zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語10

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • 金のなる木

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    金のなる木

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)において、シェアは高いが成長率が低い製品・製品群のことを指す。金のなる木に属する製品・製品群については、その製品・製品群から得られた資金を他の製品(花形や問題児)への投資に回していくことが基本戦略とされている。

    解説

  • 2

    経営の執行と監督の分離

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 委員会設置会社におけるガバナンス体制を示した言葉で、経営を行う執行役と、執行役を監督する取締役会の機能が分離・独立していること。従来型の株式会社では、業務執行を監督すべき者(取締役会)と業務執行を行う者(代表取締役等)が重複し、十分な監督機能が発揮できないことが問題視されている。

    解説

  • 3

    後発優位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 既に存在する製品や技術の市場に参入することにより、先発企業と比較して得られるメリットのこと。セカンドムーバーズアドバンテッジと同義。具体的には、投資リスクを小さくできる、新製品や技術の浸透に必要な宣伝広告費を使用せずに済むといったものが挙げられる。

    解説

  • 4

    資源ベース論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じ業界に属する企業ごとの競争力の違いは、保有する経営資源の異質性により生じる考え方(理論)のこと。どのような特徴を持つ資源が、企業の持続的な競争優位性の獲得に貢献するのかを明らかにした。

    解説

  • 5

    囚人のジレンマ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゲーム理論の典型的展開例のひとつで、2人の囚人の駆け引きとその帰結を示したもの。個々の最適な選択が全体として最適な選択とはならない状況を示すモデル。

    解説

  • 6

    所有と経営の分離

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株式会社のように会社は株主の出資によって株主が所有しているが、日々の経営活動は株主の任命する経営者(取締役)により運営されている状態のこと。

    解説

  • 7

    場の理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Kレヴィンが提唱した理論で、人間は個人の特性によるだけでなく、その人が置かれた「場」に影響を受けて行動するものだという説で、組織における人間行動を理解するための1つの枠組みとされる。「ポジションが人を作る」という考え方。

    解説

  • 8

    人間関係論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メイヨーとレスリスバーガーが行ったホーソン工場での実験で、生産能率に影響をもたらす主たる要因は人間関係など職場の非公式組織のあり方であることが判明したことを受け、労働の心理学的側面を強調した組織論のこと。テーラーの科学的管理とセットで語られることが多い。

    解説

  • 9

    垂直的競争

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業間競争の分類の一つで、生産・流通といった異なる流通段階にある企業同士の競争のこと。例えば、原材料を供給することを本業とする企業が川下の組み立て業に乗り出したり、製造業を本業とする企業が小売業態を展開したりした場合に起こる競争のこと。

    解説

  • 10

    水平的競争

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業間競争の分類の一つで、同種の業種・業態の事業者同士の競争のこと。同種のカテゴリに属する企業が製品の品質や価格、販売立地やプロモーションなどで競争すること。

    解説

  • 11

    成長ベクトル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンゾフによって示された成長戦略のモデルのこと。企業が成長するための4つの選択肢として、市場浸透(既存製品、既存市場)、市場開拓(既存製品、新規市場)、製品開発(新規製品、既存市場)、多角化(新規製品、新規市場)という選択肢を示した。

    解説

  • 12

    先発優位

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新製品や新技術を最も早く導入した企業が得られるメリットのこと。ファーストムーバーズアドバンテッジと同義。具体的には、新製品のパイオニアとしてのブランドイメージの確立、比較的高い価格での販売が可能という先行者利益、経験効果などが挙げられる。

    解説

  • 13

    範囲の経済

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業を多角化したり、商品やサービスのラインアップを拡大したりすることによって得られるシナジー効果を通じ、製品当り・顧客当り平均コストが減少する結果、利益率が高まる傾向のこと。一言でいってしまえば、シナジー効果そのもの。

    解説

  • 14

    負け犬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)において、シェアが低く成長率も低い製品・製品群のことを指す。負け犬に属する製品・製品群については、撤退することが基本戦略とされている。

    解説

  • 15

    無機能資本

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資本の出資は行っているが、実質的に経営に関与していない資本のこと。資本の概念の区分方法の一つで、経営に関与しない資本を無機能資本、経営に関与する資本を機能資本と区分することがある。

    解説

  • 16

    問題児

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)において、シェアは低いが成長率が高い製品・製品群のことを指す。問題児に属する製品・製品群については、花形を目指せるものに投資集中をすることが基本戦略とされている。

    解説

  • 17

    欲求5段階説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米国の心理学者マズローが提唱した「欲求には段階があり、下層の欲求が満たされないと、上層の欲求は生じてこない」という考え方。マーケティングや人事など幅広く応用されている。

    解説

  • 18

    BPO

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務プロセスの一部を外部への一括委託すること。経営資源の有効活用を目的とし、システムだけではなく、業務の一部を専門業者へ一括委託することに特徴がある。

    解説

  • 19

    BPR

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 業務やサービスのプロセスを機能別のタスク・要素に分解し、各タスク・要素を全体のプロセスを見直す観点から、部門などの組織の壁を破り、抜本的な再設計・プロセスの再構築を行うことによって、業務やサービスの効率や効果の向上を目指すことをいう。

    解説

  • 20

    IPR&D

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インプロセスR&D(In-ProcessResearchandDevelopment)の略称で、仕掛研究開発費ともいう。企業の買収等によって資産、負債を受け入れることになるが、そのうち、特定の研究開発目的に利用されており、別目の研究開発に代替使用できない資産をいう。

    解説

57055

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ