zuknow learn together

新しい教材を作成

教員採用試験 外国語活動(中学校)

カード 41枚 作成者: DARS (作成日: 2014/02/28)

  • 外国語を通じて、( )や( )に対する( )を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする( )の育成を図り、聞くこと、話すこと、読むこと、書くことなどのコミュニケーション能力の基礎を養う。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    外国語を通じて、( )や( )に対する( )を深め、積極的にコミュニケーションを図ろうとする( )の育成を図り、聞くこと、話すこと、読むこと、書くことなどのコミュニケーション能力の基礎を養う。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 言語 文化 理解 態度

    解説

  • 2

    英語の目標 (1)( )な英語を聞いて話し手の( )などを理解できるようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 初歩的 意向

    解説

  • 3

    英語の目標 (2)( )な英語を用いて自分の( )などを話すことができるようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 初歩的 考え

    解説

  • 4

    英語の目標 (3)英語を( )に慣れ親しみ、( )な英語を読んで書き手の( )などを理解できるようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 読むこと 初歩的 意向

    解説

  • 5

    英語の目標 (4)英語で( )に慣れ親しみ、( )な英語を用いて自分の( )などを書くことができるようにする。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 書くこと 初歩的 考え

    解説

  • 6

    聞くこと ア ( )、( )、( )など基本的な英語の音声の特徴をとらえ、正しく聞き取ること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強勢 イントネーション 区切り

    解説

  • 7

    聞くこと イ ( )で話されたり読まれたりする英語を聞いて、情報を( )に聞き取ること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 自然な口調 正確

    解説

  • 8

    聞くこと ウ ( )や( )などを聞いて適切に応じること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 質問 依頼

    解説

  • 9

    聞くこと エ 話し手に( )などして内容を( )しながら理解すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聞き返す 確認

    解説

  • 10

    聞くこと オ ( )のある英語を聞いて、( )や( )を適切に聞き取ること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • まとまり 概要 要点

    解説

  • 11

    話すこと ア ( )、( )、( )など基本的な英語の音声の特徴をとらえ、正しく( )すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強勢 イントネーション 区切り 発音

    解説

  • 12

    話すこと イ 自分の( )や( )、( )などを聞き手に正しく伝えること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 考え 気持ち 事実

    解説

  • 13

    話すこと ウ 聞いたり読んだりしたことなどについて、( )したり( )を述べ合ったりなどすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 問答 意見

    解説

  • 14

    話すこと エ ( )を用いるなどのいろいろな工夫をして話を( )こと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • つなぎ言葉 続ける

    解説

  • 15

    話すこと オ 与えられた( )について簡単な( )をすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テーマ スピーチ

    解説

  • 16

    読むこと ア ( )や( )を( )し、正しく読むこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文字 符号 識別

    解説

  • 17

    読むこと イ 書かれた内容を考えながら( )したり、その内容が表現されるように( )すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 黙読 音読

    解説

  • 18

    読むこと ウ ( )のあらすじや( )の大切な部分などを( )に読み取ること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 物語 説明文 正確

    解説

  • 19

    読むこと エ ( )や( )などの文章から書き手の( )を理解し、適切に( )こと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 伝言 手紙 意向 応じる

    解説

  • 20

    読むこと オ 話の( )や書き手の( )などに対して( )を述べたり( )やその( )を示したりなどすることができるよう、書かれた( )や( )などをとらえること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内容 意見 感想 賛否 理由 内容 考え方

    解説

  • 21

    書くこと ア ( )や( )を( )し、語と語の( )などに注意して正しく書くこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文字 符号 識別 区切り

    解説

  • 22

    書くこと イ 語と語の( )などに注意して正しく文を書くこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • つながり

    解説

  • 23

    書くこと ウ 聞いたり読んだりしたことについて( )をとったり、( )、( )やその( )を書いたりなどすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモ 感想 賛否 理由

    解説

  • 24

    書くこと エ 身近な場面における( )や( )したことなどについて、自分の( )や( )などを書くこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 出来事 体験 考え 気持ち

    解説

  • 25

    書くこと オ 自分の( )や( )などが読み手に正しく伝わるように、文と文の( )などに注意して文章を書くこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 考え 気持ち つながり

    解説

  • 26

    言語活動の取扱い ア 実際に言語を使用して互いの( )や( )を伝え合うなどのコミュニケーションを図る活動を行うとともに、( )について( )したり( )したりする活動を行うようにすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 考え 気持ち 言語材料 理解 練習

    解説

  • 27

    言語活動の取扱い イ 実際に言語を使用して互いの( )や( )を伝え合うなどの活動においては、具体的な( )や( )に合った適切な表現を自ら考えて言語活動ができるようにすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 考え 気持ち 場面 状況

    解説

  • 28

    各学年の言語活動の指導上の留意点 ア 第一学年における言語活動では、小学校における( )において( )を中心としたコミュニケーションの( )が育成されることを踏まえ、「聞くこと」「話すこと」に関しては、身近な言語の( )や言語の( )に配慮した言語活動を行わせること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 外国語活動 音声面 素地 使用場面 働き

    解説

  • 29

    各学年の言語活動の指導上の留意点 イ 第二学年における言語活動では、第一学年の学習内容を( )指導し定着を図るとともに、( )を伝えたり、物事について( )したりした内容などの中から、コミュニケーションを図れるような( )を取り上げること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 繰り返して 事実関係 判断 話題

    解説

  • 30

    各学年の言語活動の指導上の留意点 ウ 第三学年における言語活動では、第二学年までの学習内容を( )指導し定着を図るとともに、様々な考えや意見などの中からコミュニケーションが図れるような( )を取り上げること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 繰り返して 話題

    解説

  • 31

    英語の指導計画作成に当たっての配慮事項 (1)ア 各学校においては、生徒の( )や地域の( )に応じて、学年ごとの目標を適切に定め、3学年間を通して英語の目標の実現を図るようにすること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実態 実情

    解説

  • 32

    イ 各学年とも、「言語活動」のうち、特に( )及び( )の言語活動に重点をおいて指導すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聞くこと 話すこと

    解説

  • 33

    ウ 「言語材料」については、学習段階に応じて( )なものから( )ものへと段階的に指導するとともに、( )の段階にとどめたり( )の段階まで高めたりするなどして効果的に指導すること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平易 難しい 理解 表現

    解説

  • 34

    エ 音声指導に当たっては、( )及び( )を重視する観点から( )などを通して(中略)継続して指導すること。また、音声指導の補助として、必要に応じて( )を用いて指導することもできること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 聞くこと 話すこと 発音練習 発音表記

    解説

  • 35

    オ 文字指導に当たっては、生徒の学習負担に配慮し( )を指導することもできること。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 筆記体

    解説

  • 36

    カ 語、連語及び慣用表現の指導に当たっては、( )の高いものを厳選し、習熟を図るようにすること。(ほか二点)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 運用度

    解説

  • 37

    英語の指導計画作成に当たっての配慮事項 (2)教材は、(中略)次の観点に配慮する必要がある。 ア ( )なものの見方や考え方を理解し、公正な( )を養い豊かな( )を育てるのに役立つこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 多様 判断力 心情

    解説

  • 38

    イ 世界や我が国の( )や( )についての理解を深めるとともに、言語や文化に対する( )を高め、これらを( )する態度を育てるのに役立つこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 生活 文化 関心 尊重

    解説

  • 39

    ウ 広い視野から( )を深め、( )に生きる日本人としての自覚を高めるとともに、( )の精神を養うのに役立つこと。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 国際理解 国際社会 国際協調

    解説

  • 40

    言語材料及び授業時間の改定内容 中学校における英語の授業時間数が、各学年( )から( )に増加した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 105時間 140時間

    解説

  • 41

    言語材料及び授業時間の改定内容 中学校3年間で指導する語彙数を従来の( )から( )へと増加した。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 900語程度まで 1200語程度

    解説

57036

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ