zuknow learn together

新しい教材を作成

地学3編

カード 10枚 作成者: nao (作成日: 2016/02/16)

  • 2〜5年間隔でペルー沖の海水温が上昇。日本付近の気候にも影響。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

てっすっとっ範囲

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    2〜5年間隔でペルー沖の海水温が上昇。日本付近の気候にも影響。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エルニーニョ現象

    解説

  • 2

    大気圧:上空ほど小さい。地上の標準気圧は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1013hPa(ヘクトパスカル)

    解説

  • 3

    大気の温度構造:3つの熱源で加熱。熱源は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地表面、オゾン層、太陽放射エネルギー

    解説

  • 4

    主体は可視光線で、受けるエネルギー量を太陽定数という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太陽放射

    解説

  • 5

    地球放射:主体は赤外線。太陽放射との量がつり合っているこのことを?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 放射平衡

    解説

  • 6

    地球の熱収支:宇宙、大気、地表の間の熱の出入りのこと。収支は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0

    解説

  • 7

    大気(主にH2O、CO2)によって地表面は温暖。平均気温は15℃

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温室効果

    解説

  • 8

    大気は3つの循環が基本になっており、赤道付近で加熱され上昇し、亜熱帯で下降する流れを○○○○循環という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハドレー

    解説

  • 9

    日本付近(中緯度)の地表付近では、○○風が循環の一部をなしている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 偏西

    解説

  • 10

    海水の密度が大きくなるには、塩分、海水温がどうであればよいか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 塩分:多 海水温暖:低

    解説

56615

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ