zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語3

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • OBM

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    OBM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オープンブックマネジメントの略称。オープンブックマネジメントとは、企業の財務諸表や経営数値を社員に開示し、経営の透明性を高めることで社員のモラールを高めようとする経営手法のこと。

    解説

  • 2

    PDPC法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事前に様々な結果を予想し、望ましい結果に至るプロセスを定める手法。スタート地点から、好ましくない状態を含む様々な可能性の分岐を整理し、好ましくない事態をさける手法を検討していく。問題やリスクの所在を明らかにし、場当たり的ではない取り組みの実行を促す。

    解説

  • 3

    PPM

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロダクトポートフォリオマネジメント(マトリックスともいう)の略で、ボストンコンサルティンググループが考案した製品の戦略的管理の手法。企業内で製造もしくは販売している製品商品について、(相対的)市場占有率と業界成長率をそれぞれ縦軸横軸とするグラフに現状をプロットし、グラフ上の配置から製品ラインアップのあり方について戦略を構築していくもの。

    解説

  • 4

    アウトソーシング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従来社内で行われていた業務(機能)の一部あるいは全部を外部企業に委託すること。自社にとってコアとなる業務以外の業務を外部に委託することにより、コアビジネスへのリソースの集中投下を行う考え方。

    解説

  • 5

    アナジー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業間、企業間の連携・多角化などの効果がマイナスであること。相乗効果を表すシナジーと逆の意味。このような作用をアナジー作用と呼ぶが、アナジーという言葉を使わずに、「負のシナジー効果」と呼ぶことも多い。

    解説

  • 6

    アメーバ経営

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 京セラの稲盛社長が確立した経営手法で、組織を小さなミニプロフィットセンターに分け、それぞれのミニプロフィットセンターで目標達成を目指すもの。

    解説

  • 7

    アライアンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本来の意味は同盟、連合。企業経営上で用いるアライアンスとは、複数の企業間の様々な連携共同行動を指す。

    解説

  • 8

    インダストリアルエンジニアリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人や設備、資金といった経営資源を効率的に使用し、求められる品質やサービスを最低のコストで提供するための技術・技法、またはそれを研究する工学分野のこと。

    解説

  • 9

    オープンブックマネジメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の財務諸表や経営数値を社員に開示し、経営の透明性を高めることで社員のモラールを高めようとする経営手法のこと。OBMと略される。

    解説

  • 10

    キャッシュフロー経営

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 従来の経常利益等に代表される損益計算書指標ではなく、キャッシュフローに関連する指標を最重要指標として、キャッシュフローの最大化を図る経営手法のこと。キャッシュフロー経営においては、キャッシュフローの最大化が主眼とされ、新規投資もキャッシュフローの観点からその妥当性が検討される。

    解説

  • 11

    クラウドソーシング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「クラウド」は「群衆」という意味。クラウドソーシングとは、外部の多くの人たちに注文を出すことをこういう。アウトソーシングは外部のプロに発注するのに対し、クラウドソーシングは一般の人たち、低賃金・無償の参加者に依頼をする。

    解説

  • 12

    グロースキャピタル戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業が投資ファンドなどのリスクマネーを利用してM&Aを行い、企業価値を向上させていく戦略のこと。

    解説

  • 13

    コーポレートベンチャリング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業内起業のことを意味し、会社をあげて新規事業を立ち上げること。社内ベンチャー制度もこの範疇に含まれるが、トップダウン型で、経営戦略に基づいて、起業を行うこともコーポレートベンチャリングと呼ばれる。

    解説

  • 14

    コストリーダーシップ戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低価格化戦略のこと。低価格化戦略とは、ハーバード大学のマイケルポーターが提唱した競争戦略のひとつの基本型で、低コストを追求することで価格や収益性で競合他社を圧倒し、シェアと収益性の成長を両面で達成することを目指す戦略のこと。マーケットリーダーが採用すべきとされる戦略。マクドナルドやトヨタ自動車が典型例。

    解説

  • 15

    シェアードサービス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業グループ内で共通する間接業務を、1つの組織で集中処理するために分社化し、従来のコストセンターからプロフィットセンター化する経営手法のこと。

    解説

  • 16

    シナジー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2つ以上の要素が相互に作用して個別の価値以上の価値を生み出す効果のこと。相乗効果。

    解説

  • 17

    ストラテジー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 経営戦略のことで、企業がビジョンを実現するために中長期的に取るべき事業展開上の指針、方法、目標を示すもの。ビジョンよりも具体的で、より競争に勝つための手段を明示する。具体的であるが故に、数年から5年くらいの期間で随時見直されていくべきもの。

    解説

  • 18

    ストラテジックソーシング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資材調達における戦略的コスト削減策の総称。取引集約による購買力(逆オークション等)強化、グローバル競争入札によるコスト削減などを行なうことなどが含まれる。

    解説

  • 19

    ゼロベース予算

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 予算の立案を行う際に、過去の取引実績、経費実績などを考慮に入れず、一から必要な計数を積上げて予算を作成すること。

    解説

  • 20

    タクティクス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 戦術のことで、企業が経営戦略を遂行していく上で必要なステップ、方法、目標などをさらに具体化したもの。通常は、年次経営計画などに施策として反映され、毎年その内容は見直されるべきもの。

    解説

56551

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ