zuknow learn together

新しい教材を作成

実験動物学 10-15

カード 96枚 作成者: DoUknowkiller7 (作成日: 2016/01/24)

  • ラッセルとバーチにより提唱された 3R の Refinement の説明について、適切なものはどれか。

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

nbioの実験動物学のテスト用問題です。

公開範囲:

公開

言語:

  • カード表 : 日本語
  • カード裏 : 日本語

クイズの回答選択肢:

指定する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    ラッセルとバーチにより提唱された 3R の Refinement の説明について、適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 麻酔の使用
    • 誤答選択肢 細胞の使用
    • 使用動物数の削減
    • 下等動物の使用

    解説

  • 2

    クローズドコロニーの説明として、適切な記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5年以上外部から種動物を導入せず、閉鎖集団で繁殖を続けた群
    • 誤答選択肢 兄妹交配または親子交配を 20 世代以上継続して確立した系統
    • 2 種類の系統間で交配した群
    • 遺伝子記号で示される遺伝子型を特性とする系統

    解説

  • 3

    ワシントン条約を受けて定められた国内法はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律
    • 誤答選択肢 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律
    • 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律
    • 麻薬及び向精神薬取締法

    解説

  • 4

    輸出入に際し、エボラ出血熱、マールブルグ病が法定検疫の項目となっているのは次の動物のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • サル類
    • 誤答選択肢 イヌ
    • げっ歯類
    • ネコ

    解説

  • 5

    研究者自身が動物の苦痛度や犠牲について評価し、実験により予想される成果と比較することで、動物実験の正当性を明確にするのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コスト・ベネフィット分析
    • 誤答選択肢 環境エンリッチメント評価
    • 倫理カテゴリー分類
    • 代替法検討

    解説

  • 6

    SCAW の倫理カテゴリーでは、脊椎動物を用いる動物実験を動物の苦痛度に応じて何段階に分類しているか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 5
    • 誤答選択肢 3
    • 4
    • 6

    解説

  • 7

    実験動物の分与にあたって供給者と被供給者の間で同意書(MTA)を取り交わすのは、どのようなことに配慮する必要がある場合か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝学的、微生物学的な品質の保証
    • 誤答選択肢 知的財産権の保護
    • 遺伝子組換え動物の拡散防止
    • 社会的透明性の確保

    解説

  • 8

    実験動物を施設に導入する際に、生理的な影響の除去や動物を新たな環境に適応させる目的で行う作業を何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順化
    • 誤答選択肢 検疫
    • 順化
    • 微生物モニタリング

    解説

  • 9

    実験処置によって重度の苦痛状態にある動物や回復の見込みのない動物に対し、研究者がとるべき処置として適切なのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実験継続の必要性と動物の苦痛を比較して設定した基準に従って、研究者自身が安楽死の実施ポイントを判断する。
    • 誤答選択肢 動物の苦痛よりも実験継続の必要性を優先し、飼育を継続する。
    • 実験の継続よりも苦痛の除去を優先し、直ちに動物病院に運んで治療を行う。
    • 実験の継続よりも苦痛の除去を優先し、直ちに筋弛緩薬を用いて安楽死させる。

    解説

  • 10

    近隣環境が実験動物に影響した結果として形成されるものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 演出型
    • 誤答選択肢 表現型
    • 環境型
    • 遺伝子型

    解説

  • 11

    環境の影響を殆ど受けないものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 毛色
    • 誤答選択肢 血清生化学値
    • 寿命
    • 体重

    解説

  • 12

    表現型が同一であっても、演出型に変化を与えうる因子はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飼料
    • 誤答選択肢
    • 系統
    • 繁殖方法

    解説

  • 13

    環境統御としておこなわれることはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 微生物統御
    • 誤答選択肢 体重統御
    • 遺伝的統御
    • 性別統御

    解説

  • 14

    カニクイザルやアカゲザルを輸入する際に輸出国の許可が必要とされているのはどの条約に基づくものか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワシントン条約
    • 誤答選択肢 カルタヘナ条約
    • ジュネーブ条約
    • ヘルシンキ条約

    解説

  • 15

    麻酔や安楽死を施す際の向精神薬の使用に必要な手続きおよび資格について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 向精神薬使用施設としての届出をした施設において、医師、歯科医師、獣医師、薬剤師 等の指示のもとで使用できる。
    • 誤答選択肢 向精神薬使用施設としての届出をした施設において、医師、歯科医師、獣医師、薬剤師 等の資格保有者のみが使用できる。
    • 向精神薬使用施設としての届出の有無にかかわらず、医師、歯科医師、獣医師、薬剤師 等の資格保有者の指示のもとで使用できる。
    • 向精神薬使用施設としての届出の有無にかかわらず、医師、歯科医師、獣医師、薬剤師 等の資格保有者のみが使用できる。

    解説

  • 16

    RussellとBurchが提唱した概念は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 演出型の決定
    • 誤答選択肢 野生型の決定
    • 表現型の決定
    • 遺伝子型の決定

    解説

  • 17

    コスト・ベネフィット分析とは何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 犠牲になる動物の数や苦痛の程度を、その実験により得られるであろう効果や利益と比較分析し、後者が前者を上回る場合のみ動物実験が許されるという考え方。
    • 誤答選択肢 実験機器の価格をいかに下げられるか検討する考え方。
    • 使用動物の価格をいかに下げられるか検討する考え方。
    • 実験の費用をいかに下げられるかを検討する考え方。

    解説

  • 18

    SCAWの倫理カテゴリーとして、Cに分類されるものの正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 脊椎動物を用い、軽微なストレスや短時間持続する痛みを伴う処置
    • 誤答選択肢 脊椎動物を用い、回避不能な重度のストレスや痛みを伴う処置
    • 脊椎動物を用い、ほとんど不快感のない処置
    • 動物個体を用いない実験や無脊椎動物を用いる実験

    解説

  • 19

    従来、ドレーズテストに多数用いられてきた動物はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウサギ
    • 誤答選択肢 マウス
    • ラット
    • モルモット

    解説

  • 20

    SCAW の倫理カテゴリーとして、「脊椎動物を用い、軽微なストレスや短時間持続する 痛みを伴う処置」はどれに分類されるか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • C
    • 誤答選択肢 A
    • B
    • D

    解説

  • 21

    次のうち、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝子改変マウス等を輸送する際には、輸送容器に表示が必要である。
    • 誤答選択肢 ゴリラとチンパンジーは特定外来生物に指定されている。
    • 実験動物の輸入検疫は環境省が管轄している。
    • ワシントン条約により、チンパンジーとアカゲザルは原則、国際取引が禁止されている。

    解説

  • 22

    演出型の決定と統御について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 演出型は品質検査で確認される。
    • 誤答選択肢 表現型は近隣環境が影響して表される。
    • 飼料や水などの統御は、発生・発育環境である。
    • 母体・乳子の管理は、環境因子の統御である。

    解説

  • 23

    SCAW の倫理カテゴリーで「脊椎動物を用い、回避不能な重度のストレスや痛みを伴う処置」はどのカテゴリーか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • カテゴリー: D
    • 誤答選択肢 カテゴリー: C
    • カテゴリー: A
    • カテゴリー: B

    解説

  • 24

    ワシントン条約の付属書Iに分類され、国際取引が一切禁止される動物はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゴリラ
    • 誤答選択肢 カニクイザル
    • アカゲザル
    • ニホンザル

    解説

  • 25

    特定外来生物は、輸入、売買、飼育の各段階で許可申請や届出などが必要であるが、 申請先はどこか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 環境省
    • 誤答選択肢 経済産業省
    • 文部科学省
    • 総務省

    解説

  • 26

    「脊椎動物を用い軽微なストレスや短時間持続する痛みを伴う処置」は、SCAW の苦痛度分類のどれに属するか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • C
    • 誤答選択肢 A
    • B
    • D

    解説

  • 27

    動物実験におけるコスト・ベネフィット分析について、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • コストとは動物の苦痛のことである。
    • 誤答選択肢 ベネフィットとは研究成果に基づく営業利益のことである。
    • ベネフィットとは動物を使用する人間の権利をいう。
    • コストとは研究費のことである。

    解説

  • 28

    ワシントン条約の正式名称は下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約
    • 誤答選択肢 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際輸送に関する条約
    • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する条約
    • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律

    解説

  • 29

    向精神薬に関する正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 使用する際は、向精神薬試験研究施設としての届出が必要である。
    • 誤答選択肢 動物実験に使用する場合は向精神薬、麻薬とも届け出義務はない。
    • 麻薬ではないので施設の届出は必要ない。
    • 麻薬は医師、獣医師等の指示の下で使用する必要があるが、向精神薬はその必要はない。

    解説

  • 30

    .安楽死について、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 安楽死の判断は、実験継続の必要性と動物の苦痛を考慮して、研究者自身が自己の責任において判断しなければならない。
    • 誤答選択肢 実験動物は実験に伴い病死する場合がほとんどであり、安楽死で生涯を閉じることは稀である。
    • 安楽死は、「動物の処分方法に関する法律」に定める手順に従って行わなければならない。
    • 個体の死を実験のエンドポイントとすることが望ましい。

    解説

  • 31

    遺伝子組換え動物の扱いについて定められた法律の正式な名称は、下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律
    • 誤答選択肢 遺伝子組換え動物等の利用等の規制による動物の多様性の確保に関する法律
    • 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による動物の多様性の確保に関する法律
    • 遺伝子組換え生物等の利用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律

    解説

  • 32

    動物の輸入に関して、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • マウスやラットの検疫制度は国により異なるが、通関時や受け入れ施設において、獣医師による健康証明書(health certificate)の添付を求められることが多い。
    • 誤答選択肢 サル類の航空機輸送は、国際航空輸送協会(IATA)の規定により禁止されている。
    • サルでは狂犬病が検疫の対象となる。
    • ネコでは狂犬病、レプトスピラが検疫の対象となる。

    解説

  • 33

    実験動物以外の動物を実験のために入手する際の留意点として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家畜では家畜伝染病予防法に基づく予防接種や、都道府県を越える際の移動制限がある。
    • 誤答選択肢 イヌは狂犬病予防法に基づく予防接種や、市町村への登録が必要である
    • 野生由来のニホンザルは、自然保護法に基づく飼養許可が必要である。
    • 外国産のサル類では、ラムサール条約に基づく輸入証明書を確認する必要がある。

    解説

  • 34

    下記のうち動物実験のエンドポイントとして不適切なものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個体の死
    • 誤答選択肢 移植腫瘍が体重の10%を超えた状態
    • 腫瘍移植実験における腫瘍内部の融解
    • 2~3日で20%以上の体重減少

    解説

  • 35

    下記のうち安楽死法の必要条件として合致しないものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 時間をかけて確実な死に至らしめること。
    • 誤答選択肢 ヒトに対する危険性が少ないこと。
    • 短時間に確実な死に至らしめること。
    • 動物の苦痛や不安が少ないこと。

    解説

  • 36

    動物を入手する際に必要な書類等として正しい組み合わせはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 家畜:家畜伝染病予防法に基づく予防接種や都道府県を越える移動証明書
    • 誤答選択肢 外国産のサル類:感染症新法に基づく輸入証明書
    • 野生由来のニホンザル:鳥獣保護法に基づく繁殖証明書
    • ネコ:狂犬病予防法に基づく予防接種や都道府県への登録

    解説

  • 37

    次の動物のうち実験動物生産企業で供給体制が整備されているのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウサギ
    • 誤答選択肢 ヤギ
    • イモリ
    • トノサマガエル

    解説

  • 38

    苦痛状態にある動物や回復の見込みのない実験中の動物を安楽死させることを何というか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人道的エンドポイント
    • 誤答選択肢 人道的リダクション
    • 人道的エンリッチメント
    • 人道的アニマルダイエット

    解説

  • 39

    イギリスのラッセルとバーチが提唱した「3R」のひとつの説明として、適切な記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実験技術の洗練
    • 誤答選択肢 実験者数の削減
    • 高価な機器の導入
    • 小動物から大動物への代替

    解説

  • 40

    実験後の動物の処置について、適切な記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個体の死をエンドポイントとすることは望ましくない。
    • 誤答選択肢 実験動物責任者には実験動物を終生飼育する義務がある。
    • 実験に必要な臓器の材料を採取する動物のみ安楽死させる。
    • 実験動物には「動物の処分方法に関する指針」は適用されない。

    解説

  • 41

    「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」にお いて規定されている措置の内容はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝子組換え生物等の拡散防止(逸走防止)措置
    • 誤答選択肢 特定外来生物の拡散防止(逸走防止)措置
    • 野生動物の拡散防止(逸走防止)措置
    • 遺伝子組換え生物等の繁殖制限措置

    解説

  • 42

    飼育管理時の安全管理について、適切な説明はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 手袋、マスク、実験衣の着用が病原体汚染事故のリスクを減らす。
    • 誤答選択肢 ヒトへの感染のリスクは動物施設の業務より、通常の化学実験の方が多い。
    • 実験動物からヒトへ感染する病原体はない。
    • 動物の血液、組織、排泄物等から生じるエアロゾルによる病原体汚染のリスクは低い。

    解説

  • 43

    3Rについて正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 使用動物数の削減は3Rのひとつである。
    • 誤答選択肢 使用動物数が減るのであれば実験技術の洗練や精度の向上は無視してもよい。
    • 代替は3Rに含まれない。
    • リターン、リクエスト、リライトの3つをさす。

    解説

  • 44

    ラッセルとバーチの演出型の決定という概念について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「遺伝子型」に「発生・発育環境」が影響して「表現型」ができる。
    • 誤答選択肢 「演出型」として出てくるものに近隣環境は影響していない。
    • 齢・体重・性別および生理的状態の統御は演出である。
    • 栄養因子は生体統御のひとつである。

    解説

  • 45

    環境因子と演出型について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体重や一般的な生理値などは環境因子の影響を受けやすい。
    • 誤答選択肢 先天的奇形は発生・発育環境の影響を強く受ける。
    • 環境因子の変化により演出型は変化することはない。
    • 体重やマウスの毛色は環境因子の影響を受けやすい。

    解説

  • 46

    げっ歯類の輸入に際し、届け出を定めているのは下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律
    • 誤答選択肢 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約
    • 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律
    • 動物の愛護及び管理に関する法律

    解説

  • 47

    微生物学的統御について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SPF動物は特に指定された病原微生物を保有しない動物をいう。
    • 誤答選択肢 コンベンショナル動物はウイルスや細菌を保有しない動物である。
    • ノトバイオートは保有する微生物群のうち2種が明らかな動物をいう。
    • 無菌動物は1種の微生物のみを保有する動物をいう。

    解説

  • 48

    動物入手時に確認すべき情報について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 微生物モニタリング成績は確認すべき情報である。
    • 誤答選択肢 体重の記録があれば出生日や性別の情報は必要ない。
    • 実験成績に影響を及ぼす可能性がある事項は除外してよい。
    • ワクチン接種や治療の有無に関する情報は除外してよい。

    解説

  • 49

    特定外来生物に指定されているのは次のどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • アカゲザル
    • 誤答選択肢 イヌ
    • アフリカツメガエル
    • ニホンザル

    解説

  • 50

    動物の入手について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動物の入手は合法的に行わなければならない。
    • 誤答選択肢 イヌは鳥獣保護法に基づく飼養許可が必要である。
    • 米国では実験用に生産されたものではないイヌやネコの実験利用をすべての州が禁止している。
    • 遺伝子改変マウスの輸入にあたってはワシントン条約に基づく輸入証明書が必要である。

    解説

  • 51

    検疫について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 検疫は実験動物施設への病原体の侵入を防止するために行う。
    • 誤答選択肢 サルの検疫期間は1週間と定められている。
    • 搬入日に実験に使用するマウスは施設内に搬入しても検疫の必要はない。
    • 実験期間が7日以内であれば検疫を行う必要はない。

    解説

  • 52

    検疫と順化(馴化)について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 順化は動物を新しい環境に適応させるために必要である。
    • 誤答選択肢 イヌの輸入検疫は文部科学省が管轄している。
    • サル類はヒトに近い動物なので法定検疫は必須ではない。
    • SPF動物であれば検疫は省略できる。

    解説

  • 53

    動物の管理について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飼育管理者は動物の状況を客観的に表現することが重要である。
    • 誤答選択肢 繁殖後の退役動物は生涯飼育が必須である。
    • 実験動物からヒトに感染する病原体は3種類のみである。
    • エアロゾルは感染症を伝播するリスクが低い。

    解説

  • 54

    ワシントン条約について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワシントン条約は絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約である。
    • 誤答選択肢 わが国には「絶滅のおそれのある実験動物の種の保存に関する法律」がある。
    • すべてのネコは絶滅のおそれがあることから輸出入が禁止されている。
    • カニクイザルは国際取引が禁止されている。

    解説

  • 55

    2005 年に改正されたわが国の「動物の愛護及び管理に関する法律」に盛り込まれた動物 の科学的利用に関する基本理念はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3R
    • 誤答選択肢 4R
    • 2R
    • 1R

    解説

  • 56

    動物実験における使用動物数の削減、代替法の活用、苦痛の軽減などを最初に提唱したのは下記のうち誰か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ラッセルとバーチ
    • 誤答選択肢 安東と田嶋
    • ワトソンとクリック
    • ウイスターとジャクソン

    解説

  • 57

    動物実験における再現性の確保のために重要であるとして提唱された概念は下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 演出型説
    • 誤答選択肢 環境統御説
    • 表現型説
    • 遺伝子型説

    解説

  • 58

    ミュータント系の定義として正しいものはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝子記号で示される遺伝子型を特性とする系統、または選抜淘汰で特定の遺伝形質を維持できる系統
    • 誤答選択肢 2 種類の系統間で交配した群
    • 兄妹交配または親子交配を 20 世代以上継続し確立した系統
    • 5 年以上外部から種動物を導入せず、閉鎖集団で繁殖を続けた群

    解説

  • 59

    ワシントン条約の正式名称は下記のどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約
    • 誤答選択肢 絶滅のおそれのある野生植物の種の保存に関する条約
    • 絶滅のおそれのある野生動物の種の国際取引に関する条約
    • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する条約

    解説

  • 60

    実験動物の輸出入に際し検疫を担当する動物検疫所の所管はどの官庁か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 農林水産省
    • 誤答選択肢 環境省
    • 文部科学省
    • 経済産業省

    解説

  • 61

    ノトバイオートの定義について、正しい記述はどれか

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 保有する微生物叢が全て明確な動物
    • 誤答選択肢 特定の病原体を保有しない動物
    • 滅菌消毒に配慮しながら健康的に飼育した動物で、微生物や寄生虫の有無は問わない。
    • 検出しうる全ての微生物・寄生虫を保有しない動物

    解説

  • 62

    実験用動物を入手する際の注意事項について、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イヌは狂犬病予防法に基づく予防接種が必要である。
    • 誤答選択肢 イヌを都道府県を越えて輸送する場合は移動制限がある。
    • 家畜では鳥獣保護法に基づく予防接種が必要である。
    • 野生由来のニホンザルは家畜伝染病予防法に基づく飼養許可が必要である。

    解説

  • 63

    Russell & Burch が提唱した 3R のうちの1つに該当するものは、下記のどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • Refinement
    • 誤答選択肢 Random
    • Reuse
    • Range

    解説

  • 64

    微生物的統御による実験動物の分類として「特に指定された病原体を保有しない動物」と定義されるものは、下記のどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • SPF
    • 誤答選択肢 コンベンショナル
    • ノトバイオート
    • 無菌動物

    解説

  • 65

    Russel & Burch が提唱した演出型の決定について、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動物実験は実験処置による演出型の変化を読み取るものである。
    • 誤答選択肢 遺伝子型に近隣環境が影響して表現型となり、表現型に発育環境が影響して演出型となる。
    • 演出型の結果は実験結果の再現性とは無関係である。
    • 実験に供される動物個体が形成されるまでの過程には、生体統御や環境統御は必要ない。

    解説

  • 66

    下記のうち、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飼育技術者は動物に異常がみられた場合は、管理者や研究者に連絡し、その指示により対応することが必要である。
    • 誤答選択肢 動物福祉の基本概念の 1 つとして、7 つの自由(7 freedom)がある。
    • 日常観察による実験動物の異常の発見は研究者の業務なので、飼育技術者が実験動物の 習性や特性、動物実験により予想される動物の変化について理解する必要はない。
    • 実験動物は動物実験に使用されることを前提とするが、自由が制限されることはない。

    解説

  • 67

    Refinement として重要と考えられる技術は、下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 麻酔
    • 誤答選択肢 胚の凍結
    • 組織培養
    • 病理解剖

    解説

  • 68

    下記のうち、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実験動物の遺伝子型や発生・発育環境を均一にするために生体統御が行われる。
    • 誤答選択肢 実験動物の遺伝子型や発生・発育環境を均一にするために環境統御が行われる。
    • 実験動物の遺伝子型や発生・発育環境を均一にするために集団統御が行われる。
    • 実験動物の遺伝子型や発生・発育環境を均一にするために個体統御が行われる。

    解説

  • 69

    実験動物の統御に関する考え方として正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 飼育室の温度、湿度、換気等の居住環境等は広義の環境因子である。
    • 誤答選択肢 栄養因子の規制は遺伝的統御の 1 つである。
    • 微生物の統御は遺伝的統御の 1 つである。
    • 遺伝的統御は基本的な生体統御である。

    解説

  • 70

    動物実験を行う場合、動物種や系統の選択をする場合の考え方として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ヒトの疾患研究のために開発された疾患モデル動物、各実験処置に対する系統差等を考慮するが、基本的にはその分野の先行研究や蓄積された知見を参考に選択する。
    • 誤答選択肢 動物実験なので、動物を用いない実験系の利用等代替の可能性を検討する必要はない。
    • 遺伝学的、微生物学的品質を考慮して実験の精度を高めることは重要であるが、これにより使用動物数を削減することはできない。
    • 動物実験を計画する段階では、実験目的はさておき、まず使用する動物種や系統を選択 する。

    解説

  • 71

    バイオリソースの説明として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 研究用生物資源
    • 誤答選択肢 研究用宇宙開発資源
    • 研究用ナノテク資源
    • 研究用ハイテク資源

    解説

  • 72

    下記のうち、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 研究者が開発した各種系統のマウスやラットを共有の資源として位置付け、広く学術研究に使用できるよう保存・供給体制が整備されつつある。
    • 誤答選択肢 研究者の依頼に応じて特定遺伝子を改変した遺伝子改変マウスを作製、供給する大学や 企業は皆無である。
    • 特殊なミュータント系や疾患モデル動物の生産・供給体制は、実験動物生産企業に依存 する部分が大きい。
    • 実験動物の中でマウス及びラットの使用数は圧倒的に多く、大学や研究機関が独自に維 持し、相互に分与し合うのが一般的である。

    解説

  • 73

    下記のうち、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • イヌ、ネコ、サル類は、遺伝学的あるいは微生物学的品質の影響を受けにくく、個体差の少ない神経生理学的形質を指標とする実験や、形質の多様性を要する治療実験等に多く使われる。
    • 誤答選択肢 イヌ、ネコ、サル類は、遺伝学的あるいは微生物学的品質の影響を受けにくく、個体差の少ない神経生理学的形質を指標とする実験や、形質の多様性を要する細胞遺伝学の基礎実験等に多く使われる。
    • イヌ、ネコ、サル類は、遺伝学的あるいは微生物学的品質の影響を受けやすく、個体差の多い神経生理学的形質を指標とする実験や、形質の多様性を要する治療実験等に多く使われる。
    • イヌ、ネコ、サル類は、遺伝学的あるいは微生物学的品質の影響を受けにくく、個体差の少ない生殖生理学的形質を指標とする実験や、形質の多様性を要する基礎実験等に多く使われる。

    解説

  • 74

    動物を入手するための公的手続きとして、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 野生由来のニホンザルを実験に使用する場合は、鳥獣保護法に基づく飼養許可が必要である。
    • 誤答選択肢 家畜を実験に用いる場合は、家畜伝染病予防法に基づく予防接種が必要であるが、都道 府県を越える移動の制限はない。
    • 実験に使う動物を輸入する際は、ワシントン条約に基づく輸入証明書は不要である。
    • イヌを実験に使用する場合は、狂犬病予防法に基づく予防接種や都道府県への登録は不要である。

    解説

  • 75

    遺伝子組換え生物等の取り扱いに関する下記の法律及び省令の名称のうち、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 「研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第 2 種使用等に当たって執るべき拡散防止措置等を定める省令」
    • 誤答選択肢 「研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第 2 種使用等に当たって執るべき拡散措置等 を定める省令」
    • 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の環境汚染防止に関する法律」
    • 「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の保存に関する法律」

    解説

  • 76

    動物の輸送について、正しい記述は下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動物の航空機輸送では、国際航空輸送協会(IATA)の規定により種々の規制がある。
    • 誤答選択肢 サル類の航空機輸送は、病原体汚染のリスクが低いので安心して簡単に輸送できる。
    • 近年、マウスを輸送する場合は、凍結保存した胚や精子を輸送する方法だけが許可されている。
    • 自動車で輸送する場合、輸送にあたる者は運転に最大の注意を払えばよく、実験動物の 基本的な取り扱いに精通している必要はない。

    解説

  • 77

    実験動物の検疫と馴化(順化)に関する記述として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実験動物以外の動物を実験用に転用する場合は、十分な馴化期間を置くとともに、動物 の習性や心理状態に注意しながら慎重に行うべきである。
    • 誤答選択肢 導入動物の馴化は環境適応が主な目的であり、輸送によって生じる生理的な影響を除く ことが主目的ではない。
    • 検疫は必ず導入動物の抜き取り検査により行い、生産場における微生物モニタリング成績を信用すべきではない。
    • 実験動物を施設に導入する際、十分な馴化期間を設ければ、病原体の侵入を防止するための検疫は不要である。

    解説

  • 78

    動物の輸出入に際し、法律に基づく検疫(法定検疫)が行われるのは下記のうちどこか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動物検疫所
    • 誤答選択肢 裁判所
    • 税関
    • 国立感染症研究所

    解説

  • 79

    実験終了後の処置として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 個体の死を実験のエンドポイントとすることは、動物の苦痛が大きいわりに、飼育を継 続しても得られる知見が少ない。
    • 誤答選択肢 個体の死を実験のエンドポイントとすると、動物の苦痛は少なく、飼育を継続して得られる知見が多い。
    • 動物が苦痛状態や回復の見込みのない状態になっても、決して安楽死をさせてはならない。
    • 実験のエンドポイントは個体の死である。

    解説

  • 80

    動物施設の安全管理に関する記述として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 動物施設で働く飼育技術者は、実験動物の病原体汚染事故の重大さを常に認識するとともに、ヒトへの感染のリスクが通常の実験室に比較して高いことを決して忘れてはならない。
    • 誤答選択肢 微生物統御の不完全な実験動物の使用から、実験者や飼育技術者が病原体に感染した事故例として、我が国の多くの動物実験施設で発生した肝症候性出血熱の流行が知られている。
    • 病原微生物の感染実験による感染事故例として、米国におけるアカゲザルからのC型ヘル ペスウイルス感染例が知られている。
    • 動物施設で働く飼育技術者は、実験動物の病原体汚染事故の重大さを常に認識するとと もに、ヒトへの感染のリスクが通常の実験室に比較して低いことを認識しておくこと。

    解説

  • 81

    倫理的な動物実験の基本理念として正しいのは下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 3R
    • 誤答選択肢 1R
    • 2R
    • 7R

    解説

  • 82

    動物は両親から受け継いだ多数の遺伝子からなる遺伝子型を持ち、これに(1)環境が影響 して(2)型が形成され、さらにその(2)型に(3)環境が影響して(4)型 となる。動物実験は実 験処置による(4)型の変化(反応)を読み取ることである。 上記の説明の中のそれぞれの( )内に該当する用語の組み合わせとして、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 1発生・発育 2表現 3近隣 4演出
    • 誤答選択肢 1近隣 2表現 3発生・発育 4表現
    • 1発生・発育 2演出 3近隣 4表現
    • 1近隣 2演出 3発生・発育 4表現

    解説

  • 83

    下記の動物の供給体制について正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ウサギ、モルモット、ハムスター等は、一般的な系統については実験動物生産企業を中心に供給体制がほぼ確立している。
    • 誤答選択肢 ウサギ、モルモット、ハムスター等は、一般的な系統については大学、研究所等の供給 体制が確立している。
    • ブタ、ヒツジ、ヤギは、全て実験動物として生産されており、産業用家畜からの転用はない。
    • ブタ、ヒツジ、ヤギは、一部で実験動物として生産されているが、全て産業用家畜 からの転用である。

    解説

  • 84

    イヌ、ネコの実験利用について、正しい記述はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 米国においては、いくつかの州で purpose bred 以外のイヌやネコの実験利用が可能である。
    • 誤答選択肢 我が国では、purpose bred のイヌやネコだけを実験に利用できる。
    • 米国においては、purpose bred 以外のイヌやネコの実験利用を禁止している。
    • 我が国では、purpose bred 以外のイヌやネコを実験に利用することは許されていない。

    解説

  • 85

    実験中の動物の管理に関する記述として、正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実験中の動物の観察は、観察時間や項目を決めて規則的かつ入念に行い、途中で動物が瀕死状態に陥った場合、可能な限りのデータを採取すると同時に、安楽死で実験を終了するよう心がける。
    • 誤答選択肢 実験期間中の動物個体の品質の記録、環境条件を示すデータ等は、実験終了後には不要 となるので保管の必要はない。
    • 飼育管理者は動物の状況を主観的に表現することが重要であり、日頃より平易な用語で 表現する習慣をつけ、難しい専門用語は出来るだけ使わないようにする。
    • 動物の異常や死亡を発見した場合、死因の調査や必要な試料の採取は、管理者あるいは 実験者の業務なので、飼育管理者がその作業に協力してはならない。

    解説

  • 86

    下記のうち、正しい説明をひとつだけ選びなさい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 狂犬病予防法により予防接種を義務づけられているのはイヌだけである。
    • 誤答選択肢 現行狂犬病予防法では必ずしもイヌに予防接種をする必要はない。
    • 狂犬病予防法施行以来我が国では狂犬病の発生はない。
    • 狂犬病予防法によりヒトにも予防接種が義務づけられている。

    解説

  • 87

    下記のうち、正しい説明をひとつだけ選びなさい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 実験動物を導入する際、病原体の侵入を防止するために検疫を行う。
    • 誤答選択肢 実験動物を導入する際、病原体の侵入を防止するために検収を行う。
    • 実験動物を導入する際、病原体の侵入を防止するために遺伝検査を行う。
    • 実験動物を導入する際、病原体の侵入を防止するために馴化を行う。

    解説

  • 88

    下記のうち、正しい説明をひとつだけ選びなさい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 胚や精子の輸送には凍結保存法が用いられる。
    • 誤答選択肢 凍結保存した胚や精子の輸送を飛行機で行うことは禁止されている。
    • 凍結した胚や精子を自動車で運送する場合は実験動物技術師が付き添わなければならない。
    • 胚や精子の輸送を凍結保存法によって行うことは禁止されている。

    解説

  • 89

    下記のうち動物実験代替法はどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 培養細胞傷害性試験
    • 誤答選択肢 LD50テスト
    • ドレーズテスト
    • 発熱物質試験

    解説

  • 90

    動物入手時に確認すべき事項として正しいものは下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 過去にさかのぼった微生物汚染歴
    • 誤答選択肢 繁殖成績
    • 生産担当者
    • 生産施設の周辺環境

    解説

  • 91

    動物入手時に確認すべき事項として正しいものは下記のうちどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワクチン接種や治療の有無と内容
    • 誤答選択肢 輸送箱の材質
    • 健康増進法に基づく飼育者の喫煙歴
    • 輸送車のメーカー名

    解説

  • 92

    「絶滅のおそれのある野生動植物の種の国際取引に関する条約」の別名は何か。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ワシントン条約
    • 誤答選択肢 ワルシャワ条約
    • ヘルシンキ宣言
    • カルタへナ条約

    解説

  • 93

    演出型の説明として正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 遺伝子型に発育環境と近隣環境の影響が加わった形質である。
    • 誤答選択肢 ケージのタイプが影響する動物の行動特性をいう。
    • 分娩が正常か異常かで決まる形質をいう。
    • 動物の遺伝形質のことである。

    解説

  • 94

    ノトバイオートの説明として正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 明確に同定された特定の微生物だけが定着している動物。
    • 誤答選択肢 ラミナフローラックで飼育している動物。
    • 検査しなくても品質の保証された動物。
    • (財)実験動物中央研究所で作られた動物。

    解説

  • 95

    SPF動物の説明として正しいのはどれか。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 特定の病原体に汚染されていない動物。
    • 誤答選択肢 ウイルス感染のない動物。
    • 一般環境中の微生物が定着した動物。
    • 無菌動物の別名。

    解説

  • 96

    正しい組み合わせを選びなさい。

    補足(例文と訳など)

    答え

    • GLP:標準作業手順書
    • 誤答選択肢 ICLAS:国際実験動物学会議
    • WHO:世界実験動物福祉機構
    • SOP:医薬品の安全性試験の実施に関する基準

    解説

57007

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ