zuknow learn together

新しい教材を作成

四字熟語「ろ」

カード 26枚 作成者: アヤカ (作成日: 2013/11/11)

  • 螻蟻潰堤(ろうぎかいてい)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

「ろ」から始まる四字熟語です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    螻蟻潰堤(ろうぎかいてい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 大きな事件や事故もほんの小さな原因からもたらされることのたとえ。けらやありが掘ったようなごく小さな穴でも、いずれは大きな堤防を壊してしまうことになる意から。

    解説

  • 2

    老驥伏櫪(ろうきふくれき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 年老いた名馬は、使われないで馬小屋の中に寝ていても、なお千里をかける志を捨てない。英雄が年老いても大志を捨てないで、強い気力を持ち続けることのたとえ。

    解説

  • 3

    老少不定(ろうしょうふじょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 老人も少年もいつ死ぬかわからないこと。死期は予知できず、人の命のはかなく寿命の定めがたいたとえ。

    解説

  • 4

    老成円熟(ろうせいえんじゅく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 豊富な経験をもとに考えや態度が柔軟な様子。老練で物事を慎重冷静に処理すること。

    解説

  • 5

    老成持重(ろうせいじちょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 老練でしかも慎重なさま。経験を積んでいて物事を慎重冷静に処理すること。

    解説

  • 6

    籠鳥檻猿(ろうちょうかんえん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 自由を束縛されて、思い通りに生きられないもののたとえ。かごの中に閉じ込められた鳥と、おりに閉じ込められた猿の意から。

    解説

  • 7

    老当益壮(ろうとうえきそう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 老年になっても、ますます盛んな意気を持って困難にも立ち向かうべきであるということ。

    解説

  • 8

    老若貴賤(ろうにゃくきせん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 老人・子ども・身分の高い者・身分の低い者。年齢や身分にかかわらない、あらゆる人々。

    解説

  • 9

    老若男女(ろうにゃくなんにょ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 老人も若者も男も女も。年齢や男女の別なくすべての人々。

    解説

  • 10

    老若貧富(ろうにゃくひんぷ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 老人・子ども・貧乏人・金持ち。年齢や、貧富の差にかかわらない、あらゆる人々。

    解説

  • 11

    老婆親切(ろうばしんせつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 年を取った女性がくどくどと必要以上に世話をやくこと。また、広く、必要以上の世話。老婆心。

    解説

  • 12

    老病生死(ろうびょうせいし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 年とって病気になったり、死んだりすること。

    解説

  • 13

    露往霜来(ろおうそうらい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 露が降りる秋の季節が去って、霜の降りる冬の季節が到来する意。転じて、時の過ぎるのが早いたとえ。

    解説

  • 14

    炉火純青(ろかじゅんせい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 炉の火炎が純青になると温度も最高に達する。転じて学問や技芸が最高の域に達すること。名人の域に達するたとえ。

    解説

  • 15

    魯魚亥豕(ろぎょがいし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 文字の書き誤りのこと。また、書き誤りやすい文字のこと。

    解説

  • 16

    魯魚之誤(ろぎょのあやまり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 似ている文字を間違うこと。

    解説

  • 17

    鹿死誰手(ろくしすいしゅ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 天下は、まだ誰が統一するか不明。勝敗の決まらない状態をいう。

    解説

  • 18

    六十耳順(ろくじゅうじじゅん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 六十歳で異なる考えも素直に聞き入れられるようになると言うこと。

    解説

  • 19

    六菖十菊(ろくしょうじっきく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 手遅れのたとえ。

    解説

  • 20

    六道輪廻(ろくどうりんね)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 人間の霊魂が、六道の世界に転々と生を受け、永遠に迷い続けること。

    解説

  • 21

    六根清浄(ろっこんしょうじょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 人間の欲望や迷いを断ち切って、心身を安らかに保つこと。

    解説

  • 22

    炉辺歓談(ろへんかんだん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 炉端でうちとけて楽しく話し合うこと。

    解説

  • 23

    炉辺談話(ろへんだんわ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: いろりばたでくつろいでするおしゃべり。ろばたの四方山語(よもやまご)。

    解説

  • 24

    驢鳴犬吠(ろめいけんばい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 驢馬が鳴き、犬がほえる。聞くに足りないもの、つまらない文章などのたとえ。

    解説

  • 25

    論功行賞(ろんこうこうしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 功績をあげたものに、それにふさわしく相応した賞を与えること。

    解説

  • 26

    論旨明快(ろんしめいかい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 議論の趣旨が明らかでしっかりしていること。

    解説

56806

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ