解説

  • 17

    移動障壁

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 産業内で形成されている戦略グループ間の移動に対する障壁のこと。参入障壁が新しく業界に参入する障壁であるのに対し、移動障壁は業界内ではあるが、他の展開を行う場合の障壁のことを指す。例えば、安価な商品を提供するディスカウントストアが高級商材を取り扱う小売業へ業態を移動しようとした場合、店舗のイメージや広告宣伝費の投入、仕入ルートの確保などが移動障壁となる。

    解説

  • 18

    株式持合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業同士が互いの株式を互いに持ち合うことを指す。

    解説

  • 19

    企業風土

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織のメンバーが共有する価値観や信念、思考プロセス、これらに基づく行動等のことである。

    解説

  • 20

    企業理念

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 組織自体の目的(この企業は何のために存在するのか)と、行動の規範(経営層、従業員の行動についての基本的考え方)が表されたものである。企業をとりまく環境が変り行く中でも見失うことのない価値観を提示するもので、業務判断における最後の拠りどころとなるべきものである。

    解説

56724

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ