zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語2

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • パレートの法則

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    パレートの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イタリアの経済学者パレートが提唱した法則で、所得上位20%の所得累計が社会全体の所得累計の80%を占めるというもの。「80:20の法則」「2:8の法則」とも呼ばれる。

    解説

  • 2

    ファーストムーバーズアドバンテッジ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新規業態を最初に開始したり、新規市場に最初に進出するなど、他社に先駆けて行動を起こすことで得られる利得のこと。

    解説

  • 3

    ブルーオーシャン戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 競争相手のいない無限に広がる可能性を秘めた新しい市場を創造し、高付加価値を提供していこうという戦略のこと。

    解説

  • 4

    プロセスイノベーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 研究開発プロセスや製造プロセス、物流プロセスなど業務プロセスにおける革新的な改革のこと。

    解説

  • 5

    プロダクトイノベーション

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新たな商品、他社との差別化を図れる商品を開発すること。技術を中心に据えたプロダクトイノベーション、ユーザニーズに応えることを中心に据えたプロダクトイノベーション、コンセプトを中心に据えたプロダクトイノベーションなど類型化される。

    解説

  • 6

    プロダクトポートフォリオマネジメント

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ボストンコンサルティンググループが考案した製品の戦略的管理の手法。PPMと略されることが多い。

    解説

  • 7

    マクシミン戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代替案ごとに得られる利益の可能性を予想し、その代替案ごとの獲得予想利益の最小値が最も大きい案を採用する戦略。このような意思決定方法をマクシミン戦略と呼ぶ。

    解説

  • 8

    マズローの欲求階層説

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米国の心理学者マズローが提唱した「欲求には段階があり、下層の欲求が満たされないと、上層の欲求は生じてこない」という考え方。マーケティングや人事など幅広く応用されている。

    解説

  • 9

    ミニマックス戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代替案ごとの最悪の状況を考え、その中で損失が最も少ない案を採用する戦略。このような意思決定方法をミニマックス法と呼ぶ。

    解説

  • 10

    モラルハザード

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 制度上の仕組みなどによって、かえって危機管理やリスク回避に対する注意が散漫となり、結果として全体利益を阻害しかねない状態のこと。

    解説

  • 11

    ランチェスターの法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 戦争における過去の戦闘結果を分析し導き出された法則で、共に戦力の大きいほうが勝つとしながらも、戦いによって生じる戦闘後の残余戦力の違いを示すべく、第1法則と第2法則がある。

    解説

  • 12

    リソースベーストビュー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • バーニーが提唱した企業内部の経営資源に軸足を置いた戦略論。RBVと略される。

    解説

  • 13

    ロングテール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多くの販売量が見込めるわけではないニッチな商材を重視する考え方、理論のこと。ECにおいては、通常の店舗ではおけないような滅多に売れない商品を陳列することも可能であり、このような商品がECの収益を支えていくと考えられた。このような考えをロングテールと呼び、ロングテール型ビジネス、ロングテール戦略、ロングテール経済、ロングテール現象など様々な使い方をされるようになっている。

    解説

  • 14

    異業態間競争

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業間競争の分類の一つで、同じ流通段階にある事業者だが業態の異なる企業同士で行われる競争のこと。例えば、家電量販店で雑貨を販売するなど商材を拡大した場合、同じ雑貨を扱う企業との異業態間競争となる。

    解説

  • 15

    科学的管理法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 労働者管理の方法論。テイラーが20世紀初頭に提唱した。それまでの、合理的でない労働管理手法に対して、経済人モデルを基礎にして、労働者のモチベーションを高め、経営成績を引き上げる方法論として導入された。

    解説

  • 16

    花形

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)において、シェアが高く、成長率も高い製品・製品群のことを指す。

    解説

  • 17

    機能資本

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 資本の出資に基づき経営に関与している資本のこと。資本の概念の区分方法の一つで、経営に関与しない資本を無機能資本、経営に関与する資本を機能資本と区分することがある。

    解説

  • 18

    規模の経済

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業規模が拡大するにつれて購買力が向上したり、製品当りの固定費負担が減少したりすることによって平均単価・平均費用が減少する結果、利益率が高まる傾向のこと。

    解説

  • 19

    規模の不経済

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 規模が大きくなることにより発生する不効率性のこと。規模の経済の反意語。例えば、システム開発などの業種の場合、プロジェクトの規模が大きくなるほど、この規模の不経済が働き、単純なプログラム本数の増加率以上のコストがかかりやすい。

    解説

  • 20

    競争戦略

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マイケルポーターが提唱した考え方で、競争相手に打ち勝つための基本戦略として、コストリーダーシップ戦略、差別化戦略、焦点絞込戦略という3つの方向性を示した。

    解説

56665

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ