zuknow learn together

新しい教材を作成

学科一般 直前チェック 試験当日

カード 117枚 作成者: j_okuyan (作成日: 2016/01/30)

  • 亜熱帯ジェット気流は、対流圏界面付近の……

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

気象予報士試験の過去問及び解説資料から「あと1点」につながる知識をピックアップしました。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    亜熱帯ジェット気流は、対流圏界面付近の……

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高度200hPa付近に見られる。

    解説

  • 2

    晴天時の自由大気は条件付不安定、または絶対安定になるため、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高さとともに 温位が上昇する。

    解説

  • 3

    30hPaは、高度約( )m

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高度約23〜24Km 成層圏の下部に相当する。

    解説

  • 4

    成層圏では、冬の北極と冬の南極では、気温が高いのは。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冬の北極の方が気温が高い。

    解説

  • 5

    成層圏の夏極と冬極の気温の違いは…?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夏極の方が気温が高い。夏極の方が紫外線の入射量が多いため。

    解説

  • 6

    混合比は… 0.622×

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.622×(水蒸気圧/気圧)

    解説

  • 7

    飽和している時 飽和水蒸気圧=

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飽和水蒸気圧=水蒸気圧

    解説

  • 8

    アルベド 30%の内わけは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大気・エーロゾルの反射 22.5% + 地表面の反射 8.8%

    解説

  • 9

    晴れた日の大気境界層のうち、混合層では空気がよくかき混ぜられるため…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乾燥中立の状態になり、温位・混合比・が一定になる。

    解説

  • 10

    晴れた日の大気境界層で風速は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乱流や乱渦によって運動量が輸送されるため、風速は一定になる。

    解説

  • 11

    晴れた日の接地層で、温位は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶対不安定の状態になるため、温位は高さとともに下がる。

    解説

  • 12

    晴天時の自由大気の状態は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 条件付き不安定、または、絶対安定の状態。温位は高さとともに上昇する。

    解説

  • 13

    晴れた日の大気境界層の移行層より上空で混合比が高さとともに減少するのは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高さとともに水蒸気量が減少するため。

    解説

  • 14

    Cv= Cp=

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Cv=717J/K・kg Cp=1004J/k・kg

    解説

  • 15

    Cvは… Cpは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Cvは…定積比熱 Cpは…定圧比熱

    解説

  • 16

    半径1mm程度の代表的な雨粒の落下速度(終端速度)は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約6.5m/sで、代表的な雲粒(半径10μm)の落下速度約1㎝/sの650倍

    解説

  • 17

    0.1〜1μmより大きい水滴は水蒸気が凝結しやすいので成長して大きくなるが…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0.1〜1μmより小さい水滴は、水蒸気が凝結するよりも水滴から蒸発する方が多いので、やがて消滅する。

    解説

  • 18

    氷晶が水蒸気の拡散だけで成長する場合、単位時間当たりの質量増加率は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 氷晶の表面積、過飽和度、密度、水蒸気の拡散係数に依存する。

    解説

  • 19

    昇華凝結や水滴の凝結による成長が決まる引き算は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水蒸気圧(水蒸気の分圧)-水滴の飽和水蒸気圧 水蒸気圧(水蒸気の分圧)-氷晶の飽和水蒸気圧 常に氷晶の引き算の値の方が大きい

    解説

  • 20

    あられの形成は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 氷晶と過冷却水滴の衝突併合による。

    解説

  • 21

    太陽放射の全エネルギーのうち、紫外線は6%、可視光線域は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可視光線域は47%、赤外線域は47%。うち、遠赤外線10%、近赤外線37%

    解説

  • 22

    波長か0.31μmより短い紫外線は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸素分子とオゾンに吸収される。

    解説

  • 23

    UVCは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オゾン層より上空の酸素分子でほとんど吸収される。波長は0.28μm未満

    解説

  • 24

    波長8〜12μmの領域は。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大気の窓領域

    解説

  • 25

    年平均の短波放射の入射量が太陽高度角αの小さい高緯度で小さく、低緯度で大きいのは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 地球に入る、年平均の短波放射の入射量が、地表面の単位面積・単位時間に入る放射量が、sinαに比例するからである。

    解説

  • 26

    地球が放出する長波放射量が緯度変化する原因は、大気や地表面の温度が…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 低緯度で高く、高緯度で低いため。長波放射量はステファン・ボルツマンの法則で決まるが、放射量の緯度変化はあまり大きくない。

    解説

  • 27

    緯度35°以下の低緯度地方では、地球が吸収する短波放射量が地球が放出する長波放射量を…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …上回り、緯度35°以上の高緯度地方では、地球が放出する長波放射量が地球が吸収する短波放射量を上回る。

    解説

  • 28

    熱圏では( )による空気成分の分解が起こり、高度が増すにつれて…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (重力) 軽い気体の分子や原子の割合が増大する。

    解説

  • 29

    熱圏では、非常に波長の短い(0.1μm以下)紫外線が…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 酸素分子や窒素分子などの大気成分を光解離し、軽い原子を作っている。

    解説

  • 30

    平均温度の水平勾配(=水平方向の温度傾度)は、温度風を表す

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温度風を表すベクトルが大きいほど、大きくなる。

    解説

  • 31

    コリオリパラメータ=

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コリオリパラメータ=惑星渦度

    解説

  • 32

    温度移流による気温の変化量の求め方は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気温傾度ΔT/等温線間の距離Δnに 風速V(m/s)と時間Δt(秒)をかける。 ΔT/Δn×V・Δt

    解説

  • 33

    日照時間を観測する時のちょく達日射のしきい値は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 120w/㎡ 0.12kw/㎡

    解説

  • 34

    太陽定数の値は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約1370kw/㎡

    解説

  • 35

    仮温度=

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温度×(1+0.61×混合比) =T×(1+0.61w)

    解説

  • 36

    スーパーセル型巨大雷雨において、セルの中心付近にはレーダーの反射強度が…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反射強度が弱い部分があり、これをヴォルトまたはバウンデットウィークエコーリージョン(BWER)と呼ぶ。

    解説

  • 37

    スーパーセル型の積乱雲内では、暖湿な空気がらせん状に上昇し…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中央に空洞のようになっている部分があり、これがヴォルト、またはバウンデットウィークエコーリージョン(BWER)

    解説

  • 38

    ヴォルトの周りは反射強度が…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 反射強度が強く、ひょうや大粒の雨を降らせる。

    解説

  • 39

    可視光線の太陽放射は、大気による吸収…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大気による吸収をほとんど受けない。

    解説

  • 40

    オゾンの数密度が最大となる高度の空気の中でオゾンの占める容積比は、1%より…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1%より小さい。高度80kmの中間圏界面付近までは、大気の組織比は変わらず、オゾンの比率は1%よりずっと小さい。

    解説

  • 41

    極成層圏雲は、極地方の…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 極地方の下部成層圏で冬季(極夜)に発生する氷晶雲

    解説

  • 42

    露点温度は、空気塊が凝結を伴うことなく断熱的に大気中を上昇すると…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気圧が低下して(露点温度は)混合比を保つように下がっていく。

    解説

  • 43

    空の色は散乱強度が比較的強く…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 入射量の多い青い色に見える。 紫は最も波長が短いが、入射量が少なく減衰しやすい

    解説

  • 44

    ミー散乱なおける散乱強度は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 波長に依存しない。

    解説

  • 45

    雲粒によってミー散乱された太陽光は、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太陽光(可視光)は分光されない場合は白い光であるため雲は白く見える。

    解説

  • 46

    氷晶や雲粒の大きさが小さい時は… また、ある程度大きくなって…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小さい時は昇華凝結過程による成長率が大きい。 ある程度大きくなって落下速度が大きくなるとライミングによる成長率が大きくなる。

    解説

  • 47

    コリオリ力は回転する座標系に対して物体が運動しているときにのみ働く見かけの力だから…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 慣性座標系においては必要ない。 回転する座標系=非慣性座標系

    解説

  • 48

    コリオリ力は運動の向きを変えるだけの…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • …向きを変えるだけの見かけの力。

    解説

  • 49

    うねりは減衰しながら伝播する波で、風浪と比較すると…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風浪と比較すると、波長や周期が長くなっていることが多い。

    解説

  • 50

    酸素分子は0.24μm以下の紫外線を…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紫外線を吸収して、酸素原子に光解離する。

    解説

  • 51

    オゾン分子は0.32μm以下の紫外線を吸収して…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 紫外線を吸収して、酸素分子と酸素原子に光解離する。

    解説

  • 52

    ボイルシャルルの法則により、層間の平均密度は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 層間の平均密度は、層間の平均気温が低いほど大きい。

    解説

  • 53

    極渦が弱いと偏西風にパターンは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 偏西風のパターンは南北流型で、極付近気温が平年より高くなる。

    解説

  • 54

    極付近に気温が平年より高くなると オゾンの破壊を助長する…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • オゾンの破壊を助長する極成層雲が発生しにくくなり、オゾンホールは小規模になる傾向。

    解説

  • 55

    対流圏のオゾンは9.6μm付近の…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 9.6μm付近の「赤外線」をよく吸収する温室効果ガスのひとつ。

    解説

  • 56

    地上の平均気温が最も高くなるところが赤道よりも北側に位置するのは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比熱の違いから陸地の多い北半球の方が気温が高くなるから。

    解説

  • 57

    ガストフロント通過直後は気温の低下と、降水が( )しながら落下する…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 降水が(蒸発)しながら落下することによる水蒸気量増加のため、 相対湿度が増加する。

    解説

  • 58

    雲頂温度が-20℃では、約( )%の確率で氷晶が存在する。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約95%の確率。-10℃では50%

    解説

  • 59

    太陽放射エネルギーが最大になる波長と 地球放射エネルギーが最大になる波長は ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 太陽放射エネルギー=約0.5μm 地球放射エネルギー=約10μm

    解説

  • 60

    海洋表層の二酸化炭素が深層に輸送されるほど、表層の二酸化炭素の分圧が…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 表層の二酸化炭素の分圧が低い状態に保たれるので、大気からの二酸化炭素吸収量は多くなる。

    解説

  • 61

    -40℃程度の雲の中に氷晶核は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほとんど存在しない。過冷却雲になっている。

    解説

  • 62

    クラウドクラスターなどの( )の 水平スケール 時間スケール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (メソ対流系) 水平スケール=100㎞前後 時間スケール=24時間前後 一般的な雷雨はスケールがもっと小さい

    解説

  • 63

    一般的な竜巻の水平スケール…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 100m前後

    解説

  • 64

    晴れた日の接地層では、絶対不安定になるため…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 温位が高さとともに下降する

    解説

  • 65

    南半球の冬の成層圏の、冬極方が、北半球の冬極より気温が低いのは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 風の波動が弱く、極渦が顕著に現れるからである。

    解説

  • 66

    温位は、どの緯度でも高度とともに…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高度とともに増加している。

    解説

  • 67

    対流圏で最も温度が高いのは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 熱帯地方の下層で、最も温度が低いのは熱帯地方の対流圏圏界面付近。

    解説

  • 68

    温位が最も低いのは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 極地方の下層。

    解説

  • 69

    昇華凝結で成長した雪結晶同士が衝突して結合したものを…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 雪片という。

    解説

  • 70

    対流圏圏界面付近から成層圏下部にかけては「温度」傾度が小さい等温層となっているため…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鉛直方向の「温位」傾度は非常に大きくなっている。

    解説

  • 71

    海塩起源のエーロゾルは、水に溶けることで水滴表面の飽和水蒸気圧を

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 純水に比べて小さくするため、雲粒の成長を促進させる。

    解説

  • 72

    地表面の新雪のアルベドは80〜95%と大きいが、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 海は25度以上の太陽高角度で10%以下と非常に小さい。

    解説

  • 73

    大気境界層内で日中よくかき混ぜられた状態の場合、境界層内の温度減率は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 乾燥断熱変化に近い状態になっている。

    解説

  • 74

    梅雨期の積乱雲は、湿度が高いことから雲底が低く蒸発による冷気もあまり強くならず…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冷気プールは他の時期よりも弱いことが多い。また、メソハイに対応する急激な気圧上昇も不明瞭なことが多い。

    解説

  • 75

    積乱雲が消滅した後でもガストフロントは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガストフロントは遠方まで伝わっていくこともある。

    解説

  • 76

    台風の周りで吹く風は、真上から見た時に渦を巻いている成分である接線風と…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中心を通る鉛直断面で見える動径風と鉛直流を合わせた風で構成されている。

    解説

  • 77

    国内で発生する竜巻は9月に発生するものが多く、そのうちの…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • そのうちの20%は台風に伴うものと言われている。

    解説

  • 78

    台風に伴う竜巻のほとんどが、台風の中心から…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 台風の中心から200〜800㎞も離れた北東から東側で発生しており、外側降雨帯で発達した積乱雲によるものと考えられる。

    解説

  • 79

    エルニーニョ・ラニーニャ現象の最盛期は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 冬季。対流活動の中心が夏は赤道より、冬は赤道付近に位置し、赤道上の東風や海面水温、対流活動かまより強く結びつくから。

    解説

  • 80

    静的エネルギーの保存則とは、空気塊が断熱的に上昇する時、「膨張する」という仕事に伴い…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 内部エネルギーは小さくなるが、高度が上がることで位置エネルギーが大きくなる。この総和は凝結や蒸発が起こらない限り保存される。

    解説

  • 81

    温位が高さとともに増加している、ということは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気温減率か10℃/1㎞より小さい。

    解説

  • 82

    梅雨前線は、東西( )㎞に渡る長い前線である。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東西5000㎞に渡る長い前線。

    解説

  • 83

    梅雨前線の性質は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東経130°を境に東西で性質が違う。

    解説

  • 84

    気団性雷雨の発生は、夏に…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 夏に優勢な太平洋高気圧に覆われて、晴天となった時に多い。

    解説

  • 85

    海洋は40年間に地球全体で蓄積された熱エネルギーの( )割以上を吸収し…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 9割以上を吸収し、温暖化の進行を緩和しているが、海洋自身も温暖化している。

    解説

  • 86

    エーロゾルは、エイトケン核、大核、巨大核の順に大きい。最も数が多いのは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • エイトケン核で、質量の大部分を占めるのは大核である。

    解説

  • 87

    エーロゾルの中の大核は、可視光線をよく( )する。そのため…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • (散乱) 視程を悪くしたり、アルベドを大きくしたりする。

    解説

  • 88

    台風の進路方向左右での風速差が大きいのは………

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 秋。夏より秋の方が一般風が強いため。

    解説

  • 89

    台風の中心に向かう風の動径速度成分が最大になるのは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高度2㎞より低い。摩擦の影響が及ぶ境界層内になる。

    解説

  • 90

    成層圏で突然昇温が起きると極域の気温が上昇し、一時的に高気圧に変わり…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 極を中心に時計回りの渦ができるため、中高緯度では東風が現れる。

    解説

  • 91

    酸素分子は赤外線を…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 吸収しない。紫外線を吸収する。

    解説

  • 92

    熱圏は成層圏より大気密度が…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 小さく、熱しやすく冷めやすい。

    解説

  • 93

    中間圏の気温減率は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 約2.4℃/㎞

    解説

  • 94

    仮温度とは、湿潤大気と…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 湿潤大気と同じ圧力・密度をもつ「乾燥大気」の温度である。

    解説

  • 95

    氷晶核の中の凍結核は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水滴を凍結させる働きをもち、 非吸収性のエーロゾルである。

    解説

  • 96

    気温が高いと氷晶核の数が少ないため、

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 0〜-4℃程度だと、ほとんど過冷却雲になる。

    解説

  • 97

    吸湿性の高いエーロゾルが多く存在すると相対湿度が…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相対湿度が100%未満でも霧が発生する。

    解説

  • 98

    雪は可視光線をよく反射するが…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 赤外線はよく吸収する。

    解説

  • 99

    太陽放射の中の赤外線領域は大気による吸収を…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大気による吸収をよく受ける。

    解説

  • 100

    未飽和の湿潤空気の持ち上げ凝結高度を通る…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 湿潤断熱線の値が湿球温位となる。

    解説

  • 101

    飽和水蒸気圧は温度だけの関数、混合比は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 混合比は温度と気圧の関数。

    解説

  • 102

    エルニーニョ監視速報は…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 月単位で発表される。

    解説

  • 103

    エルニーニョ現象の発生・終焉の時期については…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 季節単位で発表される。

    解説

  • 104

    南方振動は、南太平洋東部で海面気圧が平年より高い時はインドネシア付近で…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 平年より低く、南太平洋東部で海面気圧が平年より低い時はインドネシア付近で平年より高くなる、というシーソーのような変動。

    解説

  • 105

    竜巻の中心付近の気圧が低下し、気温が低下するため、過飽和となり

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 水蒸気が凝結して漏斗雲ができる。

    解説

  • 106

    一般風が海風とは逆の方向から吹いている時に明瞭に現れる…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 露点温度と風が不連続に異なる収束線を「海風前線」という。

    解説

  • 107

    対流混合層の上部はほぼ飽和に近く…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強いサーマルが下から来ると積雲が発生することがある。

    解説

  • 108

    空気塊の相当温位が大気の飽和相当温位を上回れば…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 空気塊は浮力を得て勝手に上昇する。

    解説

  • 109

    上昇する空気塊の相当温位が周りの大気の相当温位を上回っている状態を…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対流不安定という。

    解説

  • 110

    上昇する空気塊の相当温位が飽和相当温位より高い状態を…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 潜在不安定という。

    解説

  • 111

    気象庁作成している異常気象レポートは…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5年毎に発表される。

    解説

  • 112

    一般風が海風とは逆の方向から吹いている時に明瞭に現れる…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 露点温度と風が不連続に異なる収束線を「海風前線」という。

    解説

  • 113

    高度約20kmから約60㎞までは夏極で…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気温が最も高く、冬極で最も低い。オゾンや酸素による紫外線吸収による加熱効果が大きい。

    解説

  • 114

    メソβスケール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 20〜200㎞ 海陸風、など

    解説

  • 115

    海風は、海岸線から最大…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 最大20〜50㎞の陸地内まで達する。

    解説

  • 116

    等温位面のある点の気温が既知であれば…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • その気圧を算出できる。

    解説

  • 117

    ガストフロントの通過時は、風向・風速が大きく変化し…

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 気温が低下し、気圧が上昇する。

    解説

56600

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ