zuknow learn together

新しい教材を作成

都市計画法 5章 農地法

カード 32枚 作成者: Masuyama Shigeru (作成日: 2016/01/27)

  • 農地は自由に売買することができるか?

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

すっきりわかる宅建士

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    農地は自由に売買することができるか?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • できない 農業生産の基盤になるので規制がある

    解説

  • 2

    農地の転用や売買で許可が必要なケース 3

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 3条 権利移動 2 4条 転用 3 5条 転用目的権利移動

    解説

  • 3

    農地とは? 農地に含まれるものとは 「    記録上」の「   」は関係ない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 農地とは耕作の目的に供される土地のこと 休耕地も含まれる 登記記録上の地目は関係ない

    解説

  • 4

    農地法の許可3箇条をあげよ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 3条 権利移動 2 4条 転用 3 5条 転用目的権利移動

    解説

  • 5

    地目とは不動産登記上の土地の「   」のこと

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 用途

    解説

  • 6

    農地や牧草放牧地の所有権を移転する場合には「       委員会」の「   」が必要 許可を得ない契約は「    」になる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 農業 許可 無効

    解説

  • 7

    農業地は、売買だけでなく、「   」や使用借権を設定する場合にも「   」が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 賃借権 許可

    解説

  • 8

    農地に抵当権を付ける場合には許可は必要か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 不要(耕作者が変わらないから)

    解説

  • 9

    許可不要の場合の3つのケース

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 権利を取得するものが、国や都道府県である場合 2 土地収用法による収用、農事調停による場合 3 遺産分割等により権利が移転される場合

    解説

  • 10

    相続などによって、権利が移転する場合農地法3条の許可は不要だが、「    」、農地牧草地などがある市町村の「     」に「    」をしなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遅滞なく 農業委員会 届け出

    解説

  • 11

    競売で農地を取得する場合は許可は必要か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要(耕作者が変わるため)

    解説

  • 12

    農地の権利を取得するものが市町村だった場合、農地法の許可は必要か?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要 (国と、都道府県のみ許可が不要)

    解説

  • 13

    農地を転用する場合(4条)4ha以下のときは「    」の、4haを超えるときは「     」の許可を受けなければならない

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県知事 農林水産大臣

    解説

  • 14

    許可を受けず、農地を転用した場合は 「   」の中止や「    」が命ぜられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 工事 原状回復

    解説

  • 15

    「      」内の農地であればあらかじめ「      」に「    」れば許可は 「   」である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市街化区域 農業委員会 届け出 不要

    解説

  • 16

    牧草放牧地は、農地法4条(転用)の許可の「    」である

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 対象外

    解説

  • 17

    4条の許可が不要な場合 1-6

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1 市街化区域内の農地で、あらかじめ農業委員会に届け出たもの 2 国や都道府県が転用する場合 3 土地収用法 4 市町村が道路・河川等の公共施設 5 2a未満の農業用施設 6 土地区画整理事業、道路公園 転用

    解説

  • 18

    国や都道府県が転用する場合、基本許可は不要だが、内容によっては「   」との協議が必要となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知事

    解説

  • 19

    国が都道府県が転用する場合、許可が不要な用途は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 道路、農業用排水施設などに転用する場合

    解説

  • 20

    国や都道府県が転用する場合、国・都道府県と知事の協議が必要な用途は?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 学校、病院

    解説

  • 21

    市町村が農地を転用する場合「   」場合のみ許可が不要となる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 公共施設

    解説

  • 22

    農地法3条(権利移動)の許可者 農地法4条(転用)の許可者

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3条では 農業委員会 4条では 4ha超 農林水産大臣 4ha 以下 都道府県知事

    解説

  • 23

    5条にのっとった、農地を農地以外のものとするために所有権を移転する場合や、使用収益を目的とする権利を設定する場合には「    」の許可が必要。さらに「  」aを超える場合には「   」許可が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 都道府県知事 4h 農林水産大臣

    解説

  • 24

    5条においては「   」区域内の農地であれば、あらかじめ「     」に届け出れば許可は「   」

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市街化 農業委員会 不要

    解説

  • 25

    5条の許可を得ない契約は「  」 また、許可を得ていない転用に関しては「   」の中止や「    」が命じられる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 無効 工事 原状回復

    解説

  • 26

    5条(転用)許可不要の場合 4つ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 市街化区域内の農地で許可 国や都道府県によるもの 土地収用法 市町村が道路、河川公共施設

    解説

  • 27

    市街化区域内の農地の転用について 該当する農地法は三つのうちどれ?

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 4条、5条は市街化区域内の農地であれば届け出れば許可不要になるが、3条にはこのような例外はない 農地を農地のまま譲渡するのだから市街化には役立たないから

    解説

  • 28

    農地を一時転用する場合にも許可は必要か

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 必要

    解説

  • 29

    3・4・5条の許可を受けなかった場合、罰則は 4・5条の場合に法人における両罰規定

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3年以下の懲役もしくは300万円以下の罰金 1億円以下の罰金

    解説

  • 30

    農地の賃借人は「    」を受けていれば、その後農地を取得した第三者に賃借権を主張できる

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 引き渡し 引渡しにより対抗力を持つ

    解説

  • 31

    農地や牧草放牧地の賃貸借契約を解約する場合には、原則として「    」が必要

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 知事の許可

    解説

  • 32

    農地の賃貸借契約の存続期間は「   」までとする

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 50年

    解説

56556

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ