zuknow learn together

新しい教材を作成

衛生

カード 14枚 作成者: けーご (作成日: 2016/02/03)

  • 特保について誤っているものはどれか?
    1.特保は保険機能食品として規定されている。
    2.キトサンはコレステロール高めの方に適する。
    3.食物繊維は審議会の個別審査を必要としない。
    4.特保の表示として栄養成分量および熱量を表示しなくてはならない。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    特保について誤っているものはどれか? 1.特保は保険機能食品として規定されている。 2.キトサンはコレステロール高めの方に適する。 3.食物繊維は審議会の個別審査を必要としない。 4.特保の表示として栄養成分量および熱量を表示しなくてはならない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 規定されてるのは特別用途食品。 なぜ? 特別用途食品という枠組みが先に出来たから。保険機能食品という枠組みは後から出来た。

    解説

  • 2

    遺伝子組み換え食品について誤っているものは? 1.殺虫毒素を産生するトウモロコシは流通が認めらている。 2.第2種使用では文部省、環境省が評価・監督を行う。 3.原材料の表示欄に遺伝子組み換えでないの表示は義務である。 4.IPハンドリングは遺伝子組み換え食品の証明となる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3.4

    解説

  • 3

    食中毒に関して誤っているものは? 1.食中毒で一番多いものはノロウイルスである。 2.カンピロバクターは感染菌量が少ない。 3.腸炎ビブリオの患者数は減少傾向である。 4.腸管出血性大腸菌は感染菌量が多い。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4 少ない。

    解説

  • 4

    自然毒について誤っているものは? 1.テトロドトキシンはポリエーテル構造をもつため耐熱性である。 2.ドウモイ酸は海馬を損傷する。 3.フェオホルビドはMgクロロフィルから生成される。 4.イシナギはビタミンAを多く含む。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 パーヒドロキナゾリン骨格(ジオキサアマンタジン骨格)

    解説

  • 5

    植物性自然毒について誤っているものは? 1.アミグダリンの毒性はシトクロムcオキシダーゼ阻害による内呼吸阻害である。 2.ソラニンのアグリコンはソラニジンである。 3.サイロシビンはトリプタミン構造を有する。 4.ブタキロシドは代謝活性化を必要としない脂溶性毒である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4 水溶性なのでアク抜きで除去できる。

    解説

  • 6

    マイコトキシンについて誤っているものは? 1.アフラトキシンの分析は蛍光検出器を用いる。 2.ステリグマトシスチンはAspergilus属である。 3.ニバレノールはトリコテセン骨格を有する。 4.デオキシニバレノールは大豆に対して残留基準値が設定されている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4 小麦に対して設定。

    解説

  • 7

    組み合わせに関して。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 8

    人口統計に関して誤っているものはどれか? 1.国勢調査は5年ごとの10月1日に行う人口静態調査である。 2.国勢調査以外の年では推計人口が算出される。 3.世界の人口は増加しており、増加率は減少している。 4.人口増減率は2013年では0.17%である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4 -0.17%

    解説

  • 9

    人口統計に関して誤っているものは? 1.従属人口指数は1950年と比べて横ばいである。 2.動態統計において人口増減に影響を与える要因として出産、死亡、結婚、離婚、死産がある。 3.従属人口指数は今後増加していくと予測される。 4.老年人口指数が21%を超えると高齢化社会と言われる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4 14%が高齢化社会 21%を超えると超高齢化社会。 日本は40%なので超高齢化社会。

    解説

  • 10

    死亡に関する統計について誤っているものは? 1.1950年代と比べて死亡率は増加している。 2.乳児死亡率は下がってきているが、今後大幅な変化はないと予測されている。 3.周産期死亡率は妊娠満22週以後と生後1週未満の死亡率である。 4.簡易生命表は国勢調査以外の年に毎年作られる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.横ばい又は減少。 1983年と比べたら上昇傾向。

    解説

  • 11

    人口指標に関して誤っているものは? 1.人口増減率は出生率から死亡率を引いたものである。 2.合計特殊出生率から総再生産率を低くことで、一人の女性が一生の間に産む平均男児数を求められる。 3.総再生産率と純再生産率の差が0に近いほど生存確率は高い。 4.合計特殊出生率が2.1以上であれは人口は増加する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 自然増減率の話。 人口増減率は自然増減率と社会増減率(移入率−移出率)の和である。

    解説

  • 12

    死因別死亡率について誤っているものは? 1.10歳から14歳の死因として悪性新生物が挙げられる。 2.欧米と比較して胃がんの年齢調整死亡率は高いが、乳がん・肺がんの年齢調整死亡率は低い。 3.男性において、肺がん・大腸がんでここ10年の年齢調整死亡率はほぼ横ばい又は減少である。 4.女性の悪性新生物での年齢調整死亡率第1位は子宮がんである。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4 補足 男性において肺がん、大腸ガンは昭和30年と比べると増加。 女性は肺がん、大腸ガン、乳がんは昭和30年と比べると増加。ここ10年は横ばい。

    解説

  • 13

    ちょっとしたヤマ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

  • 14

    補足(例文と訳など)

    答え

    解説

56938

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ