zuknow learn together

新しい教材を作成

会社法_機関1

カード 21枚 作成者: kaz510 (作成日: 2016/02/13)

  • 327-1-1公開会社の取締役会設置の強制の趣旨

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    327-1-1公開会社の取締役会設置の強制の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公開会社の株主は、無個性であり、多数かつ変動する可能性が高い。酔って業務執行の意思決定機関として取締役会の設置が強制される

    解説

  • 2

    取締役会設置会社の株主総会の権限は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会の権限は限定される(295-2) ※非公開会社であっても取締役会を設置すれば295-2が適用されるので株主総会は万能機関とならないことに注意

    解説

  • 3

    取締役会非設置会社の株主総会の権限 (非公開会社)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非公開会社は、取締役会の設置は任意であり(326)、取締役会を設置しない場合、株主は少数かつ個性のある株主である可能性が高いから万能機関とされる

    解説

  • 4

    公開会社の株主総会の決定 298-1,4

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社の内紛が生じた際に複数の総会が開催されたりしないように取締役会の決議が求められる

    解説

  • 5

    公開会社の株主総会の招集権者は? 363-1-1

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公開会社は取締役会設置会社であり(327-1-1)、取締役会設置会社では取締役会が招集権者であり、代表取締役が業務執行として招集する。

    解説

  • 6

    299-1-2 株主総会の招集通知 の趣旨等

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公開会社は取締役会設置会社であり、取締役会設置会社では、【株主の出席と準備のため】二週間前までに原則として書面で通知する必要がある

    解説

  • 7

    309-5 株主総会の目的の事前通知の必要性 (取締役会設置会社)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公開会社は取締役会設置会社であり、取締役会設置会社では、【抜き打ち的な審議を防止するため】ひいては株主の出席と準備のために事前に通知した目的(議題)以外の決議ができない。

    解説

  • 8

    298-1,4:非公開会社における株主総会の招集決定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取締役会非設置会社では取締役が招集を決定する。 取締役会を設置すると、公開会社と同様取締役会が招集を決定する

    解説

  • 9

    296-3,298 非公開会社の株主総会の招集権者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取締役会非設置会社では、取締役が招集する。取締役会設置会社では公開会社と同様に取締役会が招集権者である

    解説

  • 10

    299-1,-2:非公開会社の株主総会招集通知

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非公開会社では一週間前までに招集通知を発すればよく取締役会非設置であれば定款でさらに短くすることも可能である、招集通知は口頭でもよい。 【非公開会社では会社と株主の関係が緊密であるあら】である。 ただし、取締役会を設置した場合、書面投票制度、電磁的投票制度を採用した場合は例外が生じる

    解説

  • 11

    309-5:非公開会社の株主総会の目的の事前通知は原則不要の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非公開会社は取締役会を設置しない限り【株主総会は万能機関であるからである(295-1)】 取締役会を設置した場合は株主総会は万能機関ではなくなるから公開会社と同様309-5の制限が及ぶ

    解説

  • 12

    297:少数株主による招集の趣旨 ※株主提案権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会活性化の制度 株主の意見の反映を容易にする制度といえる 濫用防止のため、単独提案権とはされておらず、少数株主権(100分の3)とされている

    解説

  • 13

    303:株主総会の目的(議題)の提案権の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会活性化の制度 株主の意見の反映を容易にする制度といえる。 濫用防止のため、取締役会設置会社では少数株主権(百分の1または300株)とされているが会社の負担が小さいので297条(少数株主による招集)より要件は緩和されている。 取締役会設置会社では招集通知に議題を記載しなければならないから、【会社の準備のため】に8週間の要件が設けられている

    解説

  • 14

    304:議案提案権の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会活性化の制度 株主の意見の反映を容易にする制度といえる。議題提案権(303)より会社の負担が小さいので公開会社でも少数株主権とはされていない(単独株主権)。但し、成立の可能性の低い議案については提案拒絶権が会社に認められている

    解説

  • 15

    305:自己の議案通知請求権の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会活性化の制度 株主の意見の反映を容易にする制度といえる。【濫用防止のため】少数株主権の要件、【会社の準備期間のため】の8週間ルールなど権利行使要件は議題の請求権(303)と同じであり、両方を合わせて株主提案権ということもある

    解説

  • 16

    313-1 議決権の不統一行使の趣旨 議決権

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会活性化の制度 実質株主の意思を反映するための制度

    解説

  • 17

    310-1:代理人による議決権行使の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会活性化の制度 議決権行使の機会の確保のための制度であり、株主の意見の反映を容易にする制度

    解説

  • 18

    書面投票、電子投票の趣旨 (298条1項3号、4号、311条、312条)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主総会活性化の制度 議決権行使の機会の確保のための制度であり、株主の意見の反映を容易にする制度といえる。 299-2-1書面電磁的方法によって議決権を行使できる場合は、必ず書面(電磁的方法(299-3))で通知をする 299-2-2:取締役会設置会社の場合は、必ず書面(電磁的方法(299-3))で通知をする 300但書:書面投票・電磁投票をする場合は招集手続きを省略できない

    解説

  • 19

    298-2 書面投票の強制 の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 株主の数が多い会社では書面投票を認めないと多数の株主の議決権行使が困難となる事が予想されるから【議決権行使の機会の確保】のために書面投票制度が強制される

    解説

  • 20

    301,302:書面投票制度、電磁的投票制度と参考資料の交付 の趣旨

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総会に出席しないで議決権を行使する株主に判断の材料を提供するため

    解説

  • 21

    308:相互保有株式の議決権? の趣旨?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 会社支配の不公正の防止

    解説

56551

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ