zuknow learn together

新しい教材を作成

四字熟語 は

カード 69枚 作成者: アヤカ (作成日: 2013/11/11)

  • 稗官野史(はいかんやし)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

「は」から始まる四字熟語です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    稗官野史(はいかんやし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 民間のこまごまとした物語や逸話などを集め記録した書物。

    解説

  • 2

    背水之陣(はいすいのじん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 水辺を背にして陣をしけば、退却できないことから、決死の覚悟で戦に臨む。また、決死の覚悟で事に当たること。

    解説

  • 3

    排斥擠陥(はいせきせいかん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 人を押しのけ、陥れること。

    解説

  • 4

    背徳没倫(はいとくぼつりん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 道徳に背き、人としての道に外れること。

    解説

  • 5

    杯盤酒肴(はいばんしゅこう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 宴会のための酒や料理。

    解説

  • 6

    杯盤狼藉(はいばんろうぜき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 酒席の混乱の状態や酒宴の後、杯や皿が散乱しているさまをいう。

    解説

  • 7

    廃仏毀釈(はいぶつきしゃく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 仏法を排斥(はいせき)し釈迦(しゃか)の教えを捨てること。

    解説

  • 8

    破戒無慙(はかいむざん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 仏教で、仏道に帰依した者が、戒律を破って良心に恥じないこと。

    解説

  • 9

    馬鹿正直(ばかしょうじき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: うそいつわりを言わないが、度が過ぎてかえって融通がきかないこと。愚直であること。

    解説

  • 10

    破顔一笑(はがんいっしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 顔をほころばせて、にっこりと笑うこと。

    解説

  • 11

    破顔微笑(はがんみしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 顔をほころばせて、ほほえみ笑うこと。

    解説

  • 12

    波及効果(はきゅうこうか)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 物事の影響がだんだんに及んで現れる効き目のこと。

    解説

  • 13

    破鏡不照(はきょうふしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 夫婦が離婚すること。ひとたび別れた夫婦はもうもとのさやにおさまらない例え。

    解説

  • 14

    博引旁証(はくいんぼうしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 物事を決したり論じたりするとき、多くの材料を引きだし、証拠や関連の事物をあまねく示すこと。

    解説

  • 15

    博学広才(はくがくこうさい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 広く学問や知識に通じていて、才知の優れていること。

    解説

  • 16

    博学才穎(はくがくさいえい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 広く学問に通じていて、才知が非常に優れていること。

    解説

  • 17

    博学卓識(はくがくたくしき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 広く学問に通じていて、優れた見識のあること。

    解説

  • 18

    博学多才(はくがくたさい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 広くいろいろな学問に通じ才能が豊かなこと。

    解説

  • 19

    博学能文(はくがくのうぶん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 知識が豊富で、文章を作るのがうまいこと。

    解説

  • 20

    白砂青松(はくさせいしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 白い砂と青い松。海岸の美しい景色の形容。

    解説

  • 21

    白紙委任(はくしいにん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 人に物事を依頼するとき、条件をつけないで、全てを任せること。

    解説

  • 22

    薄志弱行(はくしじゃっこう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 意志が弱く行動力に乏しいこと。物事を断行する力に欠けること。

    解説

  • 23

    白日昇天(はくじつしょうてん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 真昼に天に昇る。仙人になること。また、急に富貴になること。

    解説

  • 24

    白紙撤回(はくしてっかい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 一度決定したものを、全てなかったこととすること。

    解説

  • 25

    拍手喝采(はくしゅかっさい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 手をたたいて、さかんに褒めたたえること。

    解説

  • 26

    幕天席地(ばくてんせきち)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 気持が大きいことのたとえ。また、小さいことにこだわらないさま。

    解説

  • 27

    博聞強記(はくぶんきょうき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 広く聞き知って、よく覚えていること。

    解説

  • 28

    伯楽一顧(はくらくいっこ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 伯楽が目をかけることによって名馬が見出されることから、賢者が名君・賢相に見出されて重用されることのたとえ。また、世にうもれていた人が、実力者にその才能を見出され力を発揮すること。

    解説

  • 29

    博覧強記(はくらんきょうき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 広く書物を読み、それらを非常によく記憶していること。知識が豊富なこと。

    解説

  • 30

    薄利多売(はくりたばい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 利益を少なくして数多く売ること。

    解説

  • 31

    馬耳東風(ばじとうふう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 人の言うことに耳を貸さない、心をとめないこと。また、何を言っても少しも反応がないたとえ。

    解説

  • 32

    破邪顕正(はじゃけんしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 不正を打破し、正義を実現すること。

    解説

  • 33

    破綻百出(はたんひゃくしゅつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 言動などについて、欠点やほころびが次々に出てくること。また、物事がうまくゆかなくなるようなことが、次から次と現れ出ること。

    解説

  • 34

    破竹之勢(はちくのいきおい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 勢いがたいへん激しく、盛んなこと。

    解説

  • 35

    八万奈落(はちまんならく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 仏教で、煩悩のために受ける数多くの苦しみを、地獄にたとえていう語。

    解説

  • 36

    八面玲瓏(はちめんれいろう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: どの方面から見ても、美しく欠点がない。心中にわだかまりがなく、清らかに澄みきっているたとえ。また、多くの人との交際を円満に処理するようすのたとえ。

    解説

  • 37

    八面六臂(はちめんろっぴ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 仏像などが八つの顔と六つの腕をもつこと。転じて、一人で多方面にわたって何人分もの活躍をすること。

    解説

  • 38

    抜苦与楽(ばっくよらく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 仏教で、衆生の苦しみを取り除いて安楽を与えること。仏の慈悲のはたらきをいう語。転じて、一般に、苦しみを除いて、安楽を与えること。

    解説

  • 39

    八紘一宇(はっこういちう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 全世界を一つの家のように統一すること。

    解説

  • 40

    白虹貫日(はっこうかんじつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 白色の虹が太陽を貫く現象。真心が天に通じた時に現れるという。また、君主(太陽)が兵(白色の虹)に危害を加えられる兆候、革命の起きる前兆を表すとも言う。

    解説

  • 41

    抜山蓋世(ばつざんがいせい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 勢いが非常に強く、自信に満ち気力の雄大なさま。勇壮な気質のたとえ。

    解説

  • 42

    発憤興起(はっぷんこうき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 心を奮い立たせ、立ち上がること。

    解説

  • 43

    発憤忘食(はっぷんぼうしょく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 食事を忘れるほど夢中で励むこと。

    解説

  • 44

    八方画策(はっぽうかくさく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: あらゆる方面に働きかけて、計画の実現をはかること。

    解説

  • 45

    八方美人(はっぽうびじん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: どこから見ても美しい人。転じて、誰にも悪く思われないように要領よくふるまうこと。また、そのような人。

    解説

  • 46

    発菩提心(はつぼだいしん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 仏教で、悟りを求めようと決心すること。

    解説

  • 47

    抜本塞源(ばっぽんそくげん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 一番のもととなる原因を抜き去ること。害を防ぐため、根本にさかのぼって物事を処理すること。

    解説

  • 48

    撥乱反正(はつらんはんせい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 世の乱れを治め、もとの平和の世に返すこと。

    解説

  • 49

    破天荒解(はてんこうかい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 今までだれもなしえなかったことをはじめて成し遂げること。

    解説

  • 50

    波濤万里(はとうばんり)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 海に隔てられたはるかな距離。

    解説

  • 51

    鼻元思案(はなもとじあん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 自分だけの勝手な考え。あさはかな考え。

    解説

  • 52

    爬羅剔抉(はらてっけつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: かき集め、えぐり出す意から、隠れた人材をさがし出すこと。また、人の欠点や秘密をあばきだすこと。

    解説

  • 53

    波瀾万丈(はらんばんじょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 波が非常に高いように物事の変化が起伏に富んではげしいことのたとえ。

    解説

  • 54

    罵詈讒謗(ばりざんぼう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 悪口を並べ、口汚くののしること。

    解説

  • 55

    罵詈雑言(ばりぞうごん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 口汚く相手をののしり、悪口をいうこと。

    解説

  • 56

    反間苦肉(はんかんくにく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 自分の身を苦しめたり、自分にとって不利益に見えることをしたりして相手をあざむき、敵同士の仲を裂く計略を行うこと。

    解説

  • 57

    万古不易(ばんこふえき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 永久に変わらないこと。いつまでも変わらないさま。

    解説

  • 58

    盤根錯節(ばんこんさくせつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 地中に広く張り巡らされた根と入り組んだ節と。転じて、処理に困難な事柄。

    解説

  • 59

    万死一生(ばんしいっしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 助かる見込みのない命が助かること。九死一生よりも少ない確率で命を取り留めること。死を万とすると生はわずか一しかない。それほどきわめて危険な状態からかろうじて助かること。

    解説

  • 60

    半死半生(はんしはんしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 半ば死に、半ば生きている状態。死に掛かっていること。生死の境にいること。

    解説

  • 61

    伴食宰相(ばんしょくさいしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 高い地位にありながら、無能で他の人のなすがままになっている大臣。要職にありながら、実力の伴わない者をあざけっていう語。伴食大臣。

    解説

  • 62

    半信半疑(はんしんはんぎ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 本当かどうか信じ切れないようす。真偽の判断に迷うこと。

    解説

  • 63

    半醒半睡(はんせいはんすい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 半ば目覚め、半ば眠っていること。目覚めているのかどうか定かではない朦朧とした状態。

    解説

  • 64

    万代不易(ばんだいふえき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 永久に変わらない様子。

    解説

  • 65

    万馬奔騰(ばんばほんとう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 多くの馬が走ったり、とび跳ねたりするように、勢いがきわめて盛んなこと。

    解説

  • 66

    万物流転(ばんぶつるてん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: すべてのものはとどまることなく、移り変わるということ。

    解説

  • 67

    繁文縟礼(はんぶんじょくれい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 規律や礼法などがこまごまとしていて、わずらわしいこと。

    解説

  • 68

    万民太平(ばんみんたいへい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 全ての人民が、安らかで平和に暮らすことができること。

    解説

  • 69

    反面教師(はんめんきょうし)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: いましめとなる悪い手本。

    解説

56902

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ