zuknow learn together

新しい教材を作成

宅建業法 5章 業務上の規制

カード 66枚 作成者: Masuyama Shigeru (作成日: 2016/01/28)

  • 土地を開発するための許可を
    建物を建築するための許可を

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

すっきりわかる宅建

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    土地を開発するための許可を 建物を建築するための許可を

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 開発許可 建築確認

    解説

  • 2

    開発許可や、建築確認を得てない物件について広告してよいか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NG

    解説

  • 3

    広告をするのは、あくまで開発許可、建築確認後でなければならないルールを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 広告開始時期の制限

    解説

  • 4

    未完成の物件では、開発許可・建築確認の前では契約をすることも禁止されている これを

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 契約締結時期の制限

    解説

  • 5

    契約締結時期の制限には唯一例外がある それは

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 貸借の代理、媒介

    解説

  • 6

    広告開始時期の制限や、契約締結時期の制限に違反すれば、監督処分、指示処分の対象になる 罰則は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 罰則はない

    解説

  • 7

    広告開始時期、契約締結時期の制限対象となるのは、開発許可、建築確認だけでなく、農地法の転用許可、宅地造成規制法の許可、さらに「        づくりに関する法律」が加わった

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 津波防災地域づくり

    解説

  • 8

    津波防護施設区域内の土地において、施設や工作物の新築または改築をするものは「       」をうけなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 津波防護施設管理者の許可

    解説

  • 9

    誇大広告や虚偽広告は禁止されている 被害者がいなくても「   」違反となり、「   」や罰則を受ける

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 宅建業法 監督処分

    解説

  • 10

    宅建業は「   」様態を明示する必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 取引

    解説

  • 11

    取引様態を表示するのは「    」ときと「    」を受けたときその都度表示しなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 広告をする 注文を

    解説

  • 12

    取引様態明示義務に違反した場合、監督処分の対象になるか? 罰則はあるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 監督処分(指示処分、業務停止処分)はあるが、罰則はない

    解説

  • 13

    宅地や建物の周りの環境、交通その他の利便について誤解させるべき「  」判断を提供することは禁止されている

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 断定 断定的判断の提供の禁止

    解説

  • 14

    断定的判断の提供の禁止を違反した場合、実際に契約しなくても違反になるか? 過失であった場合は免責されるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • なる されない

    解説

  • 15

    不当な履行遅延の禁止の意味?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 契約したらさっさと実行しなさいという意味

    解説

  • 16

    広告開始時期の制限と、契約締結時期の制限に関して貸借の媒介、代理をする場合は 広告はOK? 契約はOK

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 契約はOKだけど 広告は NG

    解説

  • 17

    宅建業務に要求される態度 宅建業者が従業員に実施するための「     」を行う義務がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 審議を旨とし、誠意にその業務を行わなければならない 従業員教育

    解説

  • 18

    宅建業者は業務上知りえた秘密を「   」義務がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 他に漏らしてはならない

    解説

  • 19

    本人の承諾がある、裁判で証言を求められた 取引の相手方に真実を告げる といった場合にも守秘義務を守らなければならないか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いいえ これらは例外のケース

    解説

  • 20

    宅建業者が相手方にしてはならない行為 5

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 考える時間を与えることを拒む 2 勧誘にあたり、自身の情報、勧誘目的などを告げない 3 相手方が嫌がっているのに勧誘を続ける 4 迷惑な時間に、電話 訪問 5 深夜 長時間の勧誘など

    解説

  • 21

    宅建業者がしてはならない預り金関連のルール 2

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 申し込みを撤回しているのに預り金の返金を拒むこと 2 手付の放棄をして契約の解除を相手がしようとしても、解除を拒んだり妨げること

    解説

  • 22

    手付とは? 宅建業で使われる手付の種類は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手付とは契約成立の時に交付される金銭 解約手付

    解説

  • 23

    買主は「     」すれば契約を解除できる 売主は手付の「   」を返還すれば契約を解除できる 「      」が「     」した後は、手付放棄も、手付倍返しもできない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手付を放棄 倍額 相手 履行に着手

    解説

  • 24

    手付の貸与は禁止されているか? 手付金貸与の勧誘だけでもダメか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 禁止されている だめ

    解説

  • 25

    手付金の減額や、手付金を融資してくれる銀行の紹介はいいのか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OK

    解説

  • 26

    媒介契約には2種類ある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 専任媒介契約 一般媒介契約

    解説

  • 27

    他の業者にも依頼してよいのが 他の業者に依頼していけないのが 依頼者が自分で買主を見つけることを禁止する契約

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一般媒介契約 専任媒介契約 専属専任媒介契約

    解説

  • 28

    専任媒介契約を2種類に分類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 専属専任媒介契約 (専属ではない普通の)専任媒介契約

    解説

  • 29

    一般媒介契約は2種類

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 明示型 非明示型 他の業者にも明らかにしているかどうかの分類

    解説

  • 30

    一般媒介での有効期間は 専任媒介での有効期間は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 制限なし 三か月以内

    解説

  • 31

    一般媒介での契約の自動更新は? 専任媒介での契約の自動更新は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 可 不可(依頼者の申し出がなければ更新できない)

    解説

  • 32

    指定流通機構への登録は 一般媒介の場合 普通の専任の場合 専属専任の場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 義務なし(登録は可能) 7日以内(休業日は除く) 5日以内(休業日を除く)

    解説

  • 33

    業務の処理状況の報告は 一般媒介の場合 普通の専任の場合 専属専任の場合

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 義務なし 2週間に1回以上(休業日含む) 1週間に一回以上(休業日含む)

    解説

  • 34

    指定流通機構から登録を受けると、不動産業者はその「      」を遅滞なく依頼者に引き渡さなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 登録を証する書面

    解説

  • 35

    指定流通機構への登録事項は「所在、規模、形質、  、法令上の制限、専属専任媒介であるときはその旨」だ。所有者の住所氏名などがわかる「    」は登録事項になっていない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 価額 登記の内容

    解説

  • 36

    媒介契約を結んだ際には、遅滞なく業者は依頼者に「    」を渡さなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 媒介契約書

    解説

  • 37

    媒介契約書記載事項 8つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 物件の所在地 2 価額(評価額) 3 媒介契約の種類 4 有効期間 解除条件 5 指定流通機構への登録 6 違反に対する措置 7 報酬額、報酬の受領の時期 8 国土交通大臣が定めた標準媒介契約約款に基づくか否か

    解説

  • 38

    媒介契約締結時、業者が価額について意見を述べるときは「   」を示さなければならない この根拠を示すときは口頭でもよいのか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 根拠 口頭でもよい

    解説

  • 39

    媒介契約書の作成義務は取引士にある? 媒介契約書の記名押印は誰が行う?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NG 宅建業者にある 宅建業者

    解説

  • 40

    代理契約にも、媒介契約書と同じルールが適用されるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • される

    解説

  • 41

    媒介契約書の発行義務は賃借にも当てはまるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 当てはまらない 賃借には指定流通機構への登録義務や媒介契約書発行義務はない

    解説

  • 42

    宅建業者売買の媒介報酬限度額は 1 400万円超 2 200万円超~400万円以下 3 200万以下

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 3%+6万円 2 4%+2万円 3 5%

    解説

  • 43

    土地の売買に消費税は課税されるか? 建物の売買に消費税は課税されるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 土地には課税されない 建物には課税される

    解説

  • 44

    宅建業者が課税業者であれば報酬に消費税(8%)を上乗せすることができるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる

    解説

  • 45

    報酬限度額の計算においては「   」で計算する

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 本体価格(消費税を除く)

    解説

  • 46

    宅建業者が課税業者でないばあいは、みなし消費税分として「    」上乗せできる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4%

    解説

  • 47

    売買の媒介において、売主買主それぞれ別の業者がかかわった場合には、その業者はかかわった一方からしか報酬を受け取れない 正しい?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 正しい 片手 ただし、一つの業者が売り手、買い手ともども同時に媒介をした場合は両方から報酬を受け取ることができる(両手)

    解説

  • 48

    宅建業者の報酬の限度額は、決められたものよりも低くてもかまわないか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • かまわない

    解説

  • 49

    売買の媒介に複数の業者(例えば4つ)が関わっても、売主買主は限度額以上支払う必要があるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ない 決められた報酬額を複数の宅建業者が分け合う形

    解説

  • 50

    代理報酬の限度額は「    」の2倍

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 媒介

    解説

  • 51

    報酬は基本的には依頼者だけから受け取るものだが、「     」があれば、相手側からも報酬を受け取ることができる 

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 相手方の承諾

    解説

  • 52

    交換物件の交換契約媒介の場合は、物件価格の「   」を報酬基準とする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 高い方

    解説

  • 53

    貸借の報酬限度額は

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賃料の一か月が限度

    解説

  • 54

    賃料の考え方は、売買同様「   」を抜いた本体価格

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 消費税

    解説

  • 55

    貸主の代理であっても借主が了承すれば「   」からも報酬を受け取ることができる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 借主

    解説

  • 56

    居住用建物と、宅地の賃貸借には消費税が課税されるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 課税されない

    解説

  • 57

    事業用建物(事務所や店舗)の賃貸借は賃料に消費税が加算されるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 加算される

    解説

  • 58

    居住用建物の賃貸報酬は賃料の一か月分と決まっているが、事務所や店舗の場合と異なり、「  」が決まっている 原則として依頼者の一方から受け取れる報酬の限度額は「   」分

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 比率 0.5か月

    解説

  • 59

    居住用の賃貸の契約報酬であっても、相手方が承諾すれば一方から「   」分を限度に報酬を受けることは可能か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 一か月 可能

    解説

  • 60

    宅建業者が課税業者で、賃貸契約報酬の一方からの限度である0.54月分の報酬を受け取る承諾を得るためには「    」に得ておく必要がある

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 媒介契約を受けるとき

    解説

  • 61

    賃貸借契約締結時に支払われるときに一時金として後に返還されないお金を何と呼ぶ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 権利金

    解説

  • 62

    報酬として、権利金を売買代金とみなして売買の報酬額として計算式を適用させることが可能か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • OK

    解説

  • 63

    権利金を賃貸借契約の計算式として用いる場合、該当契約が居住用建物でも適用できるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できない 宅地または非居住用建物のみ

    解説

  • 64

    宅建業者は、媒介に要した交通費、広告費などを別途請求できるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • NGできない

    解説

  • 65

    依頼者の依頼によって行う広告費用に相当する額は別途請求してよいか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 請求 OK

    解説

  • 66

    依頼者に依頼されて遠隔地における現地調査をした場合に用する費用などを別途報酬として受領することができるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できる OK

    解説

56662

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ