zuknow learn together

新しい教材を作成

経営学用語1

カード 20枚 作成者: junichi (作成日: 2013/11/11)

  • 7S

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

お役に立てたら幸いです!

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    7S

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 戦略立案や組織の効率性を分析する際の視点・フレームワークとしてマッキンゼーが提唱した考え方。

    解説

  • 2

    80:20の法則

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パレートの法則の通称。パレートの法則とは、イタリアの経済学者パレートが提唱した法則で、所得上位20%の所得累計が社会全体の所得累計の80%を占めるというもの。「80:20の法則」とも呼ばれる。

    解説

  • 3

    MOT

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マネジメント・オブ・テクノロジー(Management of Technology)の略称で、技術を継続的な事業創出に結びつける手法をいう。テクノロジー・マネジメント(Technology Management)とも呼ばれる。

    解説

  • 4

    PEST分析

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 政治(Politics)、経済(Economics)、社会(Society)、技術(Technology)の側面から、経営戦略立案に関するマクロ環境を分析するフレームワーク。企業等を取り巻く外部環境を分析、整理するために使用する。

    解説

  • 5

    RBV

    補足(例文と訳など)

    答え

    • リソースベーストビュー(Resource Based View)の略称。リソースベーストビューとは、バーニーが提唱した企業内部の経営資源に軸足を置いた戦略論。RBVと略される。市場におけるポジショニングに軸足をおいたポーターの戦略論と対照的な戦略論。

    解説

  • 6

    SCPモデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 企業の収益性は産業構造に依存しているという考え方。産業構造が事業体にとって魅力的であれば、事業活動次第で高い収益性を上げることができるが、逆に産業構造が魅力的でない場合には事業活動でどれだけ努力してもそれなりの収益性しか達成できないとするもの。

    解説

  • 7

    V字カーブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 事業規模を横軸に収益性を縦軸において、特定の市場や産業に属する企業群を配置してみると、規模の小さい企業と規模の大きい企業とが収益性に優れ、中規模の企業群の収益性が相対的に劣るように見える経験則。

    解説

  • 8

    X理論、Y理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マグレガーが提唱した組織管理論のこと。人間には2種類のタイプがあり、本来怠け者であり仕事をしたくないタイプ(X理論型)と自発的に行動し向上の努力をするというタイプ(Y理論型)があるとした。

    解説

  • 9

    アンゾフの戦略モデル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アンゾフのマトリクスとも呼ばれ、PPM(プロダクトポートフォリオマネジメント)と同様に企業のとるべき戦略について、製品と市場の2軸からなるマトリクスを以ってモデル化して説明したもの。

    解説

  • 10

    イノベーター理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エベレット・M・ロジャース教授が提唱した新商品(イノベーション)の普及理論。消費者を新商品に対する購入態度により、以下の5つに分類し、オピニオンリーダーへの普及が新製品の普及可否(成功可否)を左右するポイントであるとしている。

    解説

  • 11

    オペレーショナルエクセレンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 普段の業務改善のこと、あるいはこのような業務改善プロセスが現場に定着し、組織としての強みとしている状態のこと。OpXと略すこともある。

    解説

  • 12

    カスタマーインティマシー

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 顧客との親密な関係のこと。いわゆる顧客の囲い込み、顧客との良好な関係の強化により、企業の競争力を高めようとする考え方のこと。

    解説

  • 13

    キャズム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マーケティング・コンサルタントのジェフリー・A・ムーアが提唱した概念で、新商品や新サービスの普及にあたって、初期市場での普及からメインストリーム市場での普及の間に存在する「深く大きな溝」のこと。

    解説

  • 14

    ゲーム理論

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フォン・ノイマンとモルゲンシュテルンにより提唱された学問的アプローチのことで、複数の主体が一定の目的をもって互いに影響を及ぼしあうような場合に、数学的にこれをモデル化し起こりうる帰結を類推しようとするアプローチ。

    解説

  • 15

    コアコンピテンス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本来的には、他社に真似のできない技術・営業上の本質的な強み、それらを生み出す能力といった企業の競争力の源泉のこと。一方、そのような強みは多くの企業が有しているものではないことから、自社内で相対的に強いとされる技術・営業上の強みのことをそう呼ぶことも多い。

    解説

  • 16

    スケールメリット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 規模の経済のこと。規模の経済とは、事業規模が拡大するにつれて購買力が向上したり、製品当りの固定費負担が減少したりすることによって平均単価・平均費用が減少する結果、利益率が高まる傾向のこと。

    解説

  • 17

    スコープメリット

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 範囲の経済のこと。範囲の経済とは、事業を多角化したり、商品やサービスのラインアップを拡大することによって得られるシナジー効果を通じ、製品当り・顧客当り平均コストが減少する結果、利益率が高まる傾向のこと。

    解説

  • 18

    セカンドムーバーズアドバンテッジ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 新規業態や新市場へ最初の参入者が出た後の反応を見極めながら、2番手として進出することで得られる利得のこと。

    解説

  • 19

    タイムベース競争

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時間的な優位性を以って競争優位を築こうとする競争、もしくはその戦略のこと。

    解説

  • 20

    テイラーの科学的管理

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 熟練労働者の作業を分析し、各職種の最も能率的な標準作業手順を科学的に設定し、これを基準に一日の標準作業量を決め、それを用いて未熟練労働者の作業の質と量とを標準化しようとする管理手法。

    解説

56674

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ