zuknow learn together

新しい教材を作成

抗てんかん薬・中枢性骨格筋弛緩薬

カード 30枚 作成者: ねこぶくろ (作成日: 2016/01/29)

  • けいれん薬3つ

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

詳細はありません

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    けいれん薬3つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ピクロトキシン:脳幹 ペンテトラゾール:脳すべて ストリキニーネ:脊髄

    解説

    臨床では使用しない

  • 2

    ピクロトキシンの作用機序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 痙攣薬。 Clチャネル阻害→GABAa受容体機能遮断→シナプス前抑制が遮断される

    解説

  • 3

    ピクロトキシンの薬理作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 呼吸・血管運動中枢の興奮作用、痙攣作用(間代性痙攣→強直性ー間代性痙攣)

    解説

  • 4

    ペンテトラゾールの作用機序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンゾジアゼピン結合部位に作用し、Clチャネルを遮断し、興奮作用を発現する。

    解説

  • 5

    ペンテトラゾールの薬理作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 中枢の広い範囲に興奮作用を示す。 呼吸・血管運動中枢の興奮作用:麻酔薬や睡眠薬中毒に拮抗。蘇生薬の一つ。

    解説

  • 6

    ストリキニーネ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アルカロイドの痙攣薬。

    解説

  • 7

    ストリキニーネの作用機序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ベンゾジアゼピン結合部位に作用し、CLチャネル阻害。脊髄に作用して反射興奮性を高める。

    解説

  • 8

    ストリキニーネの薬理作用

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 強直性痙攣をおこす。バルビツール酸誘導体が効果的な拮抗薬。

    解説

  • 9

    てんかんとは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大脳灰白質神経細胞の過剰で無秩序な放電による反復性の発作。同じ型を繰り返す。

    解説

  • 10

    てんかんの分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.症候性てんかん:明らかな大脳の器質的病変が原因 2.潜因性てんかん 3.特発性てんかん:原因不明で最も発症数が多い

    解説

  • 11

    てんかん発作の分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 大脳皮質起源の部分発作と両半球起源の全般発作がある

    解説

  • 12

    部分発作とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意識障害のない単純部分発作と、意識障害を伴う複雑部分発作、二次性全般化発作がある。

    解説

  • 13

    全般発作とは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 完全な意識消失を伴う欠伸発作、ミオクローヌス発作、最も発症数の多い強直ー間体発作(大発作)、間代発作、強直発作、脱力発作

    解説

    ミオクローヌス:四肢または体幹の筋に突然生じる電撃的な間体性の攣縮 大発作:突然の叫び声から始まり、ただちに意識の喪失と強直性痙攣がおこる。その後、同期性間体性痙攣に移行。

  • 14

    抗てんかん薬の作用機序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1.細胞膜イオン透過性の調節 2.GABAa受容体ーClチャネル機能促進 3.GABAトランスアミナーゼ阻害

    解説

    1.細胞膜イオン透過性の調節 Naチャネル遮断、Caチャネル遮断、Kチャネル活性化 3.GABAトランスアミナーゼ阻害 GABAを分解しシナプス伝達を終了させる。

  • 15

    抗てんかん薬のうち、バルビツール酸誘導体2つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェノバルビタール プリミドン

    解説

  • 16

    フェノバルビタール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 長時間型バルビツール酸誘導体で古典的な抗てんかん薬。CYP3Aの誘導作用があるため多剤併用時は要注意

    解説

    大発作、皮質焦点発作に有効で、発作の予防に使用。欠神発作には効果がない。

  • 17

    プリミドン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 欠神発作以外のてんかんに有効。フェノバルビタールの活性代謝物を生成。CYP3Aの誘導による併用薬との相互作用に注意

    解説

  • 18

    ヒダントイン誘導体1つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • フェニトイン

    解説

  • 19

    フェニトインの作用機序

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 電位依存性Naチャネルの不活性状態からの回復を遅延させ、持続的な脱分極による神経活動電位の反復発火を抑制。高濃度でGABAの作用を増強する

    解説

  • 20

    フェニトインの用法

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消化管からよく吸収される。血中濃度のモニターが重要。

    解説

  • 21

    エトスクシミド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗てんかん薬のサクシニミド誘導体。ペンテトラゾール痙攣に拮抗。欠神発作を抑制する。副作用として食欲不振、頭痛、ねむけなど

    解説

  • 22

    アセチルフェネトライド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗てんかん薬のアセチル尿素誘導体。 抗けいれん作用が強く、精神運動発作に最も効果がある。重篤な副作用があるため最終選択薬である。

    解説

    副作用:白血球減少、腎肝機能障害

  • 23

    カルバマゼピン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗てんかん薬のイミノスチルベン誘導体。部分発作の第一選択薬。フェニトイン同様にGABAa受容体機能亢進が主な作用。

    解説

  • 24

    ゾニサミド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗てんかん薬のベンズイソキサゾール誘導体。欠神発作、ミオクローヌス発作以外に有効。

    解説

  • 25

    アセタゾラミド

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗てんかん薬のスルホンアミド誘導体。精神運動発作、欠神発作に有効。他の抗てんかん薬の効果が不十分な時に併用される。長期投与では耐性が生じる。

    解説

  • 26

    ジアゼパム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗てんかん薬のベンゾジアゼピン誘導体。てんかん発作重積症の第一選択薬。作用時間はそれほど長くなく、つづいてフェニトインを用いる。

    解説

  • 27

    ニトラゼパム クロナゼパム クロバザム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗てんかん薬のベンゾジアゼピン誘導体。ミオクローヌス発作、欠神発作に有効。他のてんかん薬との併用が多い。症候性痙攣の対症療法に用いる。

    解説

  • 28

    バルプロ酸ナトリウム

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 抗てんかん薬のGABAトランスアミナーゼ阻害薬。すべてのてんかんに有効。欠神発作に大発作が合併する場合の第一選択薬。急性毒性はフェニトインと同様。

    解説

    作用機序:Na,Caチャネル遮断、Kチャネル機能亢進による神経細胞膜の過分極&抑制性シナプスでのGABA量増加

  • 29

    抗てんかん薬補助薬4つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ガバペンチン、トピラマート、ラモトリギン、レベチラセタム

    解説

  • 30

    中枢性骨格筋弛緩薬

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脊髄多シナプス反射を抑制して筋痙攣を抑制する。

    解説

56995

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ