zuknow learn together

新しい教材を作成

麻薬性鎮痛薬

カード 12枚 作成者: ねこぶくろ (作成日: 2016/01/30)

  • コデイン

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    コデイン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 代表的な鎮咳薬。軽度・中程度の鎮痛効果を示す。

    解説

  • 2

    オキシコドン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • モルヒネ、フェンタニルと並んで癌性疼痛治療に用いられる強オピオイド。鎮痛効果はモルヒネの1.5倍

    解説

  • 3

    フェンタニル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • μ受容体アゴニストで鎮痛効果はモルヒネの100倍強力。蓄積作用があり、鎮痛作用の調節が難しい。

    解説

  • 4

    モルヒネの薬理効果

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鎮痛、鎮静、呼吸抑制、鎮咳、催吐、縮瞳

    解説

  • 5

    レミフェンタニル

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 超短時間作用型の麻酔性鎮痛薬で選択的μ受容体刺激薬。速やかに代謝されるため血中半減期は短く、作用開始時間は早い。蓄積しない。

    解説

  • 6

    ペチジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • μκ受容体アゴニストで鎮痛効果はモルヒネの1/8。

    解説

  • 7

    ペンタゾシン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • κ受容体アゴニストだがμ受容体アンタゴニスト。鎮痛効果はモルヒネの1/2程度。退薬症状、薬物依存性あり。

    解説

  • 8

    ブプレノルフィン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • μ受容体アゴニスト、κ受容体アンタゴニスト。鎮痛効果はモルヒネの33倍。副作用は嘔吐が特徴的で、プロクロルペラジンやドロペリドールなどの制吐薬をの予防的投与を要する。

    解説

  • 9

    ブトルファノール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オピオイド受容体に対する活性は低く、鎮痛効果はモルヒネの4倍。注射剤として術後、癌の鎮痛麻酔薬として用いる。

    解説

  • 10

    トラマドール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 非オピオイドとオピオイドの両方の性質を有する。

    解説

  • 11

    エプタゾシン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • κ受容体アゴニストで鎮痛効果はモルヒネの1/2程度。

    解説

  • 12

    ナロキソン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 麻薬拮抗薬。 μ受容体との親和性は高いが、それ自体では鎮痛作用を示さない。

    解説

56942

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ