zuknow learn together

新しい教材を作成

問題集不明点 応用情報処理 コンピュータ構成要素

カード 51枚 作成者: さき (作成日: 2016/02/04)

  • オペランド

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

アプリの問題集のわからないところをチェック

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    オペランド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュータの演算における値や変数のこと

    解説

  • 2

    コンピュータの命令実行順序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ①命令フェッチ ②命令の解読 ③オペランドフェッチ ④命令の実行

    解説

  • 3

    スーパーコンピュータ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 文字列処理よりも、数値計算処理の性能向上をはかっている。 ベクトル命令を備えたプロセッサを数個~数十個、またはマイクロプロセッサを数百~数千個結合することによって、性能向上を図っている

    解説

  • 4

    マイクロプログラム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 機械語の命令をメモリに記録しておいて必要に応じて呼び出す方式 マイクロコードで記述されたプログラム。通常ROMに書き込まれており、ファームウェアとも呼ばれる。 機能の追加や変更がマイクロプログラムの変更だけで行えるので命令の追加及び変更が容易である。

    解説

  • 5

    RISC

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実行できる命令の数を少なくする代わりに,命令の実行速度を高速化した CPU を採用したコンピューター。縮小命令セット-コンピューター。

    解説

  • 6

    ワイヤードロジック

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ハードウェアの結線によって制御信号を発生させる、マイクロプロセッサの制御方式。

    解説

  • 7

    SCSI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • パソコンやワークステーションなどの小型のコンピュータでパラレル転送を行うためのインターフェース

    解説

  • 8

    VLIW

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同時に実行可能な複数の命令を一つの命令として実行するマルチプロセッサの方式である。同時に実行される命令の数は一定に保たれる。従来のプロセッサに比べて命令の長さが極めて長い

    解説

  • 9

    MISD

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 同じプロセッサで同時に複数の命令を実行すること 複数命令で単一データを並列処理する方式 Multiple Instruction stream

    解説

  • 10

    MIMD

    補足(例文と訳など)

    答え

    • プロセッサごとに異なる命令を実行すること 複数命令で複数データを並列処理する方式 Multiple Instruction stream

    解説

  • 11

    アウトオブオーダー実行

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 依存関係のない命令をプログラムの順序に関係なく、順不同で実行していく方式

    解説

  • 12

    遅延分岐

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分岐命令において、どちらに分岐しても必ず実行される命令を先に実行してから分岐命令に制御を映す方式

    解説

  • 13

    投機実行

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 分岐命令後の分岐先を履歴に基づいてあらかじめ予想しておき、先読みなどで実行をしておく方式

    解説

  • 14

    レジスタリネーミング

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 命令で指定されたレジスタを別のレジスタに強制的に置き換えることで並行処理の性能を高める手法

    解説

  • 15

    SIMD

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単一命令で複数データを同時処理する方式 single instruction multiple data

    解説

  • 16

    SISD

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 単一命令で単一データを処理する方式 Single Instruction stream

    解説

  • 17

    セットアソシアティブ方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • セットアソシアティブ方式は、ダイレクトマッピングとフルアソシアティブの中間に位置する方式で、キャッシュを連続したブロックごとにまとめそのブロック内ならどこでも格納ができる方式です。

    解説

  • 18

    ダイレクトマッピング方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ダイレクトマッピング方式は、主記憶のアドレスからキャッシュメモリのアドレスが一意に定まる方式。主記憶上のブロック番号にハッシュ演算をすることでキャッシュメモリのブロック番号を計算します。

    解説

  • 19

    フルアソシアティブ方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主記憶のブロックがキャッシュメモリ上のどのブロックにも関連つけられる方式。ダイレクトマッピングよりも柔軟だが、ブロックの関連つけをすべて記憶しておく必要があり検索にも時間がかかる特徴があります。

    解説

  • 20

    ライトスルー方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • キャッシュメモリと主記憶の同期をとるための書き込み方式で、CPUから書込み命令が出たときにキャッシュメモリと同時に主記憶にも書き込みます。

    解説

  • 21

    メモリインターブ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • メモリインタリーブとは,主記憶のメモリ読み出し方法の高速化をはかる方法である。 主記憶(メモリ)を複数のバンク(bank)と呼ばれる領域に分割し,連続したメモリアドレスを割当て,この複数の領域に並列処理(array processing)で,同時にアクセスすることによって,高速アクセスを可能にする方法です。

    解説

  • 22

    ディスクキャッシュ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CPUと磁気ディスク装置との間に半導体メモリによるデータバッファを設けて磁気ディスクアクセスの高速化を図る。

    解説

  • 23

    メモリキャッシュ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主記憶のデータの一部をキャッシュメモリにコピーすることによってCPUと主記憶とのアクセス速度のギャップを埋め、メモリアクセスの高速化を図る。

    解説

  • 24

    ハードディスク装置

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 仮想記憶システムの2時記憶装置として幅広く使われている高速大容量の記憶装置

    解説

  • 25

    光ディスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CD,DVDにはROM(再生専用型)R(追記型)RW(書き換え可能)などのタイプがあり、画像情報などの大量のデータを保存するのに適している。

    解説

  • 26

    フロッピーディスク

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1Mバイト程度のデータ保存用として軽量かつ低価格な媒体として使われる

    解説

  • 27

    磁気テープ装置

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 情報交換、およびファイル保存用として古くから使われている補助記憶装置

    解説

  • 28

    ATA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ANSIで規格化されたIDEインターフェースで、磁気ディスクなどのストレージ向け

    解説

  • 29

    CardBus

    補足(例文と訳など)

    答え

    • PCカードスポットの規格でPCIパスに接続する32ビット幅のバスである。

    解説

  • 30

    ISA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 16ビット幅の拡張バス

    解説

  • 31

    PCI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 標準的なパソコンのバス規格でアドレス幅32ビット、データバス幅32/64ビットである。

    解説

  • 32

    SCSI

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Small Computer System Interface 主に構成のなワークステーションやサーバー向けのインターフェースであり最新の規格はSCSI-3

    解説

  • 33

    デイジーチェーン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ホストバスアダプタを中心に数珠つなぎに一列に周辺機器を接続していく 終端にターミネータを設置する。 送信元であるイニシエーターがバスの占拠権を得て、送信元のターゲットをセレクションしたのち情報転送を行う

    解説

  • 34

    GPIB

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コンピュータと各種計測機器、周辺装置(ディスク、プリンタ、プロッタなど)を接続する規格でバス上の各機器にコントローラ、トーカ、リスナのいずれかの機能を持たせて通信を行う

    解説

  • 35

    IEEE1394

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 100~400Mビット/秒の高速転送が可能なシリアルインターフェースである。 高速だが高価なため、高速で大容量のデータ転送が必要なマルチメディア用の画像機器とパソコンを接続するために使われる。

    解説

  • 36

    SCSIインターフェース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4Mビット/秒のパラレルインターフェースであり、主にハードディスクを接続する

    解説

  • 37

    USB

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 12Mビット/秒のシリアルインターフェースである主にキーボードやマウスを接続する

    解説

  • 38

    MPUのシステムバス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 800Mビット/秒、または1600ぼっと/秒の高速パラレルインターフェースであり、主にメモリを接続する。

    解説

  • 39

    シリアル方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1本の信号線を使って1ビットずつデータを転送する方式

    解説

  • 40

    パラレル方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の信号線を使って同時に複数のビットを転送する方式

    解説

  • 41

    ストリーミング方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 確認信号を待たずに次々とデータを受信しながら同時に処理を行う方式である。データ転送の高速化により、低速な回線でもリアルタイム再生が可能となった。 インターネットでのマルチメディアデータの転送にも使われる。

    解説

  • 42

    ハンドシェーク方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 二つのノード間でデータを送受信をする場合、受信バッファがいっぱいになったとか、受信データの処理が舞いあわないなど、主に受信側の都合によって、データの送信速度を下げたり、もしくは停止したりして、データの流れる量を調節(フロー制御)する方式である。

    解説

  • 43

    プログラム制御方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CPUが磁気ディスクと主記憶とのデータ受渡しを行う転送方式である。

    解説

  • 44

    メモリマップドI/O方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 主記憶の入出力専用アドレス空間に入出力装置のレジスタを割り当てる方式である

    解説

  • 45

    DMA

    補足(例文と訳など)

    答え

    • CPUを介さずに専用の制御回路を用いて入出力装置とRAMの間で直接データ転送を行う方式

    解説

  • 46

    パイプライン方式

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 複数の命令の実行ステージを部分的にオーバーラップさせて同時に処理し、全体としての処理時間を短くする方式

    解説

  • 47

    プラズマディスプレイパネル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 2枚のガラス板の間にヘリウムやネオンガスを封入し、そこに電流を通してガス放電を行いそれに伴う発行を利用したディスプレイ 高電圧を用いた放電を利用するので消費電流が大きく、微細加工には向かない。

    解説

  • 48

    TFT液晶ディスプレイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 画素1ドットごとに薄膜トランジスタで制御

    解説

  • 49

    有機ELディスプレイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電圧を加えると発行する有機化合物の発行を利用する 発色性がよく、応答速度や消費電流にも優れている

    解説

  • 50

    CRT

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電子管の中で電子ビームを発射し、蛍光体に当てて発光させる

    解説

  • 51

    カラー液晶ディスプレイ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 光の透過を画素ごとに制御し、カラーフィルタを用いて色を表現する。

    解説

56717

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ