zuknow learn together

新しい教材を作成

四字熟語 よ

カード 31枚 作成者: アヤカ (作成日: 2013/11/11)

  • 余韻嫋嫋(よいんじょうじょう)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

「よ」から始まる四字熟語になります。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    余韻嫋嫋(よいんじょうじょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 発声が終わってもなお残る響きが、絶えることなく続くようす。出来事や詩文などの余情にも。余韻嫋々。

    解説

  • 2

    妖異幻怪(よういげんかい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: この世のものとは思われないあやしいものや、尋常の能力では計り知れない不思議なこと。

    解説

  • 3

    用意周到(よういしゅうとう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 何事にも用意がすみずみまで行き届き、手抜かりのないこと。

    解説

  • 4

    用意万端(よういばんたん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 準備の全て。

    解説

  • 5

    要害堅固(ようがいけんご)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 地勢が険しくて、攻め落とすのが非常に難しいようす。外的に対する守りが固いさま。

    解説

  • 6

    妖怪変化(ようかいへんげ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 人知を超えた不思議な現象や化け物。

    解説

  • 7

    陽関三畳(ようかんさんじょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 別れを繰り返し惜しむこと。陽関曲の第四句(結句)を三度繰り返しうたい別れを惜しむこと。

    解説

  • 8

    庸言庸行(ようげんようこう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: ふだんの言葉や行い。

    解説

  • 9

    用行舎蔵(ようこうしゃぞう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 出処進退の時機をわきまえていること。また、出処進退が時宜にかなっていること。君主に任用されれば、世に出て能力を発揮し、見捨てられれば、世間から身を隠し、静かに暮らすこと。

    解説

  • 10

    羊裘垂釣(ようきゅうすいちょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 解 説: 羊のかわごろもを身につけ、釣り糸をたれること。隠者の形容。

    解説

  • 11

    容顔美麗(ようがんびれい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 顔かたちが美しいこと。

    解説

  • 12

    用行捨蔵(ようこうしゃぞう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 出処進退の態度が立派で巧みなたとえ。自分が用いられるなら理想を追及して行動し、捨てられるのなら、一時理想をしまいこんでチャンスを待つという態度。

    解説

  • 13

    容姿端麗(ようしたんれい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 顔立ちも体形も整っていて美しいこと。普通は女性に使う。

    解説

  • 14

    羊質虎皮(ようしつこひ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 羊が虎の皮をかぶる。外見は立派だが、実質が伴っていないことにたとえる。見かけだおし。

    解説

  • 15

    妖姿媚態(ようしびたい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: あやしいまでにあでやかで美しく、なまめかしい姿。また、女性がその美しさを用いて、人にこびたり、人を誘惑したりすること。

    解説

  • 16

    鷹視狼歩(ようしろうほ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 猛々しく隙のない人。戦うときは頼もしいが、平時は安楽をともにしにくい。

    解説

  • 17

    用心堅固(ようじんけんご)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 心配りがしっかりとしていること。きわめて注意深いこと。

    解説

  • 18

    羊頭狗肉(ようとうくにく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 実質や内容が見かけと一致しないこと。見掛け倒しのこと。

    解説

  • 19

    陽動作戦(ようどうさくせん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 敵の注意をそらすために別の方面でわざと目立った動きをする作戦。

    解説

  • 20

    養生喪死(ようせいそうし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 生ある者を十分に養い、死んだ者を手厚く弔うこと。孟子は、これを王道政治の始めとした。

    解説

  • 21

    庸中佼佼(ようちゅうのこうこう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 平凡な人々の中で、やや勝っている者のこと。

    解説

  • 22

    容貌魁偉(ようぼうかいい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 顔つき、体つきがたくましくて立派なさま。

    解説

  • 23

    容貌端正(ようぼうたんせい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 顔かたちが整っていて、きちんとしていること。

    解説

  • 24

    用和為貴(ようわいき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 仲よくすることが、最も大切であるということ。人と人とが和合することの重要性をいう語。

    解説

  • 25

    瑶林瓊樹 (ようりんけいじゅ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 宝石のように美しい林と木。品格が気高く、人並み外れてすぐれていることのたとえ。

    解説

  • 26

    欲念邪意(よくねんじゃい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: むやみにものを欲しがったり、不正を働こうとしたりする心。

    解説

  • 27

    沃野千里(よくやせんり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 土地の肥えた原野が、広々と続いていること。広大に開けた肥沃な平野のたとえ。

    解説

  • 28

    抑揚頓挫(よくようとんざ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 音楽や言葉の上げ下げの調子が急に変化してくじけること。

    解説

  • 29

    欲求不満(よっきゅうふまん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 自分の願いや希望がかなえられず、いらいらしたりなどして精神的に不安定な状態。

    解説

  • 30

    夜目遠目(よめとおめ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 夜見たり、遠くから見たりすること。

    解説

  • 31

    余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: ゆったりとしてあせらない、落ち着いていること。せこせこしない様子。余裕綽綽。

    解説

56962

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ