zuknow learn together

新しい教材を作成

瞬間英作文|人生を豊かにしてくれる名言編

カード 88枚 作成者: ツウ@英語・TOEIC勉強法まとめブロガー (作成日: 2014/02/26)

  • より良い方法は必ずある。
    (~は必ずある
    より良い方法)


    Thomas Edison

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

英語の名言・格言を、森沢洋介さんの「瞬間英作文トレーニング」的に学べるように作成し、語彙・文法の解説も付けてます。

瞬間英作文で1万文以上やってきた結果、自分が「使えるようになりたい!」と思った英文でやるのが一番身につきやすいと感じています。

また、名言で瞬間英作文をすると、何度も繰り返す→覚えてくる→考え方が変わる→行動が変わる→習慣が変わる→性格が変わる→あわよくば人生も変わるかもしれないなと。

いい名言に出逢ったら、随時追加しています。

◆瞬間英作文の第3ステージに当たるので、初心者の方には難しいと思います。あらかじめ「どんどん~」「会話できる英文法大特訓」などの中学文法が学べる瞬間英作文本を1冊やっておくと、パターンに慣れるので瞬間英作文はやりやすくなりますよ。

瞬間英作文 最新おすすめ本・教材
http://enjoylifeinenglish.blog112.fc2.com/blog-entry-328.html

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 英語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    より良い方法は必ずある。 (~は必ずある より良い方法)

    補足(例文と訳など)

    • Thomas Edison

    答え

    • There's always a better way.

    解説

    ●there's always+名詞 ~は必ずある ◆凡人が言ってもピンとこないが、電球を作るのに1万回試行したエジソンが言うと意義深い。

  • 2

    完璧な人なんていない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • No one is perfect.

    解説

    no one is... ~な人はいない

  • 3

    失敗から学べ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Learn from your mistakes.

    解説

    ●learn from+人・物事 ~から学ぶ ◆20代の頃はすごくネガティブだったのですが、失敗したときに、運のせいにせず、人を責めず、自分も責めず、ただ「次、失敗しないようにするためにはどうしたらいいか」と建設的に考えるようになってから、ポジティブ人間になってきました。

  • 4

    練習が 完璧を作り上げる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Practice makes perfect.

    解説

    ●make+形容詞 ~にする・~になる ◆「習うより慣れろ」と訳されることが多いですが、個人的には、繰り返し練習・トレーニングすることの大切さを説いてる名言だと考えています。

  • 5

    人生は一度きり。 ※you を主語にして

    補足(例文と訳など)

    答え

    • You only live once.

    解説

    ●この you は「一般に"人"を表す you」です。和文英訳教本(文法矯正編)P.264 ●only は動詞の前に置かれると「~することしかできない」といった、can の否定の意味を含む場合があります。 ◆ネットスラングでは「YOLO」で略されることもあるみたいです。

  • 6

    必要は [発明の]母。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Necessity is the mother of invention.

    解説

    ●necessity = necessaryの名詞形 ●invention 発明 ◆うちのブログは「英語の勉強のやり方を体系的に詳しくまとめたサイトがあればいいのに」という、英語学習者の"必要"によって生まれました。

  • 7

    人事を尽くして 天命を待つ。 (残りは神に任せる)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Do your best and let God do the rest.

    解説

    ●let+人+do 人に~させる ●and は then(そうして)のように、順序を示す使い方もできる。 ●do the rest 残りのことを行う

  • 8

    失敗するのは(失敗は) [あなたが 挑戦している]証拠。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Mistakes are proof that you are trying.

    解説

    ●「mistake」は可算名詞なので、一般的なことを表すときは複数形で使う。一億人の英文法 P.137「可算名詞・不可算名詞の特徴」  ●proof 証拠・証明 ●proof that S+V SがVするという証拠 ●ここの関係代名詞「that」は省略できる。一億人の英文法 P.425 ◆失敗しないこと・完璧であることが前提である日本人からは出てこない発想だなと。

  • 9

    (あなたが)夢を描くことができれば、 あなたは それを実現できる。

    補足(例文と訳など)

    • Walt Disney

    答え

    • If you can dream it, you can do it.

    解説

    ●dream ~を思い描く ◆凡人が言うとピンとこないが、偉人が言うと意義深くなるシリーズ(笑)

  • 10

    変革せよ (変革)しないといけなくなる前に。

    補足(例文と訳など)

    • Jack Welch (The former CEO of General Electric)

    答え

    • Change before you have to.

    解説

    ●ここの change は自動詞。だから目的語はない。  ●本来は have to の後に change があるが、重複を避けるために省略されている。  ◆勉強のやる気がおきないときは、「このまま勉強しなかったら10年後どうなるか」を想像してみるといいです。

  • 11

    愛の本分(一番の義務)は 耳を傾けることである。

    補足(例文と訳など)

    • パウル・ティリッヒ (ドイツの神学者)

    答え

    • The first duty of love is to listen.

    解説

    ●first duty 本分(人が本来尽くすべきつとめ) ◆いつも自分の話ばかりする人よりも、いつも相手の話を真剣に聴く人のほうが、思いやり(=愛)があるなと。と言いつつ、僕はついつい話してしまいがちですが…

  • 12

    圧力がなければ、 ダイヤモンドは生まれない。

    補足(例文と訳など)

    • トーマス・カーライル (米国の思想家・評論家)

    答え

    • No pressure, no diamonds.

    解説

    ●「No music, no life.」「No pain, no gain.」と同じで、「(If there's) no pressure, (there're) no diamonds.」の省略形です。

  • 13

    言うは易く行うは難し。 (より簡単だ 言われるほうが 行われるよりも)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • It's easier said than done.

    解説

    ●It is easier (to be) said than done. の省略形っぽいです。

  • 14

    困難の真っ只中にこそ 機会がある。

    補足(例文と訳など)

    • Albert Einstein

    答え

    • In the middle of difficulty lies opportunity.

    解説

    ●倒置構文です。強調したいからこそ、前に持ってきます。本来は「Opportunity lies in the middle of difficulty.」一億人の英文法 P.536  ●in the middle of ~の最中に  ●lie(主語が)ある、存在する  ◆僕が人生や英語学習でぶつかってきたことはすべて、ブログに生きてるんですよね。ピンチ・ピンチ・チャンス・チャンス・ランランラン♪

  • 15

    例え悪い走りであっても よりはいい まったく走らないよりは。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Even a bad run is better than no run at all.

    解説

    ●even 例え~でも  ●no / not...at all まったく~ない  ◆英語には「やらないよりは、失敗してもやったほうがいい」系の名言が多い。

  • 16

    やさしくない人にやさしくなろう。 彼らこそ それを最も必要としている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Be kind to unkind people. They need it the most.

    解説

    ●be kind to 人 人にやさしくする  ●unkind やさしくない・不親切な

  • 17

    遅すぎるということはない 何か新しいことを学び始めるのに。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • It's never too late to start learning something new.

    解説

    ●too late to do ~するには遅すぎる  ●something+形容詞 何か~なこと

  • 18

    怠惰でいると より怠惰になる。 (怠惰は より多くの怠惰に燃料を注ぐ) 活動的になれば より活動的になる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Laziness fuels more laziness. Activity fuels more activity.

    解説

    ●fuel ~に燃料を入れる

  • 19

    最初から完璧にできる人はいない。 (最初から~できる人はいない  完璧にこなす)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • No one starts out doing work perfectly.

    解説

    ● no one does ~する(できる)人はいない  ●start out doing ~し始める ※前置詞「out」には、パッと何か始まる・終わる・消える・出てくるイメージもある。pop out(パッと飛び出す) ●do work 物事を行う・作業する ◆文法間違いを気にして話せない英語学習者に捧げる名言。

  • 20

    凧が 一番高く上がる (凧は 最も高く上がる) 向かい風のときに、 追い風のときではない。

    補足(例文と訳など)

    • ウィンストン・チャーチル (英国の政治家)

    答え

    • Kites rise highest against the wind, not with it.

    解説

    ●最上級だけど「the」が付かないパターン。「複数のモノの中で一番」ではないので。一億人の英文法 P.311 ●against the wind 風に逆らって、向かい風で ←→ with the wind 追い風を受けて

  • 21

    [自分を見つける]一番の方法は 没頭することだ 他者のためにできることに。

    補足(例文と訳など)

    • マハトマ・ガンジー

    答え

    • The best way to find yourself is to lose yourself in the service of others.

    解説

    ●lose oneself 夢中になる・自分を見失う ●in the service of ~に仕えて・~のために ●others 他者・他人

  • 22

    可能性は 無限にある あなたが 諦めない限り。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • The possibilities are endless as long as you don't quit.

    解説

    ●possibilities 可能性(通例は複数形で使う) ●endless 終わりのない ●as long as SV ~しない限り  ●quit = give up 

  • 23

    私は 準備する そうすることでいつの日か (私の)チャンスは やってくるのだ。

    補足(例文と訳など)

    • エイブラハム・リンカーン(米国の第16代大統領)

    答え

    • I will prepare and some day my chance will come.

    解説

    ●and そうすれば(仮定を表す) ●some day いつの日か・将来  ◆花札の「柳」で、柳につかまろうと何度もジャンプしてた蛙が、ふと風が吹いた拍子でつかまることができた話を思い出した。

  • 24

    [打たない]シュートは 100%外れる。 ※youを主語にして。

    補足(例文と訳など)

    • ウェイン・グレツキー(カナダのアイスホッケー選手)

    答え

    • You miss 100% of the shots [ you don't take ].

    解説

    ●miss(的などから)~を外す ●100% of A Aの100%  ※「50% of A」だと「Aの半分」の意味。 ●take a shot シュートを打つ  ●関係代名詞「that」が省略されている。shots は take の目的語でもある。 ◆英語では「挑戦することの大切さ」を説く名言も多い。

  • 25

    愛とは 花のようなものだ。 (あなたは) それが育つようにしないといけない。

    補足(例文と訳など)

    • ジョン・レノン

    答え

    • Love is like a flower You've got to let it grow.

    解説

    ●have got to = have to  ●let+モノ+do モノが~できるようにさせる  ◆「Love is a Verb.(愛は動詞である/愛は好きという感情ではなく、思いやりを持った行動でなければならない)」もありますね。

  • 26

    空腹は 最良のソースなり。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Hunger is the best sauce.

    解説

    ●hunger hungryの名詞形 ◆日本語の格言のほうは、夕方の長電話で晩飯を作るのが遅くなった母親が、弁解するためによく使っていました。

  • 27

    いい人でいるように心がけていれば いい人が集まってくる。 (いい人は いい人を引き寄せる)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Nice people attract nice people.

    解説

    ●nice personは「人当たりのいい人」、good personは「品行方正な人・善人」という違いがある気がします。 ●attract ~を引き寄せる  ◆The Law of Attraction(引き寄せの法則)。いつも人を非難したり、不平・不満を言ってる人を観察してると、ネガティブな人・事象を引き寄せてるなと。

  • 28

    (あなたは) 決して虹を見つけることはない 下を向いていたら。

    補足(例文と訳など)

    • Charles Chaplin

    答え

    • You'll never find a rainbow if you're looking down.

    解説

    ●will never do 決して~しない  ●look down 下を向く=浮かない顔をする・落ち込む

  • 29

    必ず光が射している (常に光はある) 雲の向こう側には。

    補足(例文と訳など)

    • Louisa May Alcott(米国の「若草物語」の小説家)

    答え

    • There's always light behind the clouds.

    解説

    ●there's always+名詞 必ず~がある 

  • 30

    愛は 知っている 国境なんてないことを。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Love knows no borders.

    解説

  • 31

    自分で自分を受け入れられるようになると、 (人に認めてもらいたいという)重荷から開放される。

    補足(例文と訳など)

    • Steve Maraboli(博士・作家)

    答え

    • When I accept myself, I'm freed from the burden of needing you to accept me.

    解説

    ●accept 受け入れる・認める  ●be freed from ~から開放される  ●ここの needing は動名詞。need+人+to do で「人に~してもらう必要がある」 ●ここの you も「一般の人」を表している 

  • 32

    あなたがやらなかったら、 誰がやるの? 今やらなかったら、 いつやるの?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • If not you, then who? If not now, then when?

    解説

    ●if not+名詞, then... もし~でないとしたら

  • 33

    もしまだ探しているのなら そういった人 [あなたの人生を変えてくれる]、 鏡を見てごらん。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • If you're still looking for that one person [ who'll change your life ], take a look in the mirror.

    解説

    ●look for ~を探す  ●take a look in ~の中をちょっと見てみる ●ここの「that」は「例の、話題の、かの」です。この用法は意外と使われるので覚えておいて下さい。

  • 34

    あなたの心の傷は変えなさい 知恵に。

    補足(例文と訳など)

    • Oprah Gail Winfrey(米国のテレビ司会者)

    答え

    • Turn your wounds into wisdom.

    解説

    ●turn A into B AをBに変える ●wound(可算名詞)心の傷・外傷  ●wisdom(不可算名詞)知恵・英知  ◆ちなみに関西人の場合は、Turn your wounds into laughter. になると思います。

  • 35

    (私たちは)幸せだから 笑うのではない 笑うから 幸せになるのだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • We don't laugh because we're happy. We're happy because we laugh.

    解説

    ●laugh(自動詞)笑う  ◆笑う門には福来る。笑うとナチュラルキラー細胞も増えて、免疫力上がりますしね。

  • 36

    過去を変えることはできない、 だけど変えることはできる あなたの過去が 今あなたにどう影響しているかを。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • You cannot change your past, but you can change how your past affects you now.

    解説

    ●how S+V どのようにしてSがVしているか  ●affect ~に影響を与える ◆最初は「…未来は変えられる」につながるのかと思ったらそうじゃなかった件。すべてはそう、捉え方次第だ。

  • 37

    あなたは あなたが食べるものでできている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • You're what you eat.

    解説

    ●what S+V SがVするもの  ◆大昔に発売された「複合汚染」や、最近の健康系のサイト・本を読んでると、うつ病・花粉症などが増えている原因と、添加物と薬まみれの現代食は無関係ではない気がしています。

  • 38

    (自ら輝きを放つ)人たちは スポットライトを必要としない。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • People who shine from within don't need the spotlight.

    解説

    ●people は主節の動詞「don't need」の動詞であり、関係詞節内の動詞 shine の主語でもある。  ●shine from within 自ら輝く  ◆「陽の光を借りて照る大いなる月たらんよりも、自ら光を放つ小さき灯(ともしび)たれ」by 森鴎外

  • 39

    人生に 失敗なんてない ただ学びがあるだけだ。

    補足(例文と訳など)

    • Mark Twain Adventurer and author in US

    答え

    • In life, there're no mistakes, only lessons.

    解説

    ●only の前に there're が省略されている。重複を避けるため。 ●mistake・lessonともに可算名詞。ミスも学びも1つではないので複数形になってる。

  • 40

    自分を癒やすことは 他人を癒やすことにもなる(つながる)。

    補足(例文と訳など)

    • オノ・ヨーコ

    答え

    • Healing yourself is connected with healing others.

    解説

    ●be connected with doing / 名詞 ~につながっている、リンクしている ●others 他者・他人

  • 41

    "忙しすぎる"人はいない この世に。 要は何を優先するかだ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • No one is "too busy" in this world. It's all about priorities.

    解説

    ●no one is... ~な人はいない  ●all about 要は~だ、すべては~次第だ ◆本当に英語を身につけたい人は、どんなに忙しくても、勉強する時間を作りますよね。

  • 42

    因果応報 (あなたは収穫する あなたがまいたもの)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • You reap what you sow.

    解説

    ●reap 収穫する ●what S+V SがVするもの ●sow(種など)をまく ◆英会話で「因果応報」と言いたいときに使っています。「What you send out comes back again.」よりも、こっちのほうがよく使われるみたいなので、変更しました。

  • 43

    問題ない どれくらい遅く あなたが進むかは あなたが 立ち止まらない限り。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • It doesn't matter how slow you go as long as you don't stop.

    解説

    ●how slow S+V どれくらい遅くSがVするか  ●as long as S+V SがVする限り(条件を表すときによく使う構文)

  • 44

    比較してはいけない あなたの第1章を 誰かの第20章と。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Don't compare your Chapter 1 to someone's Chapter 20.

    解説

    ●compare A to/with B AとBを比較する  ◆英語上級者のスゴイ英語力を目の当たりにすると、「あの人と比べて自分はダメだなぁ」とか思ってしまうときがありますが、上級者だって最初は第1章から始め、何年も努力を重ねて今そのレベルに到達しているんですよね。上級者から学ぶことは大切ですが、上級者と自分を比較して自分を蔑むのは、建設的ではないなと。

  • 45

    あなたの発言があなたを表す。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • You're what you say.

    解説

    ●what S+V SがVするもの

  • 46

    あなたには この人生が与えられた [生き抜くために十分な]強さがあるから。 ※youを主語にして

    補足(例文と訳など)

    答え

    • You were given this life because you're strong [ enough to live it ].

    解説

    ●give は第4文型「give+人+モノ」なので、目的語の人が主語になって受け身になると、目的語のモノだけがそのまま残ります。逆にモノが主語になると、「be given to 人」になる。 ●形容詞+enough to do ~するのに十分…な ◆昔やってたドラマ「JIN」で仁先生が「神は乗り越えられる試練しか与えない」って言ってたのを思い出しました。自分に不幸なこと・不都合なことが起きたとき、「運が悪かった」と解釈することもできるけど、「自分が何かを学ぶために与えられた試練」と解釈することで前向きに捉えることができるなと。

  • 47

    あなたが"今持っている"ものを大切にしよう それが あなたが"持っていた"ものになる前に。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Appreciate what you "have", before it turns into what you "had".

    解説

    ●appreciate ~をありがたく思う、認める、大切にする ●動詞を現在形と過去形で使うことで、対比させることができます。 ●before以降は未来のことを言っていますが、副詞節なので動詞「turn」は未来形ではなく現在形になります。 ◆「失って 初めて気づく ありがたみ」友蔵 心の俳句

  • 48

    子は親の鏡。 (りんごは落ちることはない 木から遠くへ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • An apple doesn't fall far from a tree.

    解説

    ●fall(自動詞)落ちる ●far from ~から遠くへ ●特定のりんご・木を指してるわけではなく、どこにでもあるものを指しているので、冠詞「a / an」を使います。 ◆英会話の先生に、「子は親の鏡」をそのまま英語で言ったら、「こちらのほうが英語らしいよ」と教えてくれたのがこの名言です。

  • 49

    成功が幸福のカギではない。幸福が成功のカギなのだ。

    補足(例文と訳など)

    • アルベルト・シュバイツァー (フランスの医者・神学者)
    • 名言の前半です。次のカードが後半になります。

    答え

    • Success isn't the key to happiness.Happiness is the key to success.

    解説

    ●key to A Aへのカギ ※key に続く前置詞は to であることが多いです。

  • 50

    自分のやってることを好きになれたら、あなたは成功するだろう。

    補足(例文と訳など)

    • アルベルト・シュバイツァー (フランスの医者・神学者)
    • 名言の後半です。

    答え

    • If you love what you're doing, you'll be successful.

    解説

    ●what you're doing 仕事以外にも、自分が人生を懸けてやってきたことを指す。 ◆Steve Jobsもスタンフォード大学のスピーチ(YouTubeで観られる)で似たようなことを言っていた気がします。

  • 51

    ビジネスチャンスは バスと同じようなものだ、 必ず次がやってくる。

    補足(例文と訳など)

    • リチャード・ブランソン (イギリスの実業家)

    答え

    • Business opportunities are like buses, there's always another one coming.

    解説

    ●opportunity 機会 ※日本語の「チャンス」は、英語だと「opportunity」になる場合のほうが多いです。 ●there's alwasy+名詞 必ず~がある ●there's+A+doing ~するAがある ●ここの「one」は「bus」を指しています。 ●coming は one を後ろから修飾しています。 ◆よくある「チャンスは一度きり」と反対なのが面白いなと。非常に多くのビジネスを立ち上げ、成功に導いてきたリチャード・ブランソンが言うからこそ、重みがある気がします。

  • 52

    経営とは 正しく物事を行うこと。 リーダーシップとは 正しいことを行うこと。

    補足(例文と訳など)

    • ピーター・ドラッカー (アメリカの経営学者・社会学者)

    答え

    • Management is doing things right; leadership is doing the right things.

    解説

    ●do+A+補語 Aを~であるようにする ●do thing 物事を行う ●the right thing 正しいこと ←→the wrong thing 間違ったこと ◆僕はこの格言の本質をまだ理解できていない気がします。でも直感的にいずれ役立ちそうな気がするのでシェア。

  • 53

    真のリーダーとは ごく普通の人たちである [並外れた決意を持った]。

    補足(例文と訳など)

    • ジョン・シーマン・ガーンズ (アメリカの作家)

    答え

    • Real leaders are simply ordinary people with extraordinary determinations.

    解説

    ●real 真の、本当の ●simply+形容詞 ただ単純に~な ●ordinary people = normal people ●ordinary 普通の ●A with B Bを持ったA、Bが付いてるA ●extraordinary 並外れた ※ordinaryとの対比になっている。 ●determination 決意、やる気

  • 54

    リーダーは より効果を発揮するロールモデルとなる [彼らが学んているときに 教えているときよりも]。

    補足(例文と訳など)

    • ロザベス・モス・カンター (ハーバード大学教授)

    答え

    • Leaders are more powerful role models when they learn than when they teach.

    解説

    ●powerful 効果のある ※「強い」という意味から転じて。 ●role model 模範となる人 ●「more」と「than」の位置が遠いので気づきにくいですが比較級になっています。 ◆優秀な人ほど、常に学んで自分を磨いてますし、他者から学ぼうという謙虚な姿勢を感じます。僕は「俺についてこいや!\(゚Д゚ )」という「leader」タイプではないのですが、死ぬまで「learner」であり続けたいとは思います。

  • 55

    経営とは ~以外の何ものでもない 人々をやる気にさせること。

    補足(例文と訳など)

    • リー・アイアコッカ (元フォードの社長で、クライスラーを復活させた)

    答え

    • Management is nothing more than motivating other people.

    解説

    ●nothing more than ~以外の何ものでもない ●motivate ~をやる気にさせる ◆うちのブログのミッションは、究極的にはコレだと感じています。

  • 56

    あら探しをしてはいけない。 解決策を探そう。

    補足(例文と訳など)

    • ヘンリー・フォード (フォード・モーターの創業者)

    答え

    • Don't find fault. Find a remedy.

    解説

    ●find fault あら探しをする ●remedy 改善策・救済措置/治療 ◆ミスしない仕組みを作らないと、根本的な問題は解決しない気がしています。

  • 57

    決断しないことは しばしば より悪い 間違った行動よりも。

    補足(例文と訳など)

    • ヘンリー・フォード (フォード・モーターの創業者)

    答え

    • Indecision is often worse than wrong action.

    解説

    ●indecision 決断しないこと、決断できない状態 ←→decision ●bad > worse > worst ◆いつやるか、今でしょ。

  • 58

    倒されたかどうかではない 起き上がるかどうかなのだ。

    補足(例文と訳など)

    • ヴィンス・ロンバルディ (アメフト界の名将)

    答え

    • It's not whether you get knocked down, it's whether you get up.

    解説

    ●it's not A, it's B. Aではない、Bなのだ。強調構文ですね。 ●whether+S+V SがVするかどうか ●get knocked down 倒される

  • 59

    [規範から]外れることがなければ 進歩はあり得ない。

    補足(例文と訳など)

    • フランク・ザッパ (アメリカのギタリスト)

    答え

    • Without deviation from the norm, progress is not possible.

    解説

    ●without ~がなければ ●deviation 外れること ●norm 規範・標準 ◆高校生くらいまでは人と違うことをすると生きづらくなるけど、大学生で就活する前には他者と違うことを、働き始めてからは他社と違うことをする必要があるなと。

  • 60

    あなたは いつでも良くなれる。

    補足(例文と訳など)

    • タイガー・ウッズ

    答え

    • You can always become better.

    解説

    ●alwaysの位置に注意。 ◆凡人が言うとピンと来ないが、偉人が言うと意義深くなるシリーズ。

  • 61

    成功の確率を上げたいのなら、 失敗の確率を2倍にしよう。

    補足(例文と訳など)

    • トーマス・J・ワトソン (IBMの初代社長)

    答え

    • If you want to increase your success rate, double your failure rate.

    解説

    ●increase ... rate ~の割合を上げる ●success rate 成功率 ●double ~を2倍にする ※動詞でも使えることに注意。 ◆成功者ほど、数多く挑戦するため、失敗もたくさん経験しているってことですね。

  • 62

    人生は 選択の連続である。

    補足(例文と訳など)

    • ウィリアム・シェークスピア

    答え

    • Life is a series of choices.

    解説

    ●a series of+複数名詞 一連の~、連続の~ ◆ラーメンにするか、うどんにするか。フローラにするか、ビアンカにするか。パズドラをするか、勉強するか。

  • 63

    平和を維持することはできない 武力で。 それは(ただ)実現されうるのだ 理解によってのみ。 ※peaceを主語にして。

    補足(例文と訳など)

    • Albert Einstein

    答え

    • Peace cannot be kept by force. It can only be achieved by understanding.

    解説

    ●peace【不可算名詞】 ※無冠詞の不可算名詞と、無冠詞複数形の可算名詞は、「~というものは」のように一般論や普遍的なことを言いたいときに使います。 ●「cannot = can't」には「~できない」だけでなく、「~する可能性はない」という意味を表す場合もあることも覚えておきましょう。 ●keep peace 平和を維持する、治安を保つ ●by force 力づくで、武力で ●can only ~することのみ可能だ ●achieve 達成する、実現する

  • 64

    ~は別物だ (~の間には違いがある) 道を知っていることと (実際にその)道を歩くことは。

    補足(例文と訳など)

    • モーフィアス(マトリックス)

    答え

    • There's a difference between knowing the path and walking the path.

    解説

    a difference between A and B AとBの違い

  • 65

    人生は 悲劇だ 近くで見ると、 だが、喜劇だ 俯瞰して見ると。

    補足(例文と訳など)

    • チャールズ・チャップリン

    答え

    • Life is a tragedy when seen in close-up, but a comedy in long-shot.

    解説

    ●tragedy【可算名詞】悲劇 ※世の中には悲劇なことがたくさんあって、lifeはその中の1つだと言いたいので、不定冠詞「a」になる。 ●in close-up 拡大してみると ●in long-shot 俯瞰で、遠くから ◆seen の前に life is が省略されている。when節と主節の主語が同じ場合、省略できる。お持ちの文法書でチェック! ◆ちょっと分かりにくいですが、接続詞but は a tragedy と a comedy をつないでいます。 ◆in long-shot の前にも、本来は when seen があるのですが、重複するので省略されています。瞬間英作文で、この省略の法則性に慣れましょう。

  • 66

    為せば成る。 (意志のあるところに、 道はある)

    補足(例文と訳など)

    • Abraham Lincoln (アメリカの第16代大統領)

    答え

    • Where there's a will, there's a way.

    解説

    ●where節は関係副詞節 ●will(加算名詞)意志 ●世界中にはさまざまな「意志」があり、さらに「道」もたくさんあります。その中の任意のものを拾ってくるので、不定冠詞「a」になります。 ◆厳密には「為せば成る」ではないと思うのですが、このように英訳されることが多いみたいです。

  • 67

    世界に変化を望むのであれば 自らがその変化となりなさい。 (自らがその変化となれ あなたが見たい 世界で)

    補足(例文と訳など)

    • Mahatma Gandhi The father of the Indian nation

    答え

    • Be the change you want to see in the world.

    解説

    ●change は see の目的語でもあります。あえて2つの文に分けるとすれば、 If you want to see the change in the world, be the change. という感じです。 ●「あなたが望む"その"変化」なので、定冠詞 the になります。   ◆ここの world はおそらく、比喩的な意味での世界を指してるのかなと。ガンジーが自ら非暴力行進をして見せたことから考えると、「(自分のいる)業界・会社を変えたいのであれば、ただ不満を言うだけの傍観者になるのではなく、自らが変わりなさい(行動しなさい)」という意味ではないかと捉えています。

  • 68

    必要なものはすべて 自分の内にすでに備わっている。

    補足(例文と訳など)

    • Bill Bowerman Co-founder of Nike

    答え

    • Everything you need is already inside you.

    解説

    ●everything (that) you need 関係代名詞の目的格「that」が省略されています。everything は need の目的語でもある。 ●inside【前置詞】~の内側に 「in」との違いについて。「inside」は外側ではなく、内側を強調したいときに使う前置詞。僕も今調べてみてようやく納得しました(笑) ◆個人的には、1人1人にはそれぞれ複数の gift が眠っていて、人生を充実したものにできるかどうかは、その与えられた gift に気づき、磨き、そして他者や世の中に contribute できるかどうかに懸かっていると考えています。

  • 69

    明日死ぬかのように生き、 永遠に生きるかのように学びなさい。

    補足(例文と訳など)

    • Mahatma Gandhi The father of the Indian nation

    答え

    • Live as if you were to die tomorrow, learn as if you were to live forever.

    解説

    ●as if S 過去形... まるでSがVするかのように ※「as if」節内は事実ではない仮定の話(仮定法)。こういうとき英語では、過去形を使います。 ●be to 不定詞 ~することになっている ◆吉田松陰も「物事を知って死ぬのと、知らずに死ぬのとでは違う」という言葉を遺してますね。

  • 70

    自分を元気づける最高の方法は 他の誰かを元気づけることだ。

    補足(例文と訳など)

    • Mark Twain American author

    答え

    • The best way to cheer yourself up is to try to cheer somebody else up.

    解説

    ●the best way to do ~する最善の方法 ●cheer 人 up 人を元気づける ●try to do ~しようと心掛ける ●somebody else 他の誰か ●author 作家 ◆大脳新皮質ではない、古くからある脳の組織は、自分と他者を区別できないらしく、他者にポジティブな言葉をかけても、ネガティブな言葉をかけても、すべて自分にかけてることになるそうです。

  • 71

    最善を望み、 (そして)最悪に備えよ。

    補足(例文と訳など)

    • 読み人知らず

    答え

    • Hope for the best and prepare for the worst.

    解説

    ●hope for 名詞 ~を望む ●the 形容詞→名詞化 ●prepare (A) for B Bに備えて(Aを)準備する ※search A for B, pay A for B も同様、語順に注意。 ◆TOEICの結果発表の日、好きな人に告白するとき、上司に呼ばれたときに役立つ名言。

  • 72

    ~というわけではありません 私はそんなに賢い、 ただ~なだけです 課題と付き合っている より長く。

    補足(例文と訳など)

    • Albert Einstein

    答え

    • It's not that I'm so smart, it's just that I stay with problems longer.

    解説

    ●It's not that..., it's just that~ ...というわけではなく、ただ~なだけだ ※文法書で「強調構文」をチェック。 ●smart 賢い ※日本語の「細い・ムダがない」の意味で使われることはない気がします。 ●stay with A Aと一緒にいる、Aに関わる ●longer【副詞】より長く ◆「天才」に関するいろんな本を読んできましたが、天才と呼ばれる人たちは、単純に研究・練習に費やしてる時間が圧倒的に多いんです。優秀なピアニスト・バイオリニストほど練習時間が多い。 僕よりも高い英語力を持つ中上級者の方々は、間違いなく、僕よりも(1万時間以上)勉強されています。

  • 73

    失敗すればするほど、 成功に近づく。 ※youを主語に

    補足(例文と訳など)

    答え

    • The more you fail, the closer you are to success.

    解説

    ●the 比較級 + SV, the 比較級 + SV. ~すればするほど、より~。 ※「よく分からん」という人は、文法書の「比較級」の項目をチェック。 ●fail【自動詞】失敗する ●be close to A Aに近い ※形容詞「近い」で使う場合は「klous(クロウス)」で、「閉める」場合は「klouz(クロウズ)」になる点に注意。 ●success【不可算名詞】成功 ←→failure 失敗 ◆英語には「失敗から学ぶことの大切さ」を説く名言が多い気がします。アメリカ人は、子供が何かに挑戦して失敗した場合も、「Good try!」と挑戦したこと自体を褒める傾向があるそうです。by ポジティブイングリッシュのすすめ(木村和美) だからアメリカでは起業率も高いのかなと。

  • 74

    あきらめたら、そこで試合終了だよ。 (試合は終わらない  君があきらめるその瞬間まで)

    補足(例文と訳など)

    • 安西先生

    答え

    • The game isn't over until the moment you give up.

    解説

    ●game 試合 ※今やっている「その試合」なので、定冠詞の the になる。 ●be over ~が終わっている ●until the moment SV SがVするその瞬間まで ●次のどちらの表現も、英語版スラムダンクに出てくるのですが、そのまま訳した「When you give up, that's when the game is over.」よりも、「The game isn't over until the moment you give up.」のほうが英語的には自然な気がします。 ◆海外ではスラムダンクはそんなに人気じゃない=通じにくいので、スポーツやゲーム中にしか使えない気もします。

  • 75

    自信は ~の後からついてくる 努力(猛勉強)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Confidence comes after hard work.

    解説

    ●confidence 自信 ●come after ~の後にくる ●hard work 努力、猛勉強/重労働、激務

  • 76

    ~を問うのではなく 国が あなたのために何ができるか ~を問いなさい あなたが 国のために何ができるかを。

    補足(例文と訳など)

    • John F. Kennedy

    答え

    • Ask not what your country can do for you; ask what you can do for your country.

    解説

    ●what 人 can do (for A) 人が(Aのために)できること ※what は do の目的語。

  • 77

    神様は私たちに求めてはいないのです 成功することを ただ求めているだけです あなたが挑戦することを。

    補足(例文と訳など)

    • Mother Teresa

    答え

    • God doesn’t require us to succeed; he only requires that you try.

    解説

    ●God 神様 ※the はつかない点に注意。 ●require 人 to do 人に~することを求める ●only do ただ~するだけだ ●require that 人 do 人に~することを求める ●try 挑戦する、トライする

  • 78

    「目には目を」では 世界中が盲目になるだろう。

    補足(例文と訳など)

    • Mahatma Gandhi

    答え

    • An eye for an eye will make the whole world blind.

    解説

    ●An eye for an eye, a tooth for a tooth. 目には目を、歯には歯を。 ●make 人 + 形容詞 人を~にする ●the whole world 全世界、世界中 ●blind 盲目の/目の見えない

  • 79

    ビジネスの目的は 顧客を創造することである。

    補足(例文と訳など)

    • Peter Drucker (Social Ecologist)

    答え

    • The purpose of a business is to create a customer

    解説

    ●the purpose of A ~の目的 ●A is to do. Aとは~することである。 ●create 創る 顧客を創造する=新市場を創ると言えると思います。トヨタが昔、機織り機メーカーだったのを知ってる人は少ないと思います。外国車しか走ってなかった時代、もし創業者の豊田佐吉が息子に「国産車を作りなさい」と言っていなかったら、今日のトヨタはなかったと思うんですよね。 同様に、任天堂がもし以前の花札メーカーのままだったら、世界に知れ渡るどころか、むしろ生き残れてなかった気がします。 このように、世の中に必要とされるもの・不要になるものは、徐々に、しかし確実に変わってくるので、常に顧客を創造していくことが大切だということをドラッカーは言いたかったのかなと。

  • 80

    常識とは (偏見の)コレクションである (18歳までに獲得された)

    補足(例文と訳など)

    • Albert Einstein

    答え

    • Common sense is the collection of prejudices acquired by age eighteen.

    解説

    ●common sense 常識 ●collection of ~のコレクション、~集 ●prejudice 偏見・先入観 ●acquire (努力の末に)~を獲得する

  • 81

    偉大なことというのは 小さなことから始まっている。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Great things start from small beginnings.

    解説

    ● great thing 偉大なこと/素晴らしいこと ● start from ~から始まる ● small thing 小さなこと/ささいなこと・つまらないこと 特定のことではなく、一般的なことを言いたい場合、可算名詞は複数形にすると覚えておくといいですよ。

  • 82

    成功者になろうとするのではなく、 価値のある人になりなさい。

    補足(例文と訳など)

    • Albert Einstein

    答え

    • Try not to become a man of success, but rather try to become a man of value.

    解説

    ●try to ~しようとする、~しようと心懸ける ●try not to ~しないようにする ●a man of 抽象名詞 ~な人 ●a man of success 成功者 ●A but rather B Aではなく、むしろBである ●a man of value 価値のある人

  • 83

    レモンからはレモネードを作れ。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Make lemonade out of lemons.

    解説

    lemon 欠陥・役に立たないもの make A out of B BからAを作る 「悪い出来事は良い出来事に変えていこう」と言いたいときに使う表現だと、オンライン英会話の先生が教えてくれました。

  • 84

    怒りは 人に間違ったことをさせることがある。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Anger can make people do bad things.

    解説

    anger 怒り can ~する可能性がある make 人 do... 人に~させる do bad things 間違ったことをする

  • 85

    あなたが誰であるかが あなたが誰を引き寄せるかになる。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Who you are is who you attract.

    解説

    attract ~を惹く、引き付ける ◆ブログやツイッターなど、不特定多数の人とコミュニケーションをとる時代に変わってきて確信してますが、特に攻撃的な発言をすると、攻撃的な人を引き寄せるなと。自分がどんなに正しいと思っても、それが独善的で排他的な表現だと、炎上するんですよね。

  • 86

    狂気: 同じことを何度も繰り返しながら、 違う結果を期待することである。

    補足(例文と訳など)

    • Albert Einstein

    答え

    • Insanity: doing the same thing over and over again and expecting different results.

    解説

    insanity [insǽnəti]:狂気、精神異常 do the same thing:同じことをする over and over again:何度も繰り返し expect:~を期待する different:違う・異なった results:結果(可算名詞なので、特定の結果ではない限りは、複数形になる)

  • 87

    私たちは 生活する 私たちが得るもので、 しかし私たちは人生を築く 私たちが与えるもので。

    補足(例文と訳など)

    • Winston Churchill Prime Minister of the UK

    答え

    • We make a living by what we get, but we make a life by what we give.

    解説

    make a living by(from):~で生計を立てる、(職業)で食べていく、~を生業とする what SV:SがVするもの make a life:人生を形作る ※「life」にはいろんな意味がありますが、ここでは人生・一生・一生涯などの意味かなと。

  • 88

    良くなる(改善する)ことというのは、変化することである; (すなわち) 完璧になることというのは、頻繁に変わることである。

    補足(例文と訳など)

    • Winston Churchill Prime Minister of the UK

    答え

    • To improve is to change; to be perfect is to change often.

    解説

    To V1 is to V2.:V1することは、V2することである。 ※格言によく使われる構文です。主語に、動名詞ではなく、to不定詞を使うとフォーマルに聞こえます。 improve:改善する・良くなる ※他動詞が多いですが、たまに自動詞でも使われます。 セミコロン(;):いくつか意味がありますが、ここでは「すなわち」に近いかなと。 change:変わる・変化する often:頻繁に・しょっちゅう・度々

56744

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ