zuknow learn together

新しい教材を作成

【え?これダメなの?】実はよくない食べ合わせ19

カード 19枚 作成者: funfun (作成日: 2014/02/24)

  • メントスと炭酸飲料

解説面  クリックしてカードを裏返す

アプリをダウンロードして、このコンテンツを学習しよう! AppStore / Google Play

教材の説明:

それぞれで見ると、おいしいし栄養価も高いのに一緒に食べると・・。
そんな食べ合わせを20個まとめてみました。
知ってると便利。

公開範囲:

公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 1

    メントスと炭酸飲料

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ペットボトルに入ったダイエットコーラの中にメントス数粒を一度に投入した際に急激に炭酸が気化し、泡が一気に数mの高さまで吹き上がる現象をメントスガイザーと呼ぶ。この現象をヒトなど生物の体内で実験することは大変危険であり、胃が破裂する可能性があるという説がある。

    解説

  • 2

    豚肉と冷たい蕎麦

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ビタミンB1が豊富な豚肉は、体や脳の働きを活発にするが、体を冷やす作用もある。冷たい蕎麦との食べ合わせは胃を冷やし、栄養素や有効成分の吸収を妨げるので注意。

    解説

  • 3

    ラーメンとご飯

    補足(例文と訳など)

    答え

    • いずれも炭水化物で、炭水化物をエネルギーに変換するのに必要なビタミンB1が相対的に不足する。そのため炭水化物がそのまま脂質に変換されて脂肪細胞に蓄積されるので肥満の原因になる。

    解説

  • 4

    ほうれん草とゆで卵

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ゆで卵の硫黄分ほうれん草の鉄分の吸収を妨げる。目玉焼きやスクランブルドエッグは、心配はない。

    解説

  • 5

    焼き魚と漬物

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 焼き魚の焦げに含まれるジメチルアミンと漬け物の亜硝酸塩は化学変化を起こし、ニトロソアミンという発ガン性物質ができてしまう。また、魚の塩焼きと漬物は塩分の摂りすぎになることもある。ビタミンCを一緒に摂ることで、ニトロアミンの生成を抑えるので、魚を食べるときは、レモンの搾り汁などをかけるとよい。

    解説

  • 6

    天ぷらとスイカ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 油の多い天ぷらと、水分の多いスイカを一緒に食べると、胃液が薄まり、消化不良を起こすことがある。胃腸の弱い人、特に下痢気味の人は、避けたほうが無難。

    解説

  • 7

    スイカとビール

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 両方ともほとんど水分であるが、利尿作用もある。ビールの摂取が進みすぎ、急性アルコール中毒を引き起こす可能性がある。また、水分を摂っているつもりでも気づかないうちに脱水症状に陥っていて、水泳前や入浴前では水死の危険性もある。

    解説

  • 8

    キュウリとトマト

    補足(例文と訳など)

    答え

    • トマトに含まれるビタミンCはガンや脳卒中、心臓疾患などを阻止する働きがあるが、きゅうりに含まれるアスコルビナーゼという物質にビタミンCを壊す作用があるため、栄養分を相殺してしまう。

    解説

  • 9

    ダイコンとシラス

    補足(例文と訳など)

    答え

    • シラス干しには、体の成長に大きく関係するリジンが含まれています。しかしダイコンには、このリジンの吸収を阻害する物質が含まれている。リジンは体内で作ることができず、食べ物から摂取する必要があるアミノ酸で、免疫力アップや抗ストレス効果がある。その一方で、ダイコンにはシラス干しに含まれる、カリウムやカルシウムの吸収を活発にするビタミンCも含まれている。この矛盾点は、酢をかけることで改善できるので、ダイコンとシラス干しには、酢を少量かければ栄養的に問題なく食べられる。

    解説

  • 10

    カニと柿

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 傷みやすいカニと、消化の悪い柿の組み合わせ。蟹も柿も体を冷やすので、一緒に食べると身体を冷やす。冷え性の人は症状が重くなるので、要注意。また両者は、山のものと海のものの組み合わせでもある。昔は両方を一緒に食べようとすると、食材を調達するまでに時間が要して、どちらかが傷んでしまう場合があったため、食中毒の戒め。

    解説

  • 11

    タコとわらび

    補足(例文と訳など)

    答え

    • わらびの過剰摂取により、ワラビ中毒(蕨特有の主成分に依るもの)を引き起こす危険性がある。

    解説

  • 12

    ドリアンとアルコール飲料

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 東南アジアでは古くから言い伝えられている。ドリアンの酵素とエタノールとの反応から死に到る危険性もあるとされる。

    解説

  • 13

    ダイコンとニンジン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 人参にはアスコルビナーゼという酵素が含まれていて、 大根にはビタミンCが多く含まれている。実はアスコルビナーゼはビタミンCを破壊するので、化学的に食べ合わせが悪いとされている。ただし、アスコルビナーゼは熱と酸に弱い。なので、加熱するか酢やレモン汁などを混ぜると大丈夫。よく、人参と大根を合わせて「紅白なます」を作るが、沢山のお酢を混ぜるのでビタミンCの破壊を防げる。

    解説

  • 14

    レバーとみょうが

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 栄養豊富なレバーは代謝を活発にする働きがある。貧血、やせ気味の人は摂りたい食品。しかし、レバーと茗荷を食い合わせると、茗荷の苦味物質が胃腸の働きを抑えるため、栄養分の吸収を低減してしまう。

    解説

  • 15

    蕎麦と柿

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 体を冷やす蕎麦と柿を一緒に食べると体が冷え、内臓機能が低下し、腹痛になる可能性が高くなる。冷え性の人は症状が重くなるので注意喚起。

    解説

  • 16

    ほうれん草とベーコン

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ほうれん草には体内で亜硝酸に変わる硝酸が、ベーコンには食品添加物として亜硝酸ナトリウムが含まれている。この亜硝酸とタンパク質の分解物が反応すると、発ガン性物質が生成される。

    解説

  • 17

    ウナギと梅干し

    補足(例文と訳など)

    答え

    • 鰻の脂っこさと梅干しの強い酸味が刺激し合い、消化不良を起こすとされた。ただし実際には、酸味が脂の消化を助けるため、味覚の面も含めて相性の良い食材である。『養生訓』には「銀杏に鰻」と記されており、これが転じたとするほか、高級食材である鰻の食べすぎ防止など諸説がある。

    解説

  • 18

    ワカメとネギ

    補足(例文と訳など)

    答え

    • ねぎに含まれるリンという成分が、わかめのカルシウムの吸収を阻害する。リンとカルシウム、この2つのバランスを正常に保つのがビタミンDなので、ビタミンDを含むきくらげやしらす干し、いくらなどを一緒にとるとよい。

    解説

  • 19

    チーズと枝豆

    補足(例文と訳など)

    答え

    • おつまみの定番だが、枝豆に含まれるフィチン酸がチーズに含まれるカルシウムの吸収を妨げてしまう。カルシウムは脳の働きにも密接に関係しているので、不足すると物忘れやアルツハイマー病や認知症などの脳障害の原因にもなる。

    解説

56908

セットの学習コンテンツ

公開初月で
60,000
ダウン
ロード!

無料アプリはこちら!

英単語をウェブサイト
からzuknowに簡単登録

覚えたい単語を選択するだけ!
簡単にzuknowに登録することが
できます

Get the free Chrome Extension

トップ