zuknow learn together

新しい教材を作成

11.太宰府:大野城及び周辺

カード 151枚 作成者: enchan (作成日: 2014/03/01)

  • (1)縁起による四王寺山の名前の由来の2説は(2-3)?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    (1)縁起による四王寺山の名前の由来の2説は(2-3)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①王城神社 ②神武天皇の東征の折,天皇初めての地→初(始)王地, ③皇子が生まれた→初(始)王子

    解説

  • 2

    生まれた皇子を誰に守らせた?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 田中熊別

    解説

  • 3

    山の峰を二柱に守らせたとなっているがその二柱とは?そしてその後どう推移した?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 武甕槌命→春日神社 事代主命→王城大明神

    解説

  • 4

    日本書紀によると大野城は百済の高官に築かしむとある。どんな官位の誰と誰?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 共に達率で、憶礼福留と四比福夫

    解説

  • 5

    大野城と同時期に出来た城は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 基肄城

    解説

  • 6

    大野城は百済の何処を真似たと言われる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 扶蘇山城 プヨの北に流れる白馬江(昔の白村江)の川辺に聳えている小高い山"扶蘇山"に建てられた山城。昔の百済の都の中心地で泗沘城ともいわれる。1963年に史跡第5号に指定さる。山腹の東屋,半月楼がある所から山頂までの約600mの山城内には軍倉址や迎日楼などがあり,土築城壁もそのまま残っている。

    解説

  • 7

    大野城は,外周約(1)km,総延長約(2)km,土塁の高さは概ね(3)m,基部幅約(4)m,傾斜角度約(5)度である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①6.5 ②7.8 ③6.4 ④11.4 ⑤70

    解説

  • 8

    石垣は総石垣と帖石垣があるがそれぞれ特徴は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 総石垣は,城壁が芯まで積み上げられ,帖石垣は城壁の表面を覆ったもの,いわば化粧

    解説

  • 9

    百間石垣は(1)の勾配を持ち,東側には(2)と(3)石垣があり北の防衛線となっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①70度 ②北石垣 ③小石垣

    解説

  • 10

    大野城は(1)年,(2)法により(3)史跡となり,(4)年には(5)法によって(6)史跡となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1932年(昭和7) ②史跡名勝天然紀念物保存法 ③国の史跡 ④1953年(昭和28) ⑤文化財保護法 ⑥国の特別史跡

    解説

  • 11

    現在までに発見されている城門は(九ヶ所)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原口、太宰府口、観世音寺口、坂本口、水城口、クロガネ岩、宇美口、北石垣、小石垣

    解説

  • 12

    城門に口がつくのとつかないのとの違いは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 口がつくのは南側の登り口。ただ宇美口は北側に一箇所しか発見されていなかったので。新たな北側城門にはつけない。

    解説

  • 13

    北石垣城門から出土した国重文は(1)具。その形状は上部(2)形,下部(3)形,長さ(4)cm,重さ(5)kg。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①軸受け金具(唐居敷の軸受けにはまったまま発見された) ②半球形 ③方形 ④25.5cm ⑤12.8kg

    解説

  • 14

    北石垣城門は二重になった(1)側土塁の(2)周側に位置し,東の(3)石垣,西の(4)石垣と連なり両者は(5)積み。北石垣は尾根上で(6-7)の上下二段となっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①北 ②内 ③小石垣 ④百間 ⑤石 ⑥⑦石垣と土塁

    解説

  • 15

    太宰府城門口のⅠ期の門から出土した国重文は(1)で,Ⅲ期の門から出土したのは(2-4)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①三文字が刻まれた刻書木柱 ②-④地鎮具(鉇=鉈 やりがんな,なた・鏡・鋤先など)

    解説

  • 16

    刻書木柱の木自体は(1)年産と測定され,刻まれたのは(2)年頃で刻まれた三文字は(3)。材質は(4),径(5)cm,高さ(6)cmの日本最古級。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①648年 ②665年頃 ③孚石部or都 ④高野槙 ⑤46cm ⑥106cm 高野槙 日本と韓国済州島にだけ残存。世界三大造園木の1つで木曽五木の1つ。古代,棺材として最上級とされた。弥生古墳時代には木棺として使用。和名は高野山に多く生えていることに由来する。霊木。水に強い。

    解説

  • 17

    現在まで発見された礎石建物群は(八ヶ所)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主城原・村上、尾花、増長天、猫坂、広目天、八ツ波、御殿場

    解説

  • 18

    主城原礎石群は周囲を見渡せることもあり(1)があったとされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①司令部

    解説

  • 19

    (1)城門の上にある尾花礎石群は纏まった建物配置。その一棟から(2)が採集されたことにより(3)とも呼ばれる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①太宰府口 ②炭化米 ③焼米原(やきごめのはら)

    解説

  • 20

    焼米原には(1)の墓であるざとうの塔があり,別に紹運の家臣(2)以下68名の慰霊碑もあり裏に高橋紹運の辞世の句(3)が記されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①玄清法印 ②村山刑部 ③流れての末の世遠く埋もれぬ 名をや岩屋の苔の下水

    解説

  • 21

    増長天礎石群は(1)とも呼ばれ湧水池(2)がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①鏡が池礎石群 ②鏡が池

    解説

  • 22

    最高所の鼓が峰にある神社は何を祀っている?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毘沙門天。また四天王を祀った神社もある。

    解説

  • 23

    広目天礎石群にある井戸の名前は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • けいさしの井戸。謂れも名の由来も不明。

    解説

  • 24

    百間石垣は長さ(1)mで(2)城門と一連で構築された。(3)石垣はその反対側にある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①180 ②宇美口 ③大石垣

    解説

  • 25

    (1)山での雨乞は(2)が創始した。その後(3)の弟子8人が開いた(4)が担当した

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①水瓶 ②最澄 ③円珍 ④原八坊

    解説

  • 26

    水瓶山頂の(1)という祠にある石碑の正式名は(2)で,西暦(3)年にあたる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①雲竜神 ②正平八年銘法華曼荼羅板碑 ③正平とは南朝が使った年代。8年は1353年。針摺原の戦いが行われた年。

    解説

  • 27

    大野城は(1)年に糧米を城倉へ納める命令の(2)を最後に歴史上から消える。以上の事は(3)に記載されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①876年(貞観18) ②太政官符 ③類聚三代格 876年は清和天皇の最晩期。藤原良房が摂政として辣腕を振るった。

    解説

  • 28

    玄清法印は(1)の称号を授かり,奏でた琵琶流は(2)文化財として高宮の(3)で保存中。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①成就院 ②県指定無形 ③成就院

    解説

  • 29

    四王寺山三十三観音霊場のうち唯一磨崖仏であるのは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 三番札所の千手千眼観音菩薩立像

    解説

  • 30

    四王寺は(1)天皇の世の(2)年に(3)命で創建されたものである。新羅の(4)に対抗する形で創建された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①光仁天皇 ②774 ③太政官符 ④呪詛

    解説

  • 31

    四王寺の場所は(1)地の(2)峰。僧(3)人配置し昼間は(4)経の(5)を唱えた。四王寺には(6)像で出来た(7-10)が祀られた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①高顕浄地 ②鼓が峰 ③四人 ④金光明最勝王経 ⑤四天王護国品 ⑥塑像 ⑦-⑩多聞 持国 広目 増長の四天

    解説

  • 32

    類聚国史は(1)が編纂した分類歴史書で(2)寺の事も詳しく記されている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①菅原道真 ②四王寺(院)

    解説

  • 33

    (1)年に四天王像は(2)に遷った。(3)年に再度鼓が峰に戻った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①801 ②筑前国分寺 ③807

    解説

  • 34

    820年(弘仁11年)の大宰府牒の内容は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 観世音寺講師が筑前国講師に代わって四王寺の悔過を行う。管轄が筑前から大宰府へ。 820年は桓武-平城-嵯峨-淳和と桓武の子が三代続いた。

    解説

  • 35

    (1)法王編集の梁塵秘抄によると筑紫の霊験所は四王寺以外の四寺は(2-5)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①後白河 ②-⑤大寺、清水寺、武蔵、清滝 筑紫の霊験所は、大山おおやま 四王寺 清水寺(しみずでら)、武蔵(むさし)清滝(きよたき)、豊前国の企救(きく)の御堂な、竈門の本山(ほんざん)彦(ひこ)の山

    解説

  • 36

    原山普賢院無量寺の原八坊とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 華台坊・六度寺・安祥寺・十境坊・真寂坊・宝寿坊・寂門坊・明星坊

    解説

  • 37

    原八坊で発見された市指定文化財(考古資料)は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 銅製経筒経巻共附陶製外容器

    解説

  • 38

    無量寺と谷を隔てた所にある円珍由来の堂は?また何が祀られている?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 普賢堂、普賢菩薩

    解説

  • 39

    十年以上原山にいた一遍が師事したのは(1)上人。また一遍上人の一生を描いた国宝の絵図名は(2)。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①聖達上人 ②一遍聖絵

    解説

  • 40

    尊氏東征後,原八坊に置かれた南朝の中心となった役所名は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 征西府

    解説

  • 41

    原八坊は(1)年の(2)で灰塵に帰し山を降りて天満宮の(3)となり,原八坊の祈祷は(4)坊の(5)が引き継いだ。また良寛が発案し,博多・宇美・太宰府の人々が1800頃開いたのが(6)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1586 ②岩屋城の戦い ③社家 ④華台坊 ⑤良寛 ⑥四王寺山三十三観音霊場

    解説

  • 42

    原八坊周辺から出土した国重文の中国呉越王が作らせた(1)のそもそものルーツはインドの(2)まで遡る。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①銭弘俶八万四千塔 ②アショーカ王

    解説

  • 43

    原山記念碑は(1)年に原八坊の関係者が後世に消滅するのを恐れ建立した。選書は(2)の命を受け(3)が制作した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1905年(明治38) ②五卿 ③大城谷良範 (良範は御卿が太宰府滞在中に命を受けていた)

    解説

  • 44

    四王寺石仏は寛政10-12年日照りや天然痘の蔓延により(1)に倣って造られた。唯一の磨崖仏は3番札所の(2)で(3)山にある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①西国33ヶ所巡り ②千手観音菩薩立像 ③水瓶山

    解説

  • 45

    一時期浦ノ城は(1)氏の公城(役所)の一つとされ,(2)城とも称された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①少弐 ②太宰府城

    解説

  • 46

    原山無量寺は現在の(1,2,3,4)の住宅地に広大な寺域を占めていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ー④浦之城、水瓶、醍醐、三条台

    解説

  • 47

    原山無量寺(原八坊)は(1)が入唐の途中船待ちの間に弟子の八人が開いた。(2)の葬儀は原八坊あげて取り組んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①智証大師円珍 ②菅原道真

    解説

  • 48

    水瓶山の別名(1)は,雨を司る龍神(2)が祀られていたからとされる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①岡見山 ②龗神(おかみ)

    解説

  • 49

    四王寺山は古来,西を(1),その峰を(2),東を(3)南を(4)更に(5)を加え一つの(6)山という。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大城山 ②鼓が峰 ③大原山 ④岩屋山 ⑤水瓶山 ⑥大野山

    解説

  • 50

    太宰府口城門から出土した政庁跡からも出土したものとは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鬼瓦

    解説

  • 51

    1353年の雨乞は水瓶を掘り出し(1)の道を山頂まで登った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①龍上げの道 1353年は針摺原の戦いあり。山頂に正平八年銘法華曼荼羅板碑あり。

    解説

  • 52

    毘沙門堂付近から国重文が四点発見された。それは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水晶の軸端(経典の軸の両端の飾り),文様塼,経塚群,石造如来形立像 ※軸端は九州歴史資料館,石造は宇美八幡所蔵

    解説

  • 53

    大野城太宰府旧蹟全図北図に国分村から(1)のけいさし井へ至る尾根に(2)の記載がある。古代の(3)跡で麓の国分地区から(4)型に見えることから(5)山と呼ばれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①広目天 ②火ノヲ ③烽火場 ④三角のおにぎり型 ⑤三角山

    解説

  • 54

    古代太宰府の景観は(1)山を中心とした現代をも凌ぐ森林伐採と高度な土地利用で(1)山の植生景観は(2)世紀の植林に負う部分が大半である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①四王寺山 ②20

    解説

  • 55

    原口城門跡が発見された根拠の一つは旧蹟全図に書き込まれていた(1)と言う文字であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大人足形(おおひとあしがた)

    解説

  • 56

    小石垣城門跡が発見された根拠の一つは,旧蹟全図に書き込まれていた(1)という文字であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 門の石スエ

    解説

  • 57

    北石垣あたりの事を旧蹟全図では(1)と書いてあった。また城門は(2)構造であった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①石カキ谷 ②懸門構造

    解説

  • 58

    宇美口城門近くで発見された礎石は何個? 現在どこにある?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3個 1個は県民の森センター、2個は宇美町歴史民族資料館

    解説

  • 59

    屯水は4つある四王寺山のどの山中にある?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大城山

    解説

  • 60

    御殿場礎石群跡の特徴は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出土物の殆どが平安ー鎌倉時代の物、又巻物の一部が出土した事より大野城ではなく774年以降の四王寺関連で建造された建物群であろう。

    解説

  • 61

    八ツ波礎石群跡の特徴二点は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①土塁より100m下にあり、②整然と建物が並んでいる。

    解説

  • 62

    四王寺山に四天王を設置したのは49代(1)天皇で,新羅侵攻の恐れも無くなり51代(2)天皇はそれを(3)寺に移した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①光仁天皇 ②平城天皇(へいぜい) ③筑前国分寺

    解説

  • 63

    801年に四天王は国分寺に移されたが疫病は衰えず(1)年には戻された。その後(2)年には四天王寺に(3)像が造立された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①807 ②811 ③釈迦如来像

    解説

  • 64

    811年四天王寺に釈迦如来像を造立したのは(1)代(2)天皇である。同年四天王寺の流れを汲んだ(3)が麓に建立された.

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①52 ②嵯峨天皇 ③坂本善正寺

    解説

  • 65

    猫坂礎石群の特徴二点とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.土塁内にあるが標高の高い所にある 2.十分な広さが無いのに倉庫が建てられている。

    解説

  • 66

    広目天礎石群の建物は(1)棟だけで(2)であると推定されている。またその事は(3)を意味するものである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①一棟 ②仏間,礼拝堂 ③呪詛の意味合いから祈りの山へ役目が変わった。(御殿場礎石群も同様?)

    解説

  • 67

    けいさしの井は(1)城門の近くにあり,別命(2,3)などと呼ばれたりする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①水城口城門 ②③独鈷水の井,広目天の井

    解説

  • 68

    旧蹟全図では門石スエと記載されている場所は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水城口城門

    解説

  • 69

    水城口城門の特徴は一度も(1)られた形跡がない,9つの城門のうち一番(2)い所に位置する,更に(3)のある唐居敷である事。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①建替え(掘立柱方式) ②高い ③蹴放しの材を固定するための割り込み

    解説

  • 70

    大石垣は筑前国続風土記では高さ(1)m,長さ(2)mと書かれている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①5m ②140m (鏡山猛の研究では高さ6m,長さ60mである)

    解説

  • 71

    大石垣の排水はどんな構造でそれはどうした状況が想像されるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 底部石垣を乱雑に組み排水とした。水門をつくる時間的余裕が無かった

    解説

  • 72

    観世音寺口城門を城内へ150m進むと(1)礎石群や(2)池があり,城外の300m先には(3)跡がある。また城外一帯は東西に細長い平坦地の(4)と呼ばれていた(5)場がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①増長天 ②鏡 ③岩屋城本丸跡 ④馬責 ⑤馬の訓練

    解説

  • 73

    観世音寺口城門の構造状の大きな特徴は壁面,床面,石段と全面(1)で構築した構造である事。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①石

    解説

  • 74

    観世音寺資材帳に記載されている(1)門が当観世音寺口城門といわれる根拠は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①遠賀門(おかもん) 大野城山は寺社領でその北限が遠賀門と記載されており当てはまる。

    解説

  • 75

    旧蹟全図ではクロガネ岩城門の所を何と書いてある?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロカ子(ね)門の石スエ

    解説

  • 76

    大野城跡で見られる壁に柱を立てる建物の事を(1)建物,それに対して碁盤上の碁石のように柱を建てる建物を(2)という。(1)建物が見られる礎石群4ヶ所は(3)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①側柱(かわばしら)建物 ②総柱建物 ③主城原、村上礎石群、増長天、八ツ波

    解説

  • 77

    大野城の城域は東西約(1)km,南北約(2)kmである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1.5km ②3km

    解説

  • 78

    大野城には7つの石垣があるが原口城門から時計回りに?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原石垣、水ノ手石垣、大石垣、屯水石垣、百間石垣、北石垣、小石垣

    解説

  • 79

    太宰府口城門は(1)の方角からの土塁と谷部に積まれた長さ(2)mの(3)石垣が一体的な構造となっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①東 ②20m ③水ノ手石垣

    解説

  • 80

    現地表の太宰府口城門は(1)時代以降の(2,3)期に亘って継続した(4)葺の門である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①奈良 ②③Ⅱ,Ⅲ期 ④瓦葺

    解説

  • 81

    太宰府口城門はⅠーⅢ期と段階的に整備されたとする根拠は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 現地表に残された門の切通付近は基壇状に高くなり前後面には石列を配しているがその中にはⅠ期の唐居敷がある。

    解説

  • 82

    (1,2)以外の城門は城門前面に段差を設けた(3)と呼ばれる構造である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①②太宰府口城門,宇美口城門 ③懸門

    解説

  • 83

    7石垣の内,高い所にあり特別目につきやすい石垣は(2)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 原石垣,北石垣

    解説

  • 84

    7石垣の内,完全に谷部であるため作られた石垣は(2)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大石垣,屯水石垣

    解説

  • 85

    全国でも唯一である土塁の基部に暗渠が作られている石垣は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北石垣 (北石垣は土塁の上に石垣があるので)

    解説

  • 86

    石垣自体の基部に石組みの暗渠を作っているのは(2)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 百間石垣,水ノ手石垣

    解説

  • 87

    御殿場礎石跡の毘沙門地区で文様塼が出土したが塼は限られた場所でしか出土していない。他はどこ(3)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 政庁跡、学校院跡、観世音寺

    解説

  • 88

    「大城」銘墨書土器が(1)官衙跡から出土したがこれは何を意味するのか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①不庁 大野城を管理する事務を不庁地区の官衙で行っていた。

    解説

  • 89

    大野城ではこれまでに(1)カ所の礎石跡から(2)棟の高床倉が確認された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①八 ②四十九

    解説

  • 90

    古代大野城に関する最後の記録は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 延喜五年(905)観世音寺資材帳の山章に「大野城山」「遠賀(おか)門」が見える。

    解説

  • 91

    大野城の城としての最後の記事は(1)記載の(2)符で(3)年の事である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①類聚三代格 ②太政官 ③876年(貞観18年)

    解説

  • 92

    (1)年に四王寺山(2)に(3)が埋納され以後経塚造営が盛んになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①1106年 ②坂本 ③銅製経筒(県指定有形) (鋳銅製の経筒で、蓋は宝珠形のつまみの付いた六角形の被せ蓋で、蓋を被せた総高は30.3cmになります。筒身には経塚造営の主旨や長治3(1106)年などの銘文が刻まれています。六角形の蓋が付く円筒形経筒は珍しいものです。太宰府市坂本から出土したものです。) 県指定有形文化財(考古資料)

    解説

  • 93

    各城門から現在まで(1)個の唐居敷が発見され,城門自体は7C後半は(2)構造,8Cからは(3)建ちとなる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①15 ②掘立柱 ③礎石

    解説

  • 94

    最澄 空海 円珍の三僧はそれぞれ(1)(2)(3)の山で唐への航海安全の祈願を行った。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①宝満山 ②背振山 ③四王寺山

    解説

  • 95

    大野城は古代(1)城としての歴史より(2)の建立に始まる祈りの山としての歴史の方が長い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①山(朝鮮式山城) ②四天王寺

    解説

  • 96

    元々の山名は(1)で(1)の頂きを(2)と呼んだ。国土地理院の地図も(2)を四王寺山の最高所,つまり頂きとしている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①大野山 ②大城山

    解説

  • 97

    823年に(1)を担当する(2)が置かれ,826年には(3)兵士の制が廃止され大城山は(4)の要員として(5)が配置された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①管理 ②主城 ③軍団 ④修繕⑤衛卒

    解説

  • 98

    (1)で出来た四天王像の前で(2)名の僧が昼間は(3)経,夜間は(4)を読誦した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①土:塑像 ②4 ③今光明最勝王 ④神呪

    解説

  • 99

    四王寺の専当官は(1:役職)以上の1名が任じられ,必要な経費などは大宰府の(2)及(3)諸国より納められた(4)を充当した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①監 ②府庫 ③西海道 ④正税 専当官?吉備真備の造怡土城専当官につぐ二例目。

    解説

  • 100

    鉄製の大型の(1)が太宰府口城門から出土,採集場所は不明だが扶蘇山城と同類の(2)も出土した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①釘 ②鉄矛(てつほこ)

    解説

  • 101

    太宰府口城門出土の刻書柱根は第何期の城門のものか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 第1期

    解説

  • 102

    これまでの三種類の単弁(1)文軒丸瓦全てが(2)礎石群跡からの出土である。稀な出土である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①蓮華文 ②主城原

    解説

  • 103

    これまで城門跡から出土した瓦の殆どは(1)弁(2)文軒丸瓦で,今回(3)岩城門跡から(4)弁(2)文軒丸瓦が出土した。これは(5)礎石群から僅か出土した例に次ぐもの。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①複 ②蓮華文 ③クロガネ ④単 ⑤主城原

    解説

  • 104

    北石垣城門跡の石製唐居敷に嵌った状態で出土したのは(1)で(2)製。上半部(3)cm下半部(4)cm重さ(5)kgであった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①軸摺金具(じくずり) ②鋳鉄(ちゅうてつ) ③10 ④15.5 ⑤12.8

    解説

  • 105

    軸摺金具が出土した(1)城門跡の門道部から鉄製の(2)金具も出土した。城門に用いられた飾り(3)であろう。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①北石垣 ②鋲(びょう) ③釘

    解説

  • 106

    大宰府(1)地区官衙出土の木簡に基肄城に備蓄された(2)の(3)に関する記述があり,軍事だけでなく飢饉,疫病にも利用された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①不丁 ②稲穀 ③班給

    解説

  • 107

    弘仁14年西暦(1)年には大野城の管理の徹底のため(2)2名がおかれた。2名の夫々の役職は(3,4)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①823 ②主城 ③④大主城 少主城

    解説

  • 108

    鴻臚館式軒瓦は(1)C前葉に礎石建物となる第(2)期政庁の造営に多く使われた瓦で大野城跡でも数多く出土する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①8 ②Ⅱ つまり大野城への太宰府の関与を示している。

    解説

  • 109

    鴻臚館式軒瓦は(1)弁(2)蓮華文で,外区内縁に(3)文をめぐらせ,外区外縁は(4)文である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①複 ②八葉蓮華文 ③珠文 ④素文

    解説

  • 110

    老司系軒丸瓦は,(1)弁(2)文であるが弁が丸みを帯び単弁気味となるがあくまで(1)弁で外区外縁に(3)文を巡らす。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①複 ②八葉蓮華文 ③陽起鋸歯文(ようききょしもん)

    解説

  • 111

    太宰府中枢施設からだけ出土する鬼瓦が(1)式鬼瓦(2式3)で,大野城では(4)で出土した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①太宰府式 ②Ⅰ ③A ④太宰府口城門

    解説

  • 112

    太宰府跡で出土する礎石建物の床面を装飾した(1)は(2)文と周縁の(3)文を特徴とする(4)。同じものが大野城跡の(5)(6)でも出土した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①塼 ②宝相華文 ③珠文 ④文様塼 ⑤⑥主城原地区周辺,毘沙門堂付近

    解説

  • 113

    宝相華文と珠文を特徴とする太宰府を代表する(1)が主城原周辺で採集された事の意味は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①文様塼 この主城原地区に中枢的な機能を持つ建物があった。

    解説

  • 114

    太宰府口城門の(1)期跡から出土した(2)鎮具は(3)形4点,(4)形1点と長さ12.5cmの研がれていない(5)1点である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①Ⅲ ②地 ③鏡 ④鋤先形(すきさきがた) ⑤鉇(やりがんな)

    解説

  • 115

    大城銘墨書土器は(1)Cの(2)皿に書かれているがこれは(3)官衙地区に大野城を管理する(4)などの役所があった事を示す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①8 ②須恵器 ③不丁 ④大野城司

    解説

  • 116

    主城原の(1)地区出土の須恵器皿底面に(2)と書かれた墨書土器が出土したがこの地区に(3)があった事をうかがわせる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①前田 ②館(たち) ③役所(大野城司,主城)

    解説

  • 117

    (1)地区官衙からの(2)城銘(3)には筑前,筑後,肥などに(4)給する為(2)の稲穀を遣わす,などと記されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①不丁 ②基肄城 ③木簡 ④班給

    解説

  • 118

    律は(1)法,令は(2)法に相当し最初の日本律は(3)の永徽律疏(えいきりつそ)をもとに作られた(4)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①刑法 ②行政法 ③唐 ④大宝律令 (先立つ飛鳥浄御原令は律を伴わず,養老律令は大宝律令の後である)

    解説

  • 119

    千葉国立民族博物館所蔵の(1)財(2)には筑紫城(水城と大野城)を越えた罪の詳細,管理責任など規定している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①重要文化財 ②律

    解説

  • 120

    宝亀5年西暦(1)年(2)天皇の勅命で四王寺が創建され四天王の力で護国しようとしたものであり根拠は国宝(3)経である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①774 ②光仁天皇 ③金光明最勝王経

    解説

  • 121

    (1)付近で発見された巻物の軸の両端に装飾用に取り付けられる(2)製の(3)は現在(4)が所蔵している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①毘沙門堂 ②水晶 ③軸端 ④九州歴史資料館

    解説

  • 122

    宝亀5年西暦(1)年に四天王寺が建立された場所について大野城(2)峰と記しているのは(3)である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①774 ②鼓峰 ③類聚国史

    解説

  • 123

    毘沙門信仰は山を降りた市内榎区の(1)神社境内の毘沙門様や向佐野の(2)神社境内の毘沙門様に見ることができる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①鹿嶋神社 ②丸山神社

    解説

  • 124

    類聚国史によると天長7年西暦(1)年に出羽国(2)城に(3)像を祀る(4)が建立された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①830 ②秋田城 ③四天王 ④四天王寺(四王寺 四王院)

    解説

  • 125

    日本三代実録によると日本海を挟んで新羅と対峙する山陰道の(1,2,3,4,5)諸国にも(6)像を安置する堂舎が建立された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ー⑤伯耆 出雲 石見 隠岐 長門 ⑥四天王

    解説

  • 126

    四王寺で読経する僧4名が堕落した為(1)天皇は勅命で4名を(2,3)宗から出しその任命の権限を(4)寺に与えた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①醍醐 ②③天台宗 真言宗 ④真言宗の東寺

    解説

  • 127

    四王寺山経塚群で最大の発見は昭和(1)年の(2)経塚である。一連の調査で経塚は(3)基,経筒は(4)合にまで及んだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①2 ②毘沙門堂 ③8 ④11 (同年,水城西門の調査も行われた)

    解説

  • 128

    瓔珞は何と読む(1)? どんなもの(2)?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①ようらく ②宝石などを連ねて編み,仏像の頭・首・胸,経筒の蓋などにかけた飾り。

    解説

  • 129

    那珂川町の(1)遺跡から出土した銅鋺に原山(2)院と刻まれていた。これは(3)信仰である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①宗石 ②無量寿院 ③阿弥陀

    解説

  • 130

    大野城を史跡として記したのは(1)の著作(2)が端緒でそれ以前の宗祗の(3)にも1691年の(4)絵図にも大野城の記載はない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①貝原益軒 ②筑前国続風土記 ③筑紫道記 ④太宰府絵図( 道明寺天満宮所蔵。水城は描かれる(初見)が大野城は描かれていない)尚続風土記は1688に着手1709年に完成。

    解説

  • 131

    大野城がS.7年に国遺跡指定を受けたのは当時の(1)意識の高まりを受け(2)関連の史跡として指定を受けた経緯がある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①国防 ②軍事

    解説

  • 132

    明治31年に乙金村の大庄屋で郷土史家であった(1)は四王寺山全体を隈なく踏破した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①高原謙次郎

    解説

  • 133

    太宰府口Ⅰ期城門は(1)式建物で梁行(2)m桁行(3)mの規模で門柱に(4)と三文字刻まれていた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①掘立柱 ②8.8(3間) ③8.7(4間) ④孚石部(都)

    解説

  • 134

    Ⅱ期の太宰府口城門は(1) 葺(2)建物で梁行(3)m桁行(4)mで水城(5)門Ⅱ期同様大宰府政庁(6)期改造と同時期である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①瓦 ②礎石 ③5.1(1間) ④5.25(1間) ⑤西 ⑥Ⅱ

    解説

  • 135

    太宰府口城門Ⅲ期はほぼⅡ期と同規模で改築に際しては(1-3)の鉄製模造品を埋納していた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①−③鏡 鋤先 鉇(やりがんな)

    解説

  • 136

    大野城の城門の唐居敷は全て(1)で出来ており,(2)城門以外全て確認されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①石 ②観世音寺口

    解説

  • 137

    唐居敷に掘り込まれた軸摺穴の形は(1-2)の二つで,(1)の方は城の(3)に多く,(2)のは(4)で新たに見つかった城門に多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①円形 ②方形 ③南側 ④北側

    解説

  • 138

    太宰府口城門Ⅰ期に用いられた唐居敷がⅡ期の(1)に転用されているが,Ⅰ期の唐居敷の軸摺穴は(2)形でⅡ期は(3)形である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①蹴放し ②円形 ③方形 蹴放しとは門・戸口の扉の下にあって内外を仕切る溝のない敷居。

    解説

  • 139

    唐居敷軸摺穴は(1)形の方が(2)形より時代が古い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①円形 ②方形

    解説

  • 140

    北石垣城門出土の軸摺金具は基部は(1)形,上部は(2)形で朝鮮の(3)の山城から出土する軸摺金具と類似している。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①方形 ②円形 ③統一新羅

    解説

  • 141

    大野城北側の城門が統一新羅成立後に造られたのはどうした事が考えられる?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 朝鮮半島・大陸の脅威が軽減され国内統治体制の強化に比重を傾けた。城内へのアクセス便を増やした(稲穀類拠出など)

    解説

  • 142

    筑前(1)が常置された際は水城や大野城を管理する制度があり,実際に(2)年に常置されたが(3)年迄は例外的に(4)の管理とされた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①国司 ②808 ③820 ④大宰府 (更に820年の太宰府牒で悔過は観世音寺講師と決定された、という事?)

    解説

  • 143

    823年には新羅に対する危機感から(1-2)2名を廃止し,新たに(3)2名を置いた。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①②主厨 主船 ③主城 (主城の役職名は,大主城と少主城。840年には更に変更あり)

    解説

  • 144

    新羅など対外的危機が薄らぐと(1)年には(2)一名を廃止し,(3-4)を各一名づつ復活させた。これは(4)などの税物の確保の為である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①840 ②主城 ③主厨 主船 ④御贄(みにえ)

    解説

  • 145

    平成15年の水害以前から知られていた城門跡4カ所とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太宰府口、坂本口、水城口、宇美口

    解説

  • 146

    平成15年の集中豪雨災害復旧工事の際,偶然に発見された城門4カ所とは?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 北石垣、小石垣、原口、観世音寺口城門

    解説

  • 147

    大野城・太宰府旧蹟全図北に基づく踏査で発見された城門跡は?また全図には何と書かれてあった?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • クロガネ岩城門 クロカ子岩 門ノ石スエ

    解説

  • 148

    稲穀類を貯蔵した建物の扉は(1)開きと推定される。理由は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①内開き 理由:外開きとした場合,軸部が露わになり,外側から扉ごと外される恐れがあるため。

    解説

  • 149

    大野城の史跡指定の歩み(復習) S(1)年(2)名で国史跡,S(3)年(4)名で国特別史跡,S(5) 年特別史跡(6)に名称変更,S(7)年に全山が史跡となった。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①7 ②大野城跡 竝四王寺跡 ③28 ④大野城跡 附四王寺跡⑤51 ⑥大野城跡 ⑦56

    解説

  • 150

    1809年に四王寺山に(1)が設置された。これは(2)の為である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①烽火台 ②? 江戸時代に一体どんな理由で?

    解説

  • 151

    1834年に(1)等によって(2)法印の墓が再建されたが,1901年に(3)で同法印の塔婆・坊跡発見された。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①盲僧頭の妙福 ②玄清 ③坂本

    解説

56988

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ