zuknow learn together

新しい教材を作成

生薬と薬物の併用に関して

カード 7枚 作成者: けーご (作成日: 2016/01/31)

  • 麻黄と併用する際に注意する薬物

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    麻黄と併用する際に注意する薬物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • MAO阻害剤、甲状腺薬、キサンチン製剤、カテコールアミン製剤、ジギタリス、 副腎皮質ホルモン製剤の分解促進によってホルモン製剤の作用減弱。 尿をアルカリ化する薬剤との併用で排泄低下し、エフェドリンの作用増強。

    解説

  • 2

    甘草と併用する際に注意する薬物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ループ利尿薬 副腎皮質ホルモン製剤

    解説

  • 3

    柴胡と併用禁忌の薬剤は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • インターフェロン製剤(間質性肺炎)

    解説

  • 4

    大黄と併用する際に注意する薬物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗生物質、アスピリン.インドメタシンなどのNSAIDs 瀉下作用減弱。

    解説

  • 5

    桂皮、芍薬、大黄、牡丹皮などと併用する際に注意する薬物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鉄剤、酵素製剤。 上記生薬が鉄、タンパク質と結合し作用減弱。

    解説

  • 6

    大建中湯や小建中湯に含まれる膠飴(コウイ)と併用注意する薬物は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アカルボース コウイはマルトースを多く含み、αグリコシダーゼ阻害剤と併用することで 二糖類の分解が抑制され腹部膨満感が起こる。 併用しない場合はちゃんと分解され、消化管運動促進作用により腹部膨満感、イレウスに使える。

    解説

  • 7

    石膏、竜骨、牡蠣と併用する際に注意が必要な薬剤は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • テトラサイクリン系、ニューキノロン系薬剤 ジギタリス製剤。 カルシウムを多く含むため。

    解説

56981

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ