zuknow learn together

新しい教材を作成

四字熟語 な

カード 22枚 作成者: アヤカ (作成日: 2013/11/11)

  • 内柔外剛(ないじゅうがいごう)

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

「な」から始まる四字熟語です。

公開範囲:

公開

カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    内柔外剛(ないじゅうがいごう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 内心は弱々しいのに外見は強そうに見えること。本当は気が弱いのに外に現れた態度だけ強そうに見せること。

    解説

  • 2

    内清外濁(ないせいがいだく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 心は高潔だが外面は俗物のように振る舞うこと。内には清い心を持ちながら、日常の言動は汚れた世間とも妥協しながら行くこと。乱世を生き抜く処世術。

    解説

  • 3

    内政干渉(ないせいかんしょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 他国の政治、外交に口だしをすること。

    解説

  • 4

    内典外典(ないてんげてん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 仏教の書とそれ以外の書。また、国内の書物と外国の書物のこと。

    解説

  • 5

    内憂外患(ないゆうがいかん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 国内の心配事と、外国からしかけられるわずらわしい事態。また、個人における内外の心配事もいう。

    解説

  • 6

    南無帰命(なむきみょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 仏に対する帰依を表す語。

    解説

  • 7

    名題看板(なだいかんばん)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 歌舞伎劇場の表看板の一つで、上演狂言の題名を記したもの。

    解説

  • 8

    名題披露(なだいひろう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 歌舞伎俳優が名題役者に昇進した時に行う披露。

    解説

  • 9

    南無三宝(なむさんぼう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 仏・法・僧の三宝に帰依すること。または驚いたり失敗したりしたときなどに発する語。しまった。大変だ。なむさん。

    解説

  • 10

    難易軽重(なんいけいちょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 難しいか易しいか、軽んずべきか重んずべきか。物事の程度・価値を問うことば。

    解説

  • 11

    南華之悔(なんかのくい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 上司に逆らい、また余計なことを言って嫌われ、出世できないこと。

    解説

  • 12

    南柯之夢(なんかのゆめ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 人生がはかなく、むなしいことのたとえ。

    解説

  • 13

    難行苦行(なんぎょうくぎょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 辛く苦しい修行。転じて、非常な困難の中で苦労をすること。

    解説

  • 14

    難兄難弟(なんけいなんてい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: どちらがすぐれているか区別がつかない。優劣の判断がつきにくいさま。

    解説

  • 15

    難攻不落(なんこうふらく)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 攻撃が難しく、なかなか陥落しない状況のこと。

    解説

  • 16

    南洽北暢(なんこうほくちょう)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 王や皇帝の恩恵と威徳が、隅々まで行き渡ること。

    解説

  • 17

    南船北馬(なんせんほくば)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 南の地は船で行き、北の地は馬で行く。所々方々をたえず旅していること。

    解説

  • 18

    難透難徹(なんとうなんてつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: やり遂げることが困難であること。

    解説

  • 19

    南都北嶺(なんとほくれい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 奈良の寺々と比叡山。

    解説

  • 20

    南蛮鴃舌(なんばんげきぜつ)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: やかましいだけで意味の通じない言葉。外国人の、意味の通じない言葉を卑しめていう。

    解説

  • 21

    南蛮渡来(なんばんとらい)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 昔、ポルトガル人やスペイン人などが、東南アジアを経由して海を渡って日本にやって来て、さまざまなものをもたらしたこと。また、彼らがもたらした異国風の珍しい品物や文化。

    解説

  • 22

    南蛮北狄(なんばんほくてき)

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 意 味: 南方の異民族と、北方の異民族。

    解説

56743

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ